天王寺区長が辞意表明 「普通の市長のもとでしがみつきたくない」

同調辞職?天王寺区長が辞意表明 「普通の市長のもとでしがみつきたくない」(産経新聞)

(以下引用)
 大阪市天王寺区の公募区長、水谷翔太区長が18日、自らのフェイスブックで、辞職の意向を表明した。大阪都構想をめぐる住民投票で反対多数となり、橋下徹市長が任期いっぱいでの政界引退を表明したことを理由としている。

 水谷区長は、住民投票で反対多数の情勢となった後、フェイスブック上に書き込んだ。「橋下市長の掲げる市政改革に共鳴して、私は区長公募に応じました」「チャレンジをしない、容認しない全国によくいる『普通の市長』のもとで、ただ役職としての区長にしがみつくことはしたくありません」などと心情を記し、「仕事ができない、結果も出せないなら、区長としての存在意義はありません。私も区長の職を辞することとしたい」と意思を示した。辞職の時期については「当面は職務に没頭したい」とし、明確にはせず「追ってお伝させてください」としている。

 水谷区長は、大学卒業後、NHKに入局、記者を務めたのち、橋下市長の肝入り政策だった公募区長に応募。平成24年8月、区長に就任した。(引用終わり)

『普通の市長』のもとで・・・

まだ、次期市長に維新系の市長が選ばれる可能性はありますから、そうなれば考え直してくれるんでしょう・・・

大阪市民じゃないのに、偉そうに言わせてもらいますm(__)m

橋下さんが作ったもの、遺したものを、逆回転させないためにも、
今度は、市民自らが立ちあがって戦わなければならないのだと思います。

さもなくば、早々、大阪市に見切りを付けるか・・・

自らの未来を考え決める上でも、住民投票は大きな意味があったと思います。

諦めたらそこで試合終了です。まだまだできることはあります。(大阪維新の会・飯田 哲史・城東区)

スポンサーリンク

日本維新の会」 「大阪維新の会
・幼児教育から大学(私学を含む)まで、口だけじゃない本気の「教育無償化
・将来、不安な年金を、公平で確実にもらえる「積立式の年金」に転換
・少子高齢化に対応し、地域の創意工夫でさらに持続発展できる社会をつくる
・何でも反対だけの無責任野党ではない「提案型責任政党」。しがらみだらけの自民党には出来ない改革を法案にして提出【身を切る改革、維新だからできる。100本法案

【他党が賛同せずとも、公約通り、身を切る改革を実施】
※維新の全国会議員は、歳費の20%を被災地に寄付しています(合計年間約5000万円)
衆院選後は、他党が賛同しなくても、公約通り30%削減(寄付)必ずやります!
【しがらみは排除!】企業団体献金も一切受けていません
「維新」がこれまで行ってきた改革の数々

ブログランキング参加中、応援クリックが励みになりますm(_ _)m
にほんブログ村 政治ブログ 政治情報へにほんブログ村

記事を拡げて頂けると嬉しいです

フォローする

コメント

  1. ラトゥール より:

    反対派の意見に「住所が変わるから」ってありませんでした?

    その人たちは11の特別区案をどう思ってるんでしょう。
    もっとよく考えて議論する時間があれば変わっていたのかも
    しれませんね。

  2. 匿名 より:

    反対派は別に議論なんていらないんですよ。いくらやってもわからないと言うのです。自分たちの身分を守るためごちゃごちゃ言ってるだ
    けです。未来のことはどうでもいいんです.今がよければ。

  3. 椿 より:

    [太字][色:FF0000]天王寺区長[/色]は本当にとても素敵な区長さんで、
    橋下市長の肝入りで、区長になられただけあって、

    とても「[色:FF0000]やり手[/色]」でいつも区民の事を考えて下さっている【[色:FF0000]立派な方[/色]】です。

    [下線]いつも自転車で区を廻り、
    区民の生活に心を配り[/下線]、

    特に子育て世代のお母さん達の陳情に
    大変熱心に耳を傾け、
    [下線]病気の幼児達を預かれる保育所[/下線]を作ろうと
    一生懸命、橋下市長と一緒に考えて下さっていたのです。

    天王寺区も[色:0000FF]大変な損失[/色]です…。

    【[色:FF0000]大阪都構想の延期[/色]】になって、
    大阪には、橋下市長にバッサバッサと切り捨てられた

    【[色:0000FF]悪魔ども[/色]】が息を吹き返し、
    【[色:0000FF]大阪を蝕む[/色]】かと思うといたたまれません!!![/太字]

  4. 大阪 より:

    どこの会社や世界でも、糞みたいな人間だけがいつまでも残り、優秀な人間や政策は淘汰されていく。本当に残念な話だ。

トップへ戻る