維新・石原代表「原子力政策否定なら党辞める」

今日、東京・大阪間でテレビ会議をしたようですが、石原代表は出席したんですかね…

石原代表が「原発維持」にこだわる理由は、私なりに想像し理解しています…

冷戦終結から20年を過ぎ、日米安保体制に以前ほどメリットを感じていないアメリカ…
また、年々、軍備費を増大し続け、近隣国を威嚇し続ける中国…
(経済が行き詰らない限り続くでしょうし、日本は、それに対抗し続けるのは不可能でしょう…)

将来、日本に選択肢を残しておきたい…
そして、それが一番効果的なのは分かるんですが…

でも、アメリカは、それを絶対許さないでしょうね…
(何かハッキリしない物言いですみません)

(引用)
維新・石原代表「原子力政策否定なら党辞める」
 日本維新の会の浅田均(大阪府議会議長)、結いの党の柿沢未途両政調会長は24日夜、東京都内で合流を視野に入れた政策協議を行い、憲法や安全保障、原発などで政策のすりあわせを行うことを確認した。

これに関連し、合流に反対する維新の会の石原共同代表は24日、国会内で記者団に「(維新の会が)原子力政策を(結いの党に合わせて)基本的に全て否定するなら、党を辞めないわけにはいかない」と述べた。(1/25 読売新聞)

「維新」「増税なし」で大阪でやったこと
・私立高校無償化
・幼児教育無償化
・大阪府大・市大授業料無償化(2020年度より)
・中学生塾代助成制度(月額1万円)
・中3まで医療費実質無料(高校生は1回500円)
・授業用タブレット導入とクーラー設置
・水道料金値下げ
 など
「維新の会」が、これまで行ってきた改革の数々

日本維新の会 – 未来共創ラボ produced by 日本維新の会 – DMM オンラインサロン
「未来共創ラボ」は、参加者が国会議員、首長、地方議員らと一緒になって日本の課題解決のための政策をつくり、実際に議員立法や国会質問を通して国会に政策提言をしていく日本初の新しい政治参加の仕組みです。

ブログランキング参加中、応援クリックが励みになりますm(_ _)m
にほんブログ村 政治ブログ 政治情報へにほんブログ村

記事をシェアして頂けると嬉しいです

ブログをフォローする

トップへ戻る