参院選 維新とみんな、つばぜり合い 愛知・三重、候補者調整進まず

記事をシェアして頂けると嬉しいです

橋下さんに批判的な毎日の記事なんで、大げさに書いてる可能性もありますが…
チョット心配です…

(引用)
選挙:参院選 維新とみんな、つばぜり合い 愛知・三重、候補者調整進まず

 7月の参院選が近づく中、日本維新の会とみんなの党の候補者調整が進んでいない。昨年12月の衆院選で両党候補が約30選挙区で競合した反省から、維新の松井一郎幹事長(大阪府知事)とみんなの江田憲司幹事長が1月に会談した際、改選数1?3の選挙区では「互いに勝手に公認発表しない」との合意を交わした。だが、参院選後をにらんだ主導権争いも絡み、各地で候補者擁立のつばぜり合いが始まっている。

 愛知選挙区(改選数3)では、維新が16日に始めた公募に、衆院選で落選した新人2人が応じる決意をした。

 「国政で維新の政策を実現したい。維新は参院不要論だが、参院議員になって内側から『廃止』の旗を掲げる」。衆院愛知5区で落選した維新の小山憲一氏は参院選出馬に強い意欲を示す。

 衆院選で維新は愛知の15小選挙区のうち5小選挙区で候補者を立て、1人が比例復活で当選した。県内の比例票で自民(約88万票)と民主(約62万票)に次ぐ約59万票を獲得し、党関係者は「参院選で候補者を出さないわけにいかない」と強調する。衆院選で落選した4区の山本洋一氏も公募に応じる意向で、9区の中野正康氏と15区の近藤剛氏も検討中という。

 これに対し、みんなは前回の10年参院選で約52万票を獲得しながら落選した薬師寺道代氏の擁立を目指している。衆院選での県内の比例票は約32万票だったが、薬師寺氏は11年の知事選にも立候補しており、党関係者は「知名度が高く、維新の新人より確実に票が取れる。維新の動向とは関係なく、擁立したい」と強気の姿勢を崩さない。

 隣の三重選挙区は改選数1の1人区だが、ここでも維新、みんなの双方が候補者擁立を狙う。三重では民主党の現職が議席の死守を目指しており、ここでいずれかが候補を擁立すれば、野党候補が競合することになる。それでもみんなの県支部が「候補者を党本部に示している」と前向きな姿勢を示し、維新側も、衆院三重2区で落選した珍道直人氏が「熟慮して判断したい」と語る。(2/21 毎日新聞)

関連記事:維新、夏の参院選候補を公募 28日締め切り

 

「維新」「借金減らし増税なし」で大阪でやったこと
・私立高校無償化
・幼児教育無償化
・小中学校給食を無償に
・中学生塾代助成制度(月額1万円)
・0歳から高校生まで医療費1日500円(3日目から無料)
・大阪府大・市大授業料無償化
・授業用タブレット導入とクーラー設置
・水道料金値下げ
・特別養護老人ホームの整備促進・入居枠大幅拡大
 など
「維新の会」が、これまで行ってきた改革の数々

日本維新の会 – 未来共創ラボ produced by 日本維新の会 – DMM オンラインサロン
「未来共創ラボ」は、参加者が国会議員、首長、地方議員らと一緒になって日本の課題解決のための政策をつくり、実際に議員立法や国会質問を通して国会に政策提言をしていく日本初の新しい政治参加の仕組みです。

ブログランキング参加中、応援クリックが励みになりますm(_ _)m
にほんブログ村 政治ブログ 政治情報へにほんブログ村

記事をシェアして頂けると嬉しいです

ブログ・SNSをフォローする

トップへ戻る