4/22橋下市長ツイッター「VOICEも相変わらず酷いな。市町村合併の住民投票と今回の住民投票を比べていた。この時期に、勘弁してくれよ。」

橋下市長 twilogより引用)
質問内容によっては、質問の解説。その通りですね。適宜そうします。ありがとうございました。 RT @ichigungun: 最近の質問者の内容に変化◆橋下氏が言う中級者か◆参加者に理解していない方も◆毎回生本番で難しいかもしれないが質問内容を解説してから答えるといのは

MBSのVOICEも相変わらず酷いな。まあやっとコメンテーターが、僕が都構想を掲げて選挙で当選し、それを大阪市の方針まで高めたこと認識したコメントを出した。そして僕はこの都構想の提案者である。番組内では市町村合併の住民投票と今回の住民投票を比べていた。この時期に、勘弁してくれよ。

市町村合併には本来住民投票は不要。議会の議決だけで市町村合併を決められる。しかし多くの市町村は住民投票を任意でやる。その趣旨は、住民の意向調査、アンケート。その後、市町村合併が進めるか、議会がどう判断するかの、判断材料。アンケートである以上、中立にやらなければならない。

市町村合併の住民投票の結果は、市町村長や議会を拘束しない。住民に決めてもらうための住民と票ではない。世論調査のようなもの。世論調査ならできる限り中立にするのは当たり前。その結果を市町村長や議会がどう受け止めるかは政治的判断。

住民投票の結果いかんにかかわらず、市町村長は住民代表の議会を説得する。決めてもらうためには説得しなければならない。これも提案者として当たり前のこと。メディアは、意向調査の住民投票と、決定するための住民投票を混同している。まあ前例がないから仕方がないが。

今回の大阪都構想の住民投票は、決定するためのもの。府議会市議会で既に承認をもらっているが、さらに住民に承認をもらうためのもの。通常の世論調査的な任意の住民投票とは全く異なる。今回の住民投票は、第二の議会みたいなものだ。だから提案者として説得が必要なのは当然。

議会に対しては提案者として説得する。当然提案理由をしっかりと説明する。今回の大阪都構想の住民投票は議会の承認とともに、住民の承認も求めるもの。だから提案者として住民に提案理由をしっかりと説明するのは当たり前。通常のアンケート的な意向調査としての住民投票とは全く異なるのだ。

また、VOICEは相変わらず恣意的な編集をやっていたな。維新のタウンミーティングでしゃべっていたワンフレーズを引用して、住民説明会が維新のタウンミーティングと同じだ!と報道。まず提案者が僕であり、住民に提案理由を説明する立場である以上、しゃべる内容はほぼ同じになるのは当然だろ。
(続く…)

(続き)
ただ僕には公選法などの制約があるからそれらに触れないように、住民説明会の説明は行っている。維新のタウンミーティング1時間と住民説明会1時間、トータルで見れば話の内容は異なる。しかし提案理由の説明である以上、フレーズが重なるのは当然。どこをどう変えているかを伝えるのがメディアの使命

僕は都構想の提案者。都構想を掲げて選挙を通じて市長になり、市議会府議会でも多数を得た。そして住民の理解を求める立場。維新のタウンミーティングでも住民説明会でもしゃべる趣旨は同じ。ただ市長の場合には公選法などの制約がある。ここが維新のタウンミーティングとの違い。

RT @madamadaya: @t_ishin 賛否材料のひとつですね。しかも反対派は今までの大阪で大丈夫と言う、詳細な説明を一度もした事がない。住民の理解が深まるにつれ、反対派は今後、住民にどんどん説明要求されはじめる。 twitter.com/t_ishin/status…

RT @nowsican: @t_ishin 大正区の住民の方の不満で逆に過去から現在までがダメだった、だから何とかしなくては…となってよかったです。「市民に負担を強いる」や「地下鉄通せ」を「箕面市は自分達で何とかした」、自分達が政治を動かしてほしいと、素晴らしい流れでした!

RT @taiyou55555: @t_ishin 県をつまり、都を二分割したのが、今の大阪府と大阪市と考えればいいのです。 だから、それを、元に戻しましょうと、考えた方が、 理解しやすいです。

なるほどです。 RT @ichigungun:◆昼間の参加者の質問は・・◆地下鉄の問題は橋下氏の説明通り過去の政治家の甘言に見事に騙されたんだろう◆50年騙されてまだ分からないというのも◆この回答時に例の箱もの失敗の1兆円以上の無駄金があったらどうというのも付け加えてほしかった
(引用終わり)

関連
安倍首相も認めた「都構想による住民自治の拡充」。橋下市長が地下鉄延伸を例に分かりやすく説明。
橋下市長ツイッター「どうやって二重行政の解消や住民自治の拡充を図るのか、都構想反対派も自らの案を提案すべき。」

日本に活力を取り戻し、将来の不安を解消する改革分配
「維新の会」が、これまで行ってきた改革の数々

ブログランキング参加中、応援クリックが励みになりますm(_ _)m
にほんブログ村 政治ブログ 政治情報へにほんブログ村

記事をシェアして頂けると嬉しいです

ブログをフォローする

コメント

  1. 匿名 より:

    最近、ABCと比べMBSの都構想批判(にもなってないか)が発狂レベルなのは、市の予算でMBS社屋改築に補助金出ていたのが明るみになってきたからだね。特に奥田の質問は木原や南が真っ青になるくらいトンデモレベルの支離滅裂質問連発だからね。

トップへ戻る