【大阪会議に早くも暗雲?】堺市・竹山市長「私どもは正式なメンバーでなくてもいい」

堺市議会でも、近々可決されるとされている大阪会議条例案ですが、竹山市長が消極的な発言をしているようです。

堺市長にも関わらず、住民投票では反対派の中心人物だった、竹山氏。
散々、大阪の未来に関与し、都構想という解決策に強く反対しておきながら、
それが無き後は・・・
「堺は堺だけでやっていくから、勝手にどうぞ」と言う姿勢なんでしょうか?

「大阪会議」可決、効力は未知数 ダブル選へ思惑交錯(朝日新聞)

(以下引用) 挿入図:大阪府・市の連携が問われる主な課題

 大阪府議会は11日、自民党が大阪都構想の対案として提唱していた「大阪戦略調整会議」(大阪会議)の設置条例案を可決した。府と政令指定市の大阪市、堺市が共通の課題を話し合う場だが、実効性は未知数だ。背景には11月に予定される知事・大阪市長のダブル選を控えた各党の、思惑の違いが浮かび上がる。

 11日の府議会委員会で、大阪維新の会の府議は「事務局はどこの誰」「1回目は誰が開くのか」と大阪会議への疑問点を次々と挙げたうえで、「どう二重行政を解決するか議論したい」と自民府議に詰め寄った。

 大阪会議の事務局を担う組織として、橋下徹大阪市長(維新代表)や松井一郎大阪府知事(維新幹事長)が提案していた「府市連携局」の設置議案が大阪市議会で否決され、事務局組織は未確定のまま。議論開始の日程も、自民側は7月に首長らが協議して決める案を示したが、維新は前倒しを求めて折り合わなかった。そうした不満を残しながらも、維新は可決を優先し、賛成に回った。

 自民党の青写真は、5月開会の府・市両議会で継続審議とし、9月開会の議会で可決するものだった。知事・大阪市長ダブル選に間に合えば「実績」づくりには十分と考えた。だが、松井氏が維新の府・市議団幹部に自民案の「丸のみ」を指示。シナリオが狂った。

 維新は融和路線を打ち出しつつ、都構想で強調した「二重行政解消」を再び議論のテーブルに乗せるのが狙いだった。大阪府市がそれぞれ持つ大学の統合や港湾の一体化、大阪市営地下鉄の民営化などの議論を求める考えだ。維新幹部は「まずは自民のお手並み拝見だ。でも大阪会議は動かないままダブル選に突入するだろう」と予測する。

 一方、自民党の花谷充愉(みつよし)府議団幹事長は記者団に「維新が言う二重行政の無駄があるのなら、何が無駄で、なぜ大阪をダメにしたのか説明を求めたい」と対決姿勢をにじませた。

 公明党はダブル選の構図が見通せず、旗幟(きし)を鮮明にするのを避けた。維新対自民の府・大阪市議会の議長選では白票を投じ、維新議長の誕生を事実上後押し。大阪会議も最後に賛成を決めた。市議団幹部は「まだ『ノーサイド』の入り口辺りだが、大阪のために(維自公の)3派が前に進むことを示せた」と語る。

 今回、大阪市議会ではIR(カジノを含む統合型リゾート)の調査費予算案が減額され、府議会で府側が関連予算案を取り下げるなど、足並みの乱れが表面化した。大阪市幹部は「都構想案づくりは府主導で進められたのが問題だった。府市それぞれの組織で連携をはかれば十分」、府幹部も「府市統合案件は大阪市にやる気がない。11月のダブル選まで動かないのでは」と冷ややかだ。

 大阪会議設置には3自治体での条例整備が必要で、大阪市議会は10日に可決。残る堺市議会には11日に条例案が提出され、「メリットはあるのか」など異論が続出した。都構想をめぐり維新と対立してきた竹山修身市長は本会議後、記者団に「今まで一番問われてきたのは府と大阪市の課題。私どもは正式なメンバーでなくてもいい」と語った。

     ◇

 〈大阪戦略調整会議〉 大阪府と大阪市、堺市の首長3人と議員各9人の30人で構成する会議。府と2市にまたがる成長戦略や交通網整備、産業振興策などを話し合う。全国20政令指定市と道府県の間の二重行政の解消のために、改正地方自治法で来年4月からの設置が義務づけられた「調整会議」がモデル。議員を必ずメンバーに入れ、多数決による意思決定の仕方を定めた点などが異なる。

