左翼記者の粘着質問にキレずに答えた松井知事「僕の対応、今村大臣に伝わればいいなと思います」定例会見 2017.4.5

「内容」
(公務関連)
・新年度にあたり
・春の全国交通安全運動と自転車条例施行後の状況
・第7回大阪マラソンランナー募集について
・感動大阪大賞授与について
・質疑応答
(政務関連)
・質疑応答

「出て行きなさい!」今村雅弘復興相が記者にキレる 夕方には「ちょっと感情的になってしまった」と陳謝 – 産経ニュース

この会見でも、
(維新の会見ではおなじみ)フリー横田一記者が、
質問と言うより議論を吹っ掛け、左翼メディアに自身をアピールする場に使いました。

(その粘着質問のシーンから再生します)


(※動画が削除されてしまう場合があります、ご視聴はお早めに…)

(タイトルの今村大臣に言及するシーンから再生します)
(続いて、徳村府議に対して松井知事の見解)


(※動画が削除されてしまう場合があります、ご視聴はお早めに…)

大阪維新の会、徳村府議の党員資格停止処分を決定 離団届けも受理 – 産経WEST

こう言われた後にも、懲りずにまた邪推質問する横田一記者(-“-;)
(その邪推質問のシーンから再生します)

松井知事、本当に頭が下がります。


この記者も、左翼メディアに自身をアピールする場に使おうとしたんでしょう。
そう分かっていれば、ここまで逆上する事は無かったんでしょうね・・・

もうテレビではすっかり無視されてる菅野完氏
しかし、今週の週刊朝日では、メイン記事ですもんね・・・


松井一郎大阪府知事ロングインタビュー「籠池氏には一度も会ったことはない」 | プレジデントオンライン | PRESIDENT Online
(インタビューテーマ)
・「府市再編」の法定協議会を提案
・2025年万博開催を目指す理由
・権限と財源を移譲しないと地方分権ではない
・「政権を鍛える野党」という意味
・森友学園問題をどう考えればいいか
・改憲は3分の2を確保した政治家の役割
・籠池理事長とは一度もお会いしたことがありません

スポンサーリンク

日本維新の会」 「大阪維新の会
・幼児教育から大学(私学を含む)まで、口だけじゃない本気の「教育無償化
・将来、不安な年金を、公平で確実にもらえる「積立式の年金」に転換
・少子高齢化に対応し、地域の創意工夫でさらに持続発展できる社会をつくる
・何でも反対だけの無責任野党ではない「提案型責任政党」。しがらみだらけの自民党には出来ない改革を法案にして提出【身を切る改革、維新だからできる。100本法案

【他党が賛同せずとも、公約通り、身を切る改革を実施】
※維新の全国会議員は、歳費の20%を被災地に寄付しています(合計年間約5000万円)
衆院選後は、他党が賛同しなくても、公約通り30%削減(寄付)必ずやります!
【しがらみは排除!】企業団体献金も一切受けていません
「維新」がこれまで行ってきた改革の数々

ブログランキング参加中、応援クリックが励みになりますm(_ _)m
にほんブログ村 政治ブログ 政治情報へにほんブログ村

記事を拡げて頂けると嬉しいです

フォローする

コメント

  1. 匿名 より:

    先日のちちんぷいぷい(笑)もそうでしたが、パヨクの連中に煽られても冷静に丁寧に正論論破している松井知事の対応は素晴らしいと思います。
    ちょっとでも激高したり語気が荒くなったら向こうの思う壺ですからね。

  2. kou より:

    ちょいと昔の横田氏の橋下さんへの絡み方見てみましたが、露骨に橋下さんを政治利用しようとしてますよね。それがかなわず維新憎しといったところなんですかね。
    しかし、久々に橋下さんの現役自体の囲みいくつか見ましたが面白く、かつ、ためになりますね。
    表題の松井さんのコメントは爆笑でした。

トップへ戻る