「民主」と「維新」 それぞれ「みんな」と定期協議で合意

(引用元・動画有)民主と維新 みんなと定期協議で合意(NHK NEWSWEB)

(引用)
民主と維新 みんなと定期協議で合意
野党内では、民主党と日本維新の会がそれぞれ、みんなの党と幹部による定期協議を行うことで合意し、今後の国会対応だけでなく、将来の野党再編もにらんで、両党の主導権争いが一層、活発になることも予想されます。

民主党は13日にみんなの党と幹事長や国会対策委員長が会談し、終盤国会への対応や地方選挙などでの連携強化に向けて、定期的に協議していくことで合意しました。民主党は14日も生活の党などと幹事長レベルで会談するなど、ほかの党とも個別に会談を重ねることにしています。

一方、日本維新の会も、合流を目指す結いの党に続き、13日にみんなの党との間で、去年の臨時国会以降、途絶えていた定期協議を本格的に再開することで合意しました。
こうした動きを巡って、民主党には、維新の会が結いの党と新党を結成すれば、存在感の低下は避けられないという警戒感が強まっていることが背景にあるという見方が出ています。
一方、維新の会には、結いの党との新党に、みんなの党が参加することも視野に関係を再構築したいというねらいもあるものとみられます。

野党内では、衆議院で民主党と維新の会の議席数がきっ抗していることもあり、今後の国会対応だけなく、将来の野党再編もにらんで、両党の主導権争いが一層、活発になることも予想されます。(5/14 NHK)

こんな報道も…

(引用)
民主・みんな、維新と結いの合流をけん制
 民主党は13日、みんなの党と幹事長・国会対策委員長会談を開いた。日本維新の会と結いの党による合流問題をめぐり、みんなの党は「『数合わせ』による野党第1党が認められるのか」とけん制。民主党も「内閣不信任決議案に反対した維新は野党とは呼べない」と同調した。

 維新と結いが合流すると、民主党は衆院で野党第1党の座を奪われる。発言力確保のためみんなの党と共闘したい考えだ。両党は幹部の定期会談で合意した。

 同日は、維新もみんなの党と幹事長・国対委員長会談を開催。幹部会合の隔週開催に加え、集団的自衛権の行使容認など安全保障分野での協調を確認した。維新には野党再編にみんなの党を巻き込む思惑がある。

 2つの会合は民主と維新が呼びかけた。安倍政権に接近したみんなの党の渡辺喜美氏の代表辞任を機に、国会運営や地方選挙などで連携を強める狙い。野党の主導権争いの側面もある。

 秋波を送られた形のみんなの党は、与党を含めた各党に目配りする「全方位戦略」をとる。民主党は14日に結いの党、生活の党とも個別に幹部会合を開く。野党各党が互いに連携を探り合う背景には、来春の統一地方選が近づくなかで、与党に対抗する戦略が描けない焦りもある。(5/13 日経)

どうなって行くんでしょうか…?
維新と結いがきっかけになって動きが出てきたのは間違いないですね

スポンサーリンク

日本維新の会」 「大阪維新の会
・幼児教育から大学(私学を含む)まで、口だけじゃない本気の「教育無償化
・将来、不安な年金を、公平で確実にもらえる「積立式の年金」に転換
・少子高齢化に対応し、地域の創意工夫でさらに持続発展できる社会をつくる
・何でも反対だけの無責任野党ではない「提案型責任政党」。しがらみだらけの自民党には出来ない改革を法案にして提出【身を切る改革、維新だからできる。100本法案

【他党が賛同せずとも、公約通り、身を切る改革を実施】
※維新の全国会議員は、歳費の20%を被災地に寄付しています(合計年間5616万円)
衆院選後は、他党が賛同しなくても、公約通り30%削減(寄付)必ずやります!
【しがらみは排除!】企業団体献金も一切受けていません
「維新」がこれまで行ってきた改革の数々

ブログランキング参加中、応援クリックが励みになりますm(_ _)m
にほんブログ村 政治ブログ 政治情報へにほんブログ村

記事を拡げて頂けると嬉しいです

フォローする

トップへ戻る