日本維新の会 参院選公約 発表

オフィシャルのpdfファイルはこちらから
日本維新の会 参院選公約

日本維新の会 参院選 公約発表 記者会見 動画

(引用)
日本維新の会 公約要旨

 日本維新の会の参院選公約の要旨は次の通り。
 【経済・財政】
 企業の国際競争力を高めるために法人税減税を行う。農業分野への株式会社の参入を促し、農協の抜本改革を行う。カジノを解禁。環太平洋連携協定(TPP)は攻めの交渉で国益を勝ち取る。
 【社会保障】
 医療費自己負担割合の一律化を図る。公的年金制度を積み立て方式に移行。混合診療を解禁。保育分野への株式会社新規参入規制の緩和。
 【国家のシステム】
 民主主義の原点に基づき、まず憲法96条改正に取り組む。国と地方の統治機構を改革し、道州制を導入。国民が直接リーダーを選ぶ首相公選制を実現。衆参両院の合併による一院制を確立。消費税を地方税化する。
 【エネルギー】
 既設の原発は2030年代までにフェードアウトさせる。
 【外交・安全保障】
 南西諸島における海上保安庁の警備力と自衛隊の海上防衛力を強化する。慰安婦問題等について歴史的事実を明らかにし、日本国及び日本国民の尊厳と名誉を守る。(時事ドットコム 6/27)

スポンサーリンク

日本維新の会」 「大阪維新の会
・幼児教育から大学(私学を含む)まで、口だけじゃない本気の「教育無償化
・将来、不安な年金を、公平で確実にもらえる「積立式の年金」に転換
・少子高齢化に対応し、地域の創意工夫でさらに持続発展できる社会をつくる
・何でも反対だけの無責任野党ではない「提案型責任政党」。しがらみだらけの自民党には出来ない改革を法案にして提出【身を切る改革、維新だからできる。100本法案

【他党が賛同せずとも、公約通り、身を切る改革を実施】
※維新の全国会議員は、歳費の20%を被災地に寄付しています(合計年間5616万円)
衆院選後は、他党が賛同しなくても、公約通り30%削減(寄付)必ずやります!
【しがらみは排除!】企業団体献金も一切受けていません
「維新」がこれまで行ってきた改革の数々

ブログランキング参加中、応援クリックが励みになりますm(_ _)m
にほんブログ村 政治ブログ 政治情報へにほんブログ村

記事を拡げて頂けると嬉しいです

フォローする

トップへ戻る