一方、こんな報道も・・・
「大阪戦略調整会議」 堺市議会でも審議始まる(MBSニュース:動画有)
「大阪の発展のために、成長戦略や産業政策を議論する場として一定の意義がある」(堺市・竹山修身市長)

関連
(市議会では府市連携局は否決しておいて)自民・花谷府議「大阪会議の事務局は、知事が考えればいい」

スポンサーリンク

日本維新の会」 「大阪維新の会
・幼児教育から大学(私学を含む)まで、口だけじゃない本気の「教育無償化
・将来、不安な年金を、公平で確実にもらえる「積立式の年金」に転換
・少子高齢化に対応し、地域の創意工夫でさらに持続発展できる社会をつくる
・何でも反対だけの無責任野党ではない「提案型責任政党」。しがらみだらけの自民党には出来ない改革を法案にして提出【身を切る改革、維新だからできる。100本法案

【他党が賛同せずとも、公約通り、身を切る改革を実施】
※維新の全国会議員は、歳費の20%を被災地に寄付しています(合計年間5616万円)
衆院選後は、他党が賛同しなくても、公約通り30%削減(寄付)必ずやります!
【しがらみは排除!】企業団体献金も一切受けていません
「維新」がこれまで行ってきた改革の数々

ブログランキング参加中、応援クリックが励みになりますm(_ _)m
にほんブログ村 政治ブログ 政治情報へにほんブログ村

記事を拡げて頂けると嬉しいです

フォローする

コメント

  1. じい より:

    会議にはいって自らのダメっぷりが表になったらまずいからでしょうね。
    正式なメンバーじゃないとしておけば失敗しても
    「私達関係ありませんから~」と逃げられる
    大阪府と大阪市が揉めてるから決められないと責任をなすりつけられる。

  2. 大阪出身のナウシカ より:

    管理人様、いつも有難うございます。生まれた街の大阪へ北国から投稿をさせて頂きます。やっぱ…変わろうや大阪!皆で変えような大阪!~やり場の無い気持ちと共に心の声を叫びたくなります。以前は横浜市在住で東京へも通ってました。あらゆる形で東京一極集中に危機感を実感してました。今の中央集権の日本では首都圏って、それ自体が独占で手放さない既得権益とつくづく思う。大阪府が大阪市が堺がバラバラな状態にて~大阪の各自政治家や首長達は細かい事やどうでも良い話、今に至って危機感も無しでノンキに言い合ってる時間なんか、ほんまはもう無い。大阪の政治家と市民府民が皆~ひとつになってone大阪になる~そうして早く行かないと大阪自体や関西は勿論、全国の地方は分権主権が進まずで衰退をして行く一方、日本そのものも今のままでは絶対にあかんと思います。先月の住民投票ではどれ程に投票をしたくても、現地で投票権を持つ大阪市在住の友人に対して、賛成への投票を呼び掛けるしかなかった為に悲しくて辛かった。今から未来への大阪の始まりをどうして行くか…先月の絶望から不死鳥の如く羽ばたく時、大阪に必ず訪れるのを切実に願ってます。長文を失礼しました。大阪が変わろうや!と新たに動く時、私自身も微力ながらも共に動きたいと思います。

  3. 匿名 より:

    二重行政とか言う以前に、自分の市さえよければ大阪府も大阪市もどうなっても良いと考えているのが良く分かる態度ですね。

  4. ヒロ爺 より:

     一方、自民党の花谷充愉(みつよし)府議団幹事長は記者団に「維新が言う二重行政の無駄があるのなら、何が無駄で、なぜ大阪をダメにしたのか説明を求めたい」と対決姿勢をにじませた.

     この議員の立ち振る舞い、発言の思考はどうなってるのか、疑わざるを得ない。自民党府議団幹事長の要職からか、人間性なのか、思い上がりも甚だしい。二重行政の無駄は、承知の筈。とぼけるんじゃない。
    都構想議論で、橋下市長が指摘してるじゃないか。自分に都合の悪いことは、耳を傾けようとしない典型的タイプ。こんな議員は信用できない。

トップへ戻る