大阪市:調査チーム報告 市幹部の選挙への関わりを厳しく批判

記事をシェアして頂けると嬉しいです

市幹部の選挙への関わりと、採用試験に対する市議らの口利きと問題です。

「あの」アンケートをやっていれば、こんなものでは、なかったでしょうね・・・

採用試験の問題なんかは、今までも、いろんな自治体で問題になってきましたが、
なぜか、メディアも国民も寛容な気がします・・・

税金の無駄遣いを追求するのも大事ですが、
組織は人が命です。
組織が腐っていたら、いくら正しても、きりがないと思うのですが・・・

引用

大阪市:調査チーム報告 口利き「物証」も公表

 行政と政治の線引きはどこに--。2日公表された大阪市の第三者調査チームの最終報告書は、市幹部の選挙への関わりを厳しく批判した。「意識が足りなかった」「この程度で政治活動とはいえない」。批判の対象になった区長たちの間には、反省と戸惑いが入り交じる。一方、橋下徹市長は、正常化を図るチームを発足させる考えを示した。

 「市内では自民・民主・公明に51万票、維新に33万票。惑わされることなくやるべきことを確実に行っていくことが大事だ」。報告書は、当時の副市長が昨年4月に区長らへ「厳しい戦いになる」などと、選挙対策をうかがわせる発言をした様子を生々しく再現した。

 副市長の指示を受けた各区長が地域団体と連携し、職員OBや労組と一体となって現職の再選を目指す構図。市特別顧問の野村修也弁護士は「行政組織を私物化し、選挙目的に利用した」と副市長らを厳しく批判、「労使・官民が癒着した巧妙なメカニズム」と語気を強めた。

 こうした指摘に、ある現職区長は「上司の副市長に区の現状を報告するのは当たり前と思っていた」と戸惑いつつも、「意識が足りなかった。今後は政治と行政の区別を徹底したい」と話した。一方、別の区長は「選挙について副市長から具体的な指示を受けたことはない」と反論、「選挙情勢の報告ぐらいで一方的に政治活動と言われるのは心外だ」と憤った。
 
◇口利き「物証」公表

 また、技能職員の採用試験を巡っては、市議らの口利きをうかがわせる「物証」を公表。水道局が04年に作成したとみられるリストには、受験者名の横に「○○市議」「部長」などと依頼者を記載。「一次の結果連絡して」「何を勉強したらよいかも」などと依頼内容も書かれていた。

 歴代管理職約150人を対象にした調査チームのアンケートでは、38人が「口利きがあった」と回答。「『知り合いが受験するのでよろしく』と言われた」「(議員への謝礼は)50~100万円と聞いた」などの記述もあった。

 橋下市長は2日、「誰もできなかった実態解明ができた。市長と市役所や労組の根深い関係を切り離すルールが必要だ」と述べた。

(毎日jp 4/3)

 

「維新」「借金減らし増税なし」で大阪でやったこと
・私立高校無償化
・幼児教育無償化
・小中学校給食を無償に
・中学生塾代助成制度(月額1万円)※2023年度から小学5・6年生にも拡大
・0歳から高校生まで医療費1日500円(3日目から無料)
・府大市大を統合し公立最大規模・知の拠点「大阪公立大学」に、そして授業料も無償化
・小中学校に授業用タブレット導入とクーラー設置
・水道料金値下げ
・特別養護老人ホームの整備促進・入居枠大幅拡大
 など
「維新の会」が、これまで行ってきた改革の数々

【新・政策目安箱】日本維新の会にどんな政策を期待しますか? | PoliPoli

【維新政治塾】オンライン – DMM オンラインサロン
2012年の開校以来、経験ゼロの初心者から数多くの政治家を産み出してきた維新政治塾がこの度、オンラインにて開校! 政治の第一歩を踏み出したい方から、政策を勉強したい方まで、幅広く皆さまのご参加をお待ちしています。

ブログランキング参加中、応援クリックが励みになりますm(_ _)m
にほんブログ村 政治ブログ 政治情報へにほんブログ村

記事をシェアして頂けると嬉しいです

ブログ・SNSをフォローする

トップへ戻る