維新、夏の参院選候補を公募 28日締め切り

記事をシェアして頂けると嬉しいです

(引用)
維新、夏の参院選候補を公募 28日締め切り

 日本維新の会は16日、夏の参院選の候補者公募を始めた。28日に締め切り、3月30日に大阪市内で開く初めての党大会で1次公認を発表予定。選挙協力で合意しているみんなの党と候補者調整を図り、全国的に候補者の擁立をめざす。

 応募要領は党ホームページに掲載された。「自民党安倍政権に対する評価と課題」と題する論文の提出も求めている。

 候補者はまず、都市部を中心に固める方針。改選数が増えて4人区となった大阪選挙区は2人を擁立する構えで、公募に加えて著名人や維新幹部も含めて候補者選びを進める。ただ、都市部ではみんなの立候補予定者と競合し、調整が難航する可能性もある。

 民主党との連携について、松井一郎幹事長(大阪府知事)は16日、大阪市内で記者団に「政策も価値観も合わず無理」と否定した。これに対し、民主党の細野豪志幹事長は大阪市内で記者団に「維新とは立ち位置が違い、民主党の根幹部分を捨ててまで協力することは考えていない」と指摘。一方で「どういう協力ができるかは知恵の絞り方がある」とも語った。 (2/16 朝日新聞)

どんな方々が応募されるのか?
先の衆院選で苦杯をなめた維新塾の方々の、再チャレンジはあるのか?

今度は選挙まで、ある程度時間があります。
あの様な事態に陥らない事を切に願います…

 

「維新」「借金減らし増税なし」で大阪でやったこと
・私立高校無償化
・幼児教育無償化
・小中学校給食を無償に
・中学生塾代助成制度(月額1万円)
・0歳から高校生まで医療費1日500円(3日目から無料)
・大阪府大・市大授業料無償化
・授業用タブレット導入とクーラー設置
・水道料金値下げ
・特別養護老人ホームの整備促進・入居枠大幅拡大
 など
「維新の会」が、これまで行ってきた改革の数々

日本維新の会 – 未来共創ラボ produced by 日本維新の会 – DMM オンラインサロン
「未来共創ラボ」は、参加者が国会議員、首長、地方議員らと一緒になって日本の課題解決のための政策をつくり、実際に議員立法や国会質問を通して国会に政策提言をしていく日本初の新しい政治参加の仕組みです。

ブログランキング参加中、応援クリックが励みになりますm(_ _)m
にほんブログ村 政治ブログ 政治情報へにほんブログ村

記事をシェアして頂けると嬉しいです

ブログ・SNSをフォローする

トップへ戻る