橋下市長「文楽の特権意識の表れだ」 改めて協会の非公開面会方針に反発

(引用)

橋下市長「文楽の特権意識の表れだ」 改めて協会の非公開面会方針に反発

 橋下徹大阪市長が、文楽協会への補助金の全額カットを示唆している問題で、同協会と文楽の技芸員は10日、大阪市内で協議し、橋下市長に改めて非公開での面会を求める方針を決めた。11日にも大阪市側に伝える。

 これを受け、橋下市長は「公開か非公開かは市民を代表する僕が決める。文楽の特権意識の表れだ。私学助成費のカットのときは高校生だって堂々と公開の場で意見を言っていた。非公開なら補助金は出せない」と述べ、技芸員が公開での面会に応じなければ、補助金を全額カットすることを強調した。

 この日の文楽協会と技芸員の話し合いでは、公開という市側の条件について「技芸員は個人事業主であり、誰かが文楽を代表して意見をいうことはできない。公開だと、一人の意見が文楽全体の意見だと誤解されるおそれがある」などとして、再度、非公開での面会を求めることを決めたという。

 文楽協会と技芸員は今月4日、非公開で橋下市長と面会して文楽の実情などを訴える方針を決めたが、橋下市長は「非公開での面会には応じられない」と同協会に伝えていた。(産経ニュース 7/10)

ちょっと文楽協会の姿勢は理解出来ないですね
訳の分からない言い訳をして、執拗に非公開を要望するって事は、何か公に出来ない(したくない)事があるんでしょうね・・・

さもなけば、協会の責任者が協会の意見を代表して、堂々と公開の場で市長と会えばいいと思うんですけどね。
補助金は協会に出しているんですから・・・

(訂正)
橋下さんは、現在、協会に出している補助金を、協会を通さず直接技芸員に渡す制度を考えている様です。
その制度改革についてオープンな場で、協会・技芸員を交えて議論したいと求めています。
と言う事は・・・やはり、協会・技芸員の間に、何か公に出来ない(したくない)事があるんですかね・・・

「維新」「増税なし」で大阪でやったこと
・私立高校無償化
・幼児教育無償化
・小中学校給食を無償に
・中学生塾代助成制度(月額1万円)
・0歳から高校生まで医療費1日500円(3日目から無料)
・大阪府大・市大授業料無償化
・授業用タブレット導入とクーラー設置
・水道料金値下げ
 など
「維新の会」が、これまで行ってきた改革の数々

日本維新の会 – 未来共創ラボ produced by 日本維新の会 – DMM オンラインサロン
「未来共創ラボ」は、参加者が国会議員、首長、地方議員らと一緒になって日本の課題解決のための政策をつくり、実際に議員立法や国会質問を通して国会に政策提言をしていく日本初の新しい政治参加の仕組みです。

ブログランキング参加中、応援クリックが励みになりますm(_ _)m
にほんブログ村 政治ブログ 政治情報へにほんブログ村

記事をシェアして頂けると嬉しいです

ブログ・SNSをフォローする

コメント

  1. まとめwoネタ速neo より:

    まとめtyaiました【橋下市長「文楽の特権意識の表れだ」 改めて協会の非公開面会方針に反発】

    (引用)橋下市長「文楽の特権意識の表れだ」 改めて協会の非公開面会方針に反発 橋下徹大阪市長が、文楽協会への補助金の全額カットを示唆している問題で、同協会と文楽の技芸員…

トップへ戻る