【続報】石原代表が橋下市長に「終わったね…この人」

とうとう、恐れていた事が起きてしまったようです…
って言うか、やっぱり「そこ」が許せなかったのね…って感じです

選挙も近いんで、一端、関係修復を目指すと思いますが…
参院選後は、来るべきものが来る気がします…

関連記事
橋下氏発言「大迷惑」 参院選次第で進退も 石原共同代表が批判

(引用)
慎太郎氏が橋下市長に「終わったね…この人」
 日本維新の会の石原慎太郎共同代表(80)は18日、スポーツ報知の取材に応え、共同代表の橋下徹大阪市長(43)について「終わったね…、この人」と“三行半”を突きつけた。昨年11月の太陽の党の維新合流以来、蜜月関係だったはずの2人。参院選を前に絶縁危機に陥っていることを明かした。

 さらに「徹底的に違うことはあいつが『あの戦争は侵略戦争だ』と言っていること」と明言。「俺は『侵略じゃない。マッカーサーも防衛の戦争だって言ってるじゃないか。君、そういうのどう思う』って聞いたら、それでも『侵略です』と。もう埋まらない。根本が違う。こんだけズレちゃうと困っちゃうよね」と苦笑い。将来的に価値観を共有できる可能性について「ないね」と言い切った。

 石原氏は、昨年12月の衆院選以来、常に「橋下氏を首相にしたい」と言い続けてきた。だが、この日は「そういう歴史観持ってる人間だと(首相は)ダメだね」と、自らの言葉までも撤回した。

 問題の根本となった橋下氏の慰安婦発言については「(発言直後の5月に)名古屋でお説教したんだ。するとね、おれが3分話すと、10分ぐらい答弁するんだよ(笑い)。やっぱり弁護士だね」とあきらめの表情。「発言に理屈は通ってるんだけどさ、言っていいこといけないことあるじゃない。『どの国も軍隊は慰安婦やってた、なんで日本だけとがめられるんだ』というのは、それはそれで彼の意見だけど、それを言えば…ねぇ」と苦笑いするしかなかった。

 今までは橋下氏を擁護してきた石原氏だが、7月の参院選への影響は避けられない情勢となった。
(スポーツ報知 6/19)

追記しました
今朝(19日)、橋下さんがそれについて、笑顔で記者団に語りました。
橋下氏、石原氏の批判“問題ない”との考え (MBSニュース 動画付)

東国原議員も、この件に関してつぶやきました。(続く…)

(引用)
本日、各メディアで報道されている石原氏の発言。事実なのか。事実であれば、というかこういう内紛めいたことがこの時期公になる事自体問題である。選挙に多大なる影響を与える。選挙で戦っている現場の人間は、候補者・支援者・スタッフ・国会議員・地方議員その他関係各位、皆必死で戦っている。

ただでさえ逆風下で党が、今こそ一致結束し一丸となって戦わなければならない時に、党内(トップ)が分裂・混乱しているような印象を国民・有権者に与えるのは如何なものか。現場の士気や結束力は下がる一方である。有権者や支持者の方々にどう説明すればいいのか。

党から、今のところ、見解や今後の方針等の説明や指示は無い。現場を這いつくばっている戦友達は居た堪れない思いだろう。
(6/19 東国原議員ツイッターより)

全く、その通りだと思います!

スポンサーリンク

日本維新の会」 「大阪維新の会
・幼児教育から大学(私学を含む)まで、口だけじゃない本気の「教育無償化
・将来、不安な年金を、公平で確実にもらえる「積立式の年金」に転換
・少子高齢化に対応し、地域の創意工夫でさらに持続発展できる社会をつくる
・何でも反対だけの無責任野党ではない「提案型責任政党」。しがらみだらけの自民党には出来ない改革を法案にして提出【身を切る改革、維新だからできる。100本法案

【他党が賛同せずとも、公約通り、身を切る改革を実施】
※維新の全国会議員は、歳費の20%を被災地に寄付しています(合計年間5616万円)
衆院選後は、他党が賛同しなくても、公約通り30%削減(寄付)必ずやります!
【しがらみは排除!】企業団体献金も一切受けていません
「維新」がこれまで行ってきた改革の数々

ブログランキング参加中、応援クリックが励みになりますm(_ _)m
にほんブログ村 政治ブログ 政治情報へにほんブログ村

記事を拡げて頂けると嬉しいです

フォローする

コメント

  1. 匿名 より:

    SECRET: 0
    PASS: 74be16979710d4c4e7c6647856088456
    これって、橋下さんにとって凄く良いことですよね

    今の橋下さんは、ある意味で極右政治家として見られてしまっていますが、
    歴史観をめぐって石原さんと対立することで、自らが極右ではないことを証明できます。

    激しく対立すればするほど、「侵略だった」として敗戦の責任を引き受ける橋下さんの立場が鮮明になる構図です。

    もし仮に維新が分裂する事態に陥ったとしても、多くの有権者、ならびに世界は「歴史修正主義的な考えを持つ旧太陽の党」を拒否した橋下維新を支持するでしょう。

    世界からすれば、どのような理由であれ「侵略戦争ではない」とする石原さんの主張は受け入れられないでしょうから。

    石原さんには申し訳ありませんが、ある意味で一連の慰安婦問題に対する禊にもなります・・・。

    つまり、どちらに転んでも橋下さんに分があると思いますね

  2. 根保孝栄・石塚邦男 より:

