「拉致問題啓発チラシを市内全域に配布、タバコ規制、都構想区名など」吉村大阪市長 定例会見 2018.4.26

(アップ遅くなりました)

「内容」
(公務関連)
・麻しん(はしか)への注意について
・大都市制度(総合区設置及び特別区設置)の経済効果に関する調査検討業務委託の選定結果について
拉致問題啓発のためのチラシを市内全域に配布します

・大阪市立小学校・中学校に音声応答装置を導入します
・介護予防に効果がある「百歳体操」DVDを吉本興業株式会社と共同で作製しました
・質疑応答

(政務関連)
・質疑応答

(2:22拉致問題啓発のシーンから再生します。スマホの場合、初めからになる場合があります)


<<下に続く>>


たばこ規制、国より厳しく 大阪市が独自案検討 : ニュース : 読売新聞(YOMIURI ONLINE)

誘致を目指す2025年国際博覧会(万博)を見据え受動喫煙対策を強化しようと、大阪市の吉村洋文市長は26日の定例記者会見で、政府が国会に提出した健康増進法改正案よ…


タバコ規制厳格化

吉村市長の言わんとしている事も十分理解できるが、都市部では「屋外」での喫煙も規制されている為、喫煙できる場所が極端に少なくなってしまう・・・
(海外では、屋内は厳しく規制しているが、屋外は規制無しと聞いている)

この条例を施行するなら、その対応も同時に考える事は必須かと

例えば、屋外喫煙が規制されている都市部でも、屋内で喫煙できない店舗の周りなら喫煙できるようにするとか・・・
(危険性の問題から、もちろん歩いて吸ってはダメ。静止している状態のみ可。吸い殻ポイ捨ての対策も店舗が行う)

ややこしい事になりそうですが、吉村市長なら、心配は無用かな(^_^;)


「大阪都構想」わかりにくいと指摘の「東西区」は「淀川区」に変更へ

万博誘致の協力求めアフリカへ出発…大阪市長 : ニュース : 読売新聞(YOMIURI ONLINE)

コメント

  1. 仲井 より:

    大阪住民投票時も、
    むろん選挙のおりにも、

    どこから湧いて出てきてるのかわからんぐらいものすごい数の選挙運動に走り回り散らしポスターを配っているあの欲で固まった違法移民のあれら連中は、こういう北朝鮮が起こした残酷な拉致事件についての救済への政府への応援を、
    支援を、
    大阪でこれをやろうと行政が進めているこの拉致救済への啓蒙のチラシを、こいつらなぜ配ってやれないのか!
    己の金の入る企て、補助金の入ってくる、税金だまし取りの手段での選ぶ議員への貢献はそのためなら違法であろうが卑劣であろうがこいつら必死で動くが、こと人を助けるだとか、国のためだとか、人のためにだとかを、そもそも全く細胞にも持っていないようだ。
    まあこいつらの細胞は中身の遺伝子を調査したら、人間にない遺伝子を、獣と同じ遺伝子を、その数950万個ほど、約1000万個近く体内に持っていると学者が世界の化学発表で出して公にしている。

    獣の耳を見ると面白い。
    獣には、耳たぶというものがそもそも見当たらずない。
    人間の耳には耳たぶがある。

    どこかの学者が発言してるのを何かテレビのナショジオだったかで見たが、
    人間と獣で、機能的にほぼ同じで、使い勝手効果もほぼ同じで、ただ、なのに形状が明らかに異なるという部分は、身体の部分差異での体系の形状で見てるだけで一番はっきりと区分けできる違いの部分っていったいどこの形状かといえば、それは”耳たぶ”だという説を出していた。

    爪だとか足の肉球だとかは人間と獣はその機能の大きさだとか使い勝手も使う手法も明らかに意味の違う使い方をする、しかも形状が全く違う。

    だが耳の耳たぶというのは、別に獣にすればあってもなくても別に必要もない。
    人間にしても別にこれがないと困るというものでもない。
    そこでだ、
    使い勝手の意味のないところほど、ここの形状が人間と獣において違うところに意味があると、その学者は言っていたが。一つの分析である。
    それこそ人間と獣の分岐部分になるのではないのかとその学者は言っている。

    私は思ってしまう。
    人間の中で、耳たぶがない形状のものというのは、人間には持たされていない獣の遺伝子、獣と同じ遺伝子を私にはわからんが学者は1000万個近く存在しこれはそもそも人間が持っていないはずの遺伝子だといっている。
    どのくらいかはわからんが、獣の遺伝子を地球上のごく一部の民族はそれを持っているのではないのかと私はそう思ってしまう。
    その遺伝子、つまり獣だけが持っているはずの遺伝子を地球上で持っているのは朝鮮民族に限られるとその学者は発表している。
    遺伝子内容をあらゆる民族で調査したら朝鮮民族にだけ共通して存在しているとの結果が出たと。
    良く出される民族的先祖が遠いといわれるアイヌにもアメリカンインデアンにも、そしてアボリジニにもアフリカ系アメリカ人にも、アジアの南東諸国の民族にも、そしてアマゾン奥地の民族にも、一切発見できなかったと。
    この人間にはないとされる特殊な獣と同じ遺伝子は、発見できたのは朝鮮民族の血からだけであったと。

    間違えては困るが、これはごく最近のまだ3年位前に科学的調査で明らかになってるだけである。
    いい人、悪い人との区別という意味ではない。
    ★地球上で存在する人間を含むあらゆる生命体の中での、そのわれわれ人類という部分での生命の神秘、細胞、遺伝子における人間が持つ生きているその根底に入る根源部分の生命体の起点での話。

  2. 仲井 より:

