松井知事「(テロ等準備罪)民進・廃案対策本部とか国会議員としてあるまじき行為」登庁会見 2017.4.6

記事をシェアして頂けると嬉しいです

今日も前半は森友の質問・・・

民進「テロ等準備罪」新設法案廃案へ対策本部設置 | NHKニュース

(タイトルのシーンから再生します)


維新 テロ等準備罪新設法案審議入り協力も対案提出へ | NHKニュース

松井知事
「テロ等準備罪、”等”は広がりすぎて国民の権利を脅かすかもしれないと思っているので対案を出していきたい。”テロ防止法”とか」
「通信傍受に対して、取り調べをきちんと可視化しなければ冤罪が起きる可能性があり、国民の権利を守れない」

「(修正協議について)我々小さな政党だが、話し合いも無く蹴られるとなれば、余りにも強引ではないか。政府は丁寧に中身の議論はすべき」


今日(4/6)審議入りしたテロ等準備罪設置法案
(衆院 本会議 日本維新・松浪健太議員の質疑)


(※動画が削除されてしまう場合があります、ご視聴はお早めに…)

日本維新の会ツイッターより
組織的犯罪処罰規制法等改正案、いわゆるテロ等準備罪について、我が党は松浪健太衆議院議員が質疑をおこないました。

冒頭で、本法案は閣議決定前から既に予算委員会等で議論がなされてきたが、なぜ、今、この法案が必要なのか、明らかにすべき部分が多々あり、賛否については未定。今後の審議を経て慎重に判断すると述べました。

・本案は国際テロ組織の犯罪への対策として、どのような形で効果を発揮し、また従来から国内にある犯罪組織、たとえば暴力団や麻薬密売組織の犯罪から国民を守るためにも、有効な手段となるか。

・先般最高裁判所が令状なしのGPS捜査は違法とする判決を下した。警察はこれに対応し、通達によって令状なしのGPS捜査を中止。実効的なテロ対策のために、GPS捜査が必要な場合がないかどうか、海外の立法例も参考にしつつ、GPS捜査に関する新たな立法措置も必要ではないか、質問しました


松井一郎大阪府知事ロングインタビュー「籠池氏には一度も会ったことはない」 | プレジデントオンライン | PRESIDENT Online
(インタビューテーマ)
・「府市再編」の法定協議会を提案
・2025年万博開催を目指す理由
・権限と財源を移譲しないと地方分権ではない
・「政権を鍛える野党」という意味
・森友学園問題をどう考えればいいか
・改憲は3分の2を確保した政治家の役割
・籠池理事長とは一度もお会いしたことがありません

 

「維新」「増税なし」で大阪でやったこと
・私立高校無償化
・幼児教育無償化
・小中学校給食を無償に
・中学生塾代助成制度(月額1万円)
・0歳から高校生まで医療費1日500円(3日目から無料)
・大阪府大・市大授業料無償化
・授業用タブレット導入とクーラー設置
・水道料金値下げ
 など
「維新の会」が、これまで行ってきた改革の数々

日本維新の会 – 未来共創ラボ produced by 日本維新の会 – DMM オンラインサロン
「未来共創ラボ」は、参加者が国会議員、首長、地方議員らと一緒になって日本の課題解決のための政策をつくり、実際に議員立法や国会質問を通して国会に政策提言をしていく日本初の新しい政治参加の仕組みです。

ブログランキング参加中、応援クリックが励みになりますm(_ _)m
にほんブログ村 政治ブログ 政治情報へにほんブログ村

記事をシェアして頂けると嬉しいです

ブログ・SNSをフォローする

トップへ戻る