    SECRET: 0
    PASS: 6da9dfc00d78ee45a099f7911fac8c2e
    石原慎太郎さんも選挙が下手ですね。自分ひとりの人気ならどう発言してもいいが、都議選が目の前のこの時期、トップ二人の違和感を表に出すのはいかがなものか、東国原議員の憂慮分かります。

    もともと橋下・石原の二人は基本的に太平洋戦争の認識が百八十度違う。それを承知で互いに一緒になったのだが、党勢の先細りが見えた段階で、石原氏の不満が募った感じ。

    東京で維新の評判が落ちてるのは、石原・平沼の右翼路線を嫌ったためで、橋下人気が落ちたわけではなく、自民党人気が高くなっているから、必然的に維新の支持が減っているだけのことだ。

    ここは正念場の我慢であるはずなのに、トップ同士の不和が噂されるのは決してプラスではなく、維新の区議候補や戦っている選挙事務所の下の者に影響を及ぼす。

    いずれは来る仲違いが早く来そうな雲行きだが、これも仕方ないことだろう。
    橋下代表はわが道を行くことだ。
    橋下代表の突破力が今、日本には必要であることに変りはない。石原代表は東京の劣勢を橋下代表のせいにするのではなく、旧い体質の旧自民党のロートル議員が存在するせいだと気付かねばならないだろう。

  3. ichi より:

    SECRET: 0
    PASS: 74be16979710d4c4e7c6647856088456
    私は衆議院選挙前に、太陽の党が維新に合流するのは絶対に反対であったため、橋下さんのツイッターと大阪維新の会に対し「マイナスはあってもプラスは絶対にないので、合流するのであればみんなの党です」と強く要望致しました。案の定、衆議院選挙においては、みんなの党と票を食い合ってしまい、結果、自民の一人勝ちに貢献してしまいました。当時、橋下さんは「太陽との価値観は大方一致している」とコメントされておりましたが、今回の石原氏のコメントにもあるように「侵略か否か」の部分において、価値観の違いを如実に露呈してしまいました。細かい部分ならまだしも、維新八策にも掲げている憲法改正部分に「侵略か否か」の問いは少なからずとも関わってくる価値観のセンターピンであると思います。「議論を重ねても一致しないときは多数決で」との維新ルールは継続されているのでしょうか?私の中で橋下さんは「坂本竜馬の再来だ!」と思っておりますので現在の状況が残念でなりません。率直に申し上げて、石原氏には橋下さんの足をこれ以上、引っ張らないでもらいたいのです。前回、「なぜ慰安婦が、性奴隷と表現されてしまったのか?」の管理人さま考察にもコメントさせてもらいましたが、慰安婦問題に関しての提起は十分になされており、国家の意思として拉致と人身売買があったか否かは、ゴールがない以上、いくら説明し続けても決着しません。橋下さんには是非「私の真意はお伝えしましたので、あとは歴史家の方々に議論をバトンタッチ致しますから、事実認定ができるように検証のほどお願い致します」とのコメントを早急に出して頂き、他の重要案件に注力を注いで頂きたいと心より願っております。

  4. 根保孝栄・石塚邦男 より:

    SECRET: 0
    PASS: 6da9dfc00d78ee45a099f7911fac8c2e
    ま、橋下徹と石原慎太郎の間は、中年になったアラン・ドロンと老年のチャールズ・ブロンソンの共演みたいなもので、年代の違う魅力ある二人の友情みたいなもの。愚痴を言い合いながら互いに認める関係です。そのように理解してますので、さして心配はしてませんが、「維新」は橋下代表のアラン・ドロンの魅力で成り立っている党ですから、それを認めた上での石原代表のチャールズ・ブロンソンの老いの愚痴というもので、私もそう心配してませんが、義経の橋下を支える弁慶の石原の関係、今後も期待してます。太平洋戦争の解釈の違いは、参議院選挙後に議論していただくことにして、今は目の前の戦いに集中していただきたいです。

    自民党のアベノミクスの怪しい雲行き、高市政調会長の被災地に無神経な発言など、自民党も失策が露呈してるので、ここは踏ん張りどころです。目の前の戦いに集中願います。

  5. 橋下さん、がんばれ! より:

    SECRET: 0
    PASS: 8e9f58f17980d05684d11ab45e4ddc62
    このまま、維新が分裂したら、反日マスコミの思う壺ではないでしょうか。
    維新は、憲法改正で一致団結し参院選を戦ってほしいです。
    私は、旧太陽の党が合流して喜んだほうですから。
    維新にない国政での経験を持つ太陽の党と、太陽にはない行政経験を持つ維新と、お互いないものを補完しあう関係でよかったと思っています。
    正直、ここへきて石原さんが橋下さんを批判されたのは、本当に残念です。
    石原さんには、どこまでも橋下さん支持を貫いて欲しかったんですが。
    ご自身では元気をアピールされてましたが、やはり入院以降石原さんの判断力にかげりが出ているように思います。

トップへ戻る