    拉致救済に当たっては、ここにも以前書いたが、
    そもそも拉致事件というのは北朝鮮人工作員がそれを目的で日本に一時的にあらゆる違法手続きで入国してきてやったものだとされているが、つまり違法パスポートなどでのそこは全く違うと。
    あれを日本国内で実際に実行したのは、日本に存在していた在日朝鮮人の戸籍を持つ者の手で主に行われたものではなくて、そうではなくて、戦中なのか戦後なのかどこかの時点で日本にはもうすでに入って来ていて、その後終戦後に日本の国籍をまんまと不法にだまし取って、その後は何の疑いも持たれずに日本国内では地域で日本人として日本の国籍を持つ日本人として生活をしていたものの手によるものだと、日本国籍をだまし持つ違法移民の朝鮮民族の手によって行われたと思えると、警察関係にはもう数十年前からそれを全国の、特に北陸海岸日本海海岸地域、東京警視庁大阪府警、ほか全国の県警本部には伝え続けてきたし、当事者の拉致被害者救済委員会の本部にも伝えてきた。

    つまり明らかに朝鮮人、明らかに北朝鮮からきた工作員らが主導で行ったのではなくて、日本の中で地域の住民から普通に地域で自治会にも町会でも普通にいてる者の中でめぼしい女性めぼしい男性をピックアップして情報収集をやり(これこそ昔の朝鮮で行われていた中国への献上品としての女性を中国へ売る手法と同じ手法=慰安婦もこれと同じ手法)日本の中から北朝鮮へ船で連れていくそこのところまでの段取りはほぼそいつらの手で行われた可能性のほうが大きいと。

    だから現場で直接拉致した犯人の本人は、
    実はもうすでにその時には日本の国籍をだまし取って持っていて、その日本国籍を持つ普通の日本人だと地域では思われていた北朝鮮とつながる手先で動いた朝鮮民族であると。

    これだから当時の新潟県警も、福井県警も、日本人が日本人を拉致して北朝鮮になど連れていくはずがないと警察は判断してしまい犯人のターゲットをその折に偽造パスポートで日本に密入国してきたものが犯人だと、まさか日本で日本国籍をだまし取ってる北朝鮮民族がそこら中、町会の中にもいてるなど思いもせずに捜査をその一瞬の日本への短期間のみの密入国者だけに絞ってしまい集中させてしまい、だから捜査もほぼ中途半端で偽造パスポートでばかり犯人を追うというとんでもない間違えた捜査をやっていたのだ。

  3. 仲井 より:

    私は思うが、
    日本のマスコミメディアは、行方不明事件が多発しだして発生したころ、北朝鮮へ日本国内から男性、女性が突然に不自然にいなくなりだしたころ、当然北朝鮮民族も所属していたはずの新聞社テレビ局は知っていたにもかかわらず知らぬふりをしていたのではと思っている。
    日本のメディアもマスコミも実は拉致されて運ばれていることを薄々知っていたのではと思っている。

    朝鮮半島での良知裕会頭はどこででも普通に起きる事案であり朝鮮民族の血をひくものであればそこは勘づいていたのではと私は思っている。
    手口も手法もやり方もほぼ知っていたのではと思える。
    それは、
    こういう事件が出始めた時マスコミメディアはこぞって偽造パスポートを持つ男という題材をいっぱい全国紙で流し続けた。
    つまり犯行を行ったのは日本国内に居てる者の手によるものではなくて拉致行為だけで短期間だけ日本に潜入し目星をつけてはそこらへんで拉致し船で北朝鮮へ運んだようだという日本の公安の捜査を、捜査の目をそっちだけに目をむかせ、そんなものの手によるものではないのにそっちに向けさせて結局犯人をごじゃごじゃにしてわからなくして誤作動を起こさせ捜査を攪乱させ犯人を見失わせるように持って行ったのではと。

    現在の韓国でよくやる手で、本犯人(ほんぼし)から捜査の目をずらすために、それらしきものを泳がせてそこに目を向けさせて結果捜査をわからなくさせ迷宮入りさせる手口だ。
    松本清張の「砂の器」での、主人公の和賀英良が仕組んだ自分の出身地の島根県亀嵩を、捜査の目からずらすために、あの東北の田舎町のあの亀田に怪しそうな若者をうろつかせ勘違いさせ捜査を攪乱させるために用意した亀田と同じ手法。

    日本国内での直接的犯行は、実は偽造パスポートでの密入国してきた工作員らの手によって行われたではなくて、そこらへんで普通に日本の国籍をだまし取って日本人として地域で普通に暮らす実は朝鮮民族らの人物の手によって、本国の指令でのそれに従って日本の現場で計画され実行されたと思うほうが的確でより具体性がある。

    当時新聞はひたすら偽造パスポート偽造パスポートともう捜査の目をそっちにばかり持っていきこれによって日本の警察はまんまと騙され、そのごも長い期間いっこうにその犯人とされる偽造パスポートの人物らを捕えることもなにもできずに年数だけが経過してしまい、結果誰一人肝心な実行犯の犯人にたどり着いていない。

    当時の警察上層部がこの日本国籍をだまし取っている朝鮮民族がそこら十にいてるということを捜査員らの中で共有しておけばもっと早く日本国内にいてるその実行犯を日本人国籍を持つ朝鮮民族として逮捕もできたかも。
    少なくとも操作が具体的に目印をつけやすかったかも。

    在日の戸籍のものにしか捜査員は目がいかずに、ほかに日本人の国籍に化けた北朝鮮民族が日本中そこら中にいててもそこには気づきもせずに、まさに新聞テレビの朝鮮民族にまんまと捜査員が目くらまし状態にされ攪乱させられ今に至ったといえる。

トップへ戻る