(森友学園問題)「隣の公園は実質2千万で売却された。前に大阪音楽大学が7億で買おうとしたが不調に終わった」[日本維新]木下智彦・衆議院 予算委員会分科会 2017.2.23

記事をシェアして頂けると嬉しいです

豊中市在住、渦中の区域のそばに暮らしている
日本維新・木下智彦議員

地元ならではの情報をもとに質疑を行っています。

隣の公園(豊中市)は実質2千万で売却の話から
森友学園の前に土地を買おうとしていた大阪音楽大学についての質疑に入ります

(タイトルのシーンから再生します)


(※動画が削除されてしまう場合があります、ご視聴はお早めに…)

この件は、何故か報じられていませんね・・・

 

「維新」「増税なし」で大阪でやったこと
・私立高校無償化
・幼児教育無償化
・小中学校給食を無償に
・中学生塾代助成制度(月額1万円)
・0歳から高校生まで医療費1日500円(3日目から無料)
・大阪府大・市大授業料無償化
・授業用タブレット導入とクーラー設置
・水道料金値下げ
 など
「維新の会」が、これまで行ってきた改革の数々

日本維新の会 – 未来共創ラボ produced by 日本維新の会 – DMM オンラインサロン
「未来共創ラボ」は、参加者が国会議員、首長、地方議員らと一緒になって日本の課題解決のための政策をつくり、実際に議員立法や国会質問を通して国会に政策提言をしていく日本初の新しい政治参加の仕組みです。

ブログランキング参加中、応援クリックが励みになりますm(_ _)m
にほんブログ村 政治ブログ 政治情報へにほんブログ村

記事をシェアして頂けると嬉しいです

ブログ・SNSをフォローする

コメント

  1. 仲井 より:

    >どういう条件でもここを売ってしまいたい!

    この通り。
    その通り。

    この、例に出された土地地域一帯、この例の地域を含めたここら周辺の土地の終戦後当時から一体どういう土地の使われ方をされていたのか。
    どういう者らがそこに住んでいたのか。

    それはきちんとした者らが住んでいたのか。
    この地域一帯はいったいどういう意味のあった土地だったのか。

    ここも多分同じ状況があったのでは?
    この歴史がこういう今の時代の出来事の、事の原因に繋がる。

トップへ戻る