維新「教育委員会制度廃止の法案提出」 (これまでに提出した法案も)

(引用)
維新 教育委員会制度廃止の法案提出
日本維新の会は、教育制度を抜本的に見直すため、教育委員会制度を廃止したうえで、自治体の長が教育事務を一元的に管理するなどとした法案をまとめ、衆議院に提出しました。

日本維新の会は、今の教育委員会制度は機能しておらず、制度を抜本的に見直す必要があるとして、教育委員会制度を廃止する法案をまとめ、5日、衆議院に提出しました。

法案では、都道府県や市町村の教育委員会を廃止し、代わりに自治体の長が教育施策の実施計画である教育振興基本計画を策定するなど、教育事務を一元的に管理するとしています。
また、教育行政の現場の責任者として、今の教育長に代わって特別職の「教育部局長」を置くほか、教育振興基本計画の進捗(しんちょく)状況について、少なくとも年に1回、議会に報告することを義務づけています。
維新の会は、来月行われる見通しの参議院選挙の公約にも、教育委員会制度の廃止を盛り込む方針で、中田国会議員団政策調査会長代理は、記者会見で「自治体の長の責任を明確化し、議会もチェックする仕組みになっている。学力の低下やいじめなど、教育現場の課題の解決に向けて、ぜひ与党と議論していきたい」と述べました。

教育委員会制度を巡っては、政府の教育再生実行会議が、地方自治体の教育長を教育行政の責任者と位置づけるなどとした提言を安倍総理大臣に提出し、現在、中教審=中央教育審議会で、具体的な制度の在り方について検討が進められています。(NHK 6/5)

ここまで維新が提出した法案を報じた記事

維新、兼職禁止解除法案を提出(日経 5/29)

維新、国民投票法改正案・衆院議員定数を3割削減する選挙制度改革関連法案を提出(日経 5/16)

スポンサーリンク

日本維新の会」 「大阪維新の会
・幼児教育から大学(私学を含む)まで、口だけじゃない本気の「教育無償化
・将来、不安な年金を、公平で確実にもらえる「積立式の年金」に転換
・少子高齢化に対応し、地域の創意工夫でさらに持続発展できる社会をつくる
・何でも反対だけの無責任野党ではない「提案型責任政党」。しがらみだらけの自民党には出来ない改革を法案にして提出【身を切る改革、維新だからできる。100本法案

【他党が賛同せずとも、公約通り、身を切る改革を実施】
※維新の全国会議員は、歳費の20%を被災地に寄付しています(合計年間5616万円)
衆院選後は、他党が賛同しなくても、公約通り30%削減(寄付)必ずやります!
【しがらみは排除!】企業団体献金も一切受けていません
「維新」がこれまで行ってきた改革の数々

ブログランキング参加中、応援クリックが励みになりますm(_ _)m
にほんブログ村 政治ブログ 政治情報へにほんブログ村

記事を拡げて頂けると嬉しいです

フォローする

トップへ戻る