維新、結いに政策合意案提示 自主憲法制定など7項目

記事をシェアして頂けると嬉しいです

(引用)
維新、結いに政策合意案提示 自主憲法制定など7項目

 日本維新の会が合流に向けて結いの党に提示した政策合意案が12日、分かった。憲法や集団的自衛権、エネルギーなど7項目に絞り、重要政策で妥協点を探る。憲法分野では維新の橋下徹共同代表(大阪市長)が主張する「憲法改正による統治機構改革」と、石原慎太郎共同代表がとなえる「自主憲法制定」をともに明記している。

 両党は政策協議がまとまり次第「新党準備協議会(仮称)」を立ち上げ、8月までの新党結成をめざす段取りを描く。結いは13日に維新案の扱いを協議するが、自主憲法など保守色の強い政策には慎重で、調整が難航する可能性もある。

 維新側も集団的自衛権の行使では「21世紀の国際情勢に対応した自衛権行使の範囲の再定義」と記すにとどめ、結いに配慮した。エネルギー分野では「先進国をリードする脱原発依存体制の構築」をめざすと明記。「小さな行政機構の実現」なども盛り込んだ。

 両党は3月に61項目の共通政策で大筋合意している。ただ維新内から「合意項目を絞るべきだ」などの意見が上がり、同党が改めて政策合意案を示した格好だ。(5/12 日経)

改憲ではなく、いきなり「自主憲法制定」ですか…
少し先の最終目的にして、改憲で落し所を探る感じでしょうか?
脱原発も明記したので、そこは纏まり易そうですが、後々心配が…

 

「維新」「借金減らし増税なし」で大阪でやったこと
・私立高校無償化
・幼児教育無償化
・小中学校給食を無償に
・中学生塾代助成制度(月額1万円)
・0歳から高校生まで医療費1日500円(3日目から無料)
・大阪府大・市大授業料無償化
・授業用タブレット導入とクーラー設置
・水道料金値下げ
・特別養護老人ホームの整備促進・入居枠大幅拡大
 など
「維新の会」が、これまで行ってきた改革の数々

日本維新の会 – 未来共創ラボ produced by 日本維新の会 – DMM オンラインサロン
「未来共創ラボ」は、参加者が国会議員、首長、地方議員らと一緒になって日本の課題解決のための政策をつくり、実際に議員立法や国会質問を通して国会に政策提言をしていく日本初の新しい政治参加の仕組みです。

ブログランキング参加中、応援クリックが励みになりますm(_ _)m
にほんブログ村 政治ブログ 政治情報へにほんブログ村

記事をシェアして頂けると嬉しいです

ブログ・SNSをフォローする

トップへ戻る