アントニオ猪木が独白「誰も知らない訪朝の理由」

「拉致被害者の再調査で北朝鮮側と合意」とのニュースは驚きました。

この記事はタイミングを見て紹介しようと思っていました・・・
が、しかし・・・
分党で、恐らく猪木氏は石原新党に行くでしょう・・・(藤井氏の紹介で入党した経緯)

そして、再調査のニュース。
今しかないかな・・・と思いUPしました。

これまで、周囲の反対を押し切って訪朝してきた猪木氏・・・
私も、その理由を理解することは出来ませんでしたが、この記事を読んで、猪木氏を見る目が少し変化しました。
猪木氏の訪朝が、今回の件に影響があったかどうかはわかりませんが、興味のある方は読んでみて下さい!

アントニオ猪木が独白「誰も知らない訪朝の理由」プレジデントonline 2014/3/24)

(一部引用)
(中略)
北朝鮮に対してどのような印象を持っていますか。また、あなたは拉致議連の入会を拒みました。なぜですか。

【猪木】みなさん北朝鮮は怖い国というイメージを持っているようですが、私も初めて訪朝したときは、平和な日本とは感覚がまったく違うという印象でした。それは、キューバのカストロ議長やブラジルのフィゲレード大統領と親しくなる前に感じたことでもあります。ジョークを飛ばしたりしているうちに、段々と歓迎されるようになった。

ご指摘のとおり、拉致議連に誘われたのですが、議連役員の理解を得て私は入会を見合わせました。その点についてメディアから批判があることは知っています。しかし、拉致議連に入ると向こうの目には、「敵」というラインが引かれてしまう。まずは相手の懐に入る、そしてつくったパイプを大事にしたい。これからも私は両国のスポーツ交流を推進していく・・・(引用ここまで)

同時掲載:元外交官・佐藤 優は、アントニオ猪木議員の訪朝をどう評価したかプレジデントonline 2014/3/24)

スポンサーリンク

日本維新の会」 「大阪維新の会
・幼児教育から大学(私学を含む)まで、口だけじゃない本気の「教育無償化
・将来、不安な年金を、公平で確実にもらえる「積立式の年金」に転換
・少子高齢化に対応し、地域の創意工夫でさらに持続発展できる社会をつくる
・何でも反対だけの無責任野党ではない「提案型責任政党」。しがらみだらけの自民党には出来ない改革を法案にして提出【身を切る改革、維新だからできる。100本法案

【他党が賛同せずとも、公約通り、身を切る改革を実施】
※維新の全国会議員は、歳費の20%を被災地に寄付しています(合計年間5616万円)
衆院選後は、他党が賛同しなくても、公約通り30%削減(寄付)必ずやります!
【しがらみは排除!】企業団体献金も一切受けていません
「維新」がこれまで行ってきた改革の数々

ブログランキング参加中、応援クリックが励みになりますm(_ _)m
にほんブログ村 政治ブログ 政治情報へにほんブログ村

記事を拡げて頂けると嬉しいです

フォローする

トップへ戻る