【大阪市予算】松井市長「大阪の成長とこどもを守る充実予算」定例会見 2020.02.13

「内容」
(市政関連)
令和2年度当初予算(案)について
・質疑応答

(政務関連)
・質問無し

(6:45タイトルについてのシーンから再生します。スマホの場合、初めからになる場合があります)


<<下に続く>>


予算をざっと見て「おっ」と思ったのは

教育委員会事務局 教育委員会事務局 体制整備(4ブロック化
市域を4つのブロックに分け、ブロック統括者のもと、域内の学校への指導助言等を担当するラインを設置することで、学校運営へのきめ細やかな支援体制を構築

そして、以前から予定されていた
増加する児童虐待相談に対応するための、4か所目の児童相談所
(鶴見区今津南に設置予定。令和2年度 詳細検討、令和8年度 開設予定)

このあたりは、4特別区へスムーズに移行する事を意識した政策でしょうか・・・

全4歳児訪問し子育て相談 大阪市、来年度に重点投資 – 産経ニュース

(予算案フリップ一例)

(※画像クリックで会見資料にリンク)

(※画像クリックで会見資料にリンク)

「維新」「増税なし」で大阪でやったこと
・私立高校無償化
・幼児教育無償化
・大阪府大・市大授業料無償化(2020年度より)
・中学生塾代助成制度(月額1万円)
・中3まで医療費実質無料(高校生は1回500円)
・授業用タブレット導入とクーラー設置
・水道料金値下げ
 など
「維新の会」が、これまで行ってきた改革の数々

日本維新の会 – 未来共創ラボ produced by 日本維新の会 – DMM オンラインサロン
「未来共創ラボ」は、参加者が国会議員、首長、地方議員らと一緒になって日本の課題解決のための政策をつくり、実際に議員立法や国会質問を通して国会に政策提言をしていく日本初の新しい政治参加の仕組みです。

ブログランキング参加中、応援クリックが励みになりますm(_ _)m
にほんブログ村 政治ブログ 政治情報へにほんブログ村

記事をシェアして頂けると嬉しいです

ブログ・SNSをフォローする

トップへ戻る