松井知事「(橋下氏住民投票先送り論)自分の任期内に有権者に判断を頂きたいと思っている」登庁会見 2018.1.25

記事をシェアして頂けると嬉しいです

橋下氏:都構想の住民投票「今は無理してやらない方がいい」現状では可決は難しいとの認識示す

やはり、冒頭からこの発言についての質問が集中しました


(※動画が削除されてしまう場合があります、ご視聴はお早めに…)
<<下に続く>>


(4:50)から
松井知事「橋下さんとプライベートでお酒飲んでる時には、そういう話はしている

ここに、すべて込められていると思いますね


党内の反応はこちらの記事にあります

維新幹部、橋下氏「先送り論」に同調も 都構想住民投票 (朝日新聞デジタル) - Yahoo!ニュース

 大阪維新の会が今秋の実施をめざす大阪都構想の住民投票をめぐり、前代表の橋下徹氏が「先送り論」を示したことについて、維新幹部からも同調する声があがった。都構想に反対する自民党などは、住民投票の実施自体に反対の姿勢だが、橋下氏の突然の発言に戸惑いも広がった。

 維新代表の松井一郎・大阪府知事は25日、記者団に「任期の中で公約を実現するのが政治家としての責務だ」と述べ、今秋の実施をめざす考えを改めて強調した。「今は二重行政が解消しているが、もし考え方の違う知事と市長ができればまた二重行政が蔓延(まんえん)する」と理解を求めた。

 維新政調会長の吉村洋文・大阪市長も25日、朝日新聞の取材に対し、住民投票の実施時期について「変わりない」と述べた。

 これに対し、維新大阪府議団の鈴木憲幹事長は25日、「大阪の未来にとって大事な判断を、一人でも多くの市民の皆さんに考えて行動してもらうためには、統一地方選と同時に住民投票を実施するのも一案だ」と述べた。維新内には今秋の住民投票で敗れれば党の存続にも関わりかねず、万博誘致などにも影響を与えかねないとの意見がある。

 一方、都構想に反対している自民党の大阪府議団幹部は「先延ばしではなく、(都構想を)断念するべきだ」と強調。その上で、「橋下氏がどんな理由で言っているのかわからない」とも述べ、維新の今後の動向に警戒感を示した。

 住民投票の実施で維新が協力を求めている公明党の大阪市議団幹部は「都構想はやらなくてもいい。二重行政の問題は現実的に改革が進んでいる」と語った。

 都構想をめぐっては、具体案を検討する大阪府と大阪市の法定協議会が昨年6月から始まっている。松井氏は今年9月か10月の住民投票をめざし、春から夏にかけて都構想案を固めた上で、府市両議会で住民投票実施の議決を得る考えだ。

     ◇

■橋下徹氏の発言要旨

 (今秋の住民投票は)無理してやらない方がいい。大阪都構想の必要性が(市民に)うまく伝わっていない。おおかたの市民は今で良いと思っている。

 都構想は必要だが、今は府政、市政(の連携)がうまく行きすぎている。

(敢えて赤字で強調しましたが)
橋下さんが一番言いたかったのは、この事だったんじゃないのかな(^^)

 

「維新」「借金減らし増税なし」で大阪でやったこと
・私立高校無償化
・幼児教育無償化
・小中学校給食を無償に
・中学生塾代助成制度(月額1万円)
・0歳から高校生まで医療費1日500円(3日目から無料)
・大阪府大・市大授業料無償化
・授業用タブレット導入とクーラー設置
・水道料金値下げ
・特別養護老人ホームの整備促進・入居枠大幅拡大
 など
「維新の会」が、これまで行ってきた改革の数々

日本維新の会 – 未来共創ラボ produced by 日本維新の会 – DMM オンラインサロン
「未来共創ラボ」は、参加者が国会議員、首長、地方議員らと一緒になって日本の課題解決のための政策をつくり、実際に議員立法や国会質問を通して国会に政策提言をしていく日本初の新しい政治参加の仕組みです。

ブログランキング参加中、応援クリックが励みになりますm(_ _)m
にほんブログ村 政治ブログ 政治情報へにほんブログ村

記事をシェアして頂けると嬉しいです

ブログ・SNSをフォローする

コメント

  1. 椿 より:

    松井知事、もしかしたら、この都構想住民投票で否決されたら、
    「任期いっぱいで辞める」つもりなんじゃないでしょうか?
    (もしそうなら、なんか無責任な気もします)

    それにまた都構想と言わずに、「特別区」と言い方を変えてるから、
    「政治・行政に興味ない市民」には、益々伝わりにくくなってますよね。

    都構想反対派はたとえ、どんなに素晴らしい発展の可能性があっても、
    彼らの利権やお金が絡んでいるから、死に物狂いで反対します。

    でも都構想賛成派は、都構想が未来の大阪の発展につながり、
    住民サービスの更なる改善や産業の発展に必要だからという事が分かっています。

    でも…、賛成派のように知識もなく、反対派のように利権にもあずかれない、
    ただ税金搾り取られてるだけの「無関心派」が、一番問題でしょう。

    この無関心派は、二重行政がなんだかんだと言われても、
    「え?府市統合されなくっても、黒字だし、上手いこと言ってるやん!」と、
    深く考えもせずに思っています。←(またそういう風に、反対派はアホの無関心派を騙します。)

    だから反対に、市長や知事に、利権バリバリの自民党や共産党になってもらえば、
    またぞろ、大阪はドブに沈んで、さぞかしエライ目にあって、
    その時初めて【チョット気が付く】んじゃないですかね。苦笑。

    東京も東京市があった頃は、府と市を統合するのに
    「猛烈な反対」があり、戦争中という事も幸いして、
    上からの命令で「否応なし」に、一気に統合してしまったという経緯もあるから、

    大阪府市統合も、それくらいの「否応なしの統合」が出来ればいいんですが、
    今のこの平和ボケの時代では、それこそ中共のような独裁政治でなければ無理ですね。

    しかしながら、住民投票は、大阪万博の権利を勝ち得てからでも良いでしょう?
    なんで、大阪万博の前にするわけ?大阪万博の前に否決でもされたら、
    凄いテンション、だだ下がりになるよね?

    任期前に任期前にというけど、任期満了の1か月くらい前にでも、
    住民投票しても良いんじゃないの?って言うか、

    あんまり色んなイベントが持ち上がっている時に、
    都構想の住民投票するのは、政治家として賢くないし、

    本当に府市民の事を考えてるとは思えない。

トップへ戻る