入れ墨回答拒否「昇進させない」 橋下氏「正直者がバカをみる」

記事をシェアして頂けると嬉しいです

引用

入れ墨回答拒否「昇進させない」 橋下氏「正直者がバカをみる」

 大阪市職員110人が入れ墨をしていると回答した全庁調査に絡み、橋下徹市長は22日、回答を拒否した職員について「民間企業でも上司の正当な命令を公然と無視して、昇進が認められるなんてあり得ない。当たり前の話だ」と述べ、自身の任期中は昇進させない考えを示した。

 調査は今月1~10日、市教委所管の教職員を除く約3万3500人を対象に実施。腕など人目に触れやすい部位の入れ墨については業務命令として回答を義務付けたが、513人が締め切りまでに回答しなかった。ただし、うち9割以上が病気休職や育児休業など長期休職中の職員で、調査の際にも締め切りを明示していなかった。

 人事室は、未回答者について改めて各部署に23日までの回答を要求。担当者は「明確な回答拒否者の人数はまだ集計できていない」としている。

 橋下市長は19日に市幹部に送ったメールで「正直に答えた者がバカを見る。答えていない職員は僕が市長に在任中は昇進は認めない。その組織が嫌ならやめればいいだけだ」などとして、回答拒否職員のリストアップを指示していた。(産経ニュース 5/22)

厳しすぎる・・・と言う意見も出そうですが・・・
これが、世間の常識、感覚だと思います。

組合が、また猛反発するでしょう。
しかし、すればするほど、いかに今まで甘かったのかが、露呈するだけだと思います

 

「維新」「借金減らし増税なし」で大阪でやったこと
・私立高校無償化
・幼児教育無償化
・小中学校給食を無償に
・中学生塾代助成制度(月額1万円)
・0歳から高校生まで医療費1日500円(3日目から無料)
・大阪府大・市大授業料無償化
・授業用タブレット導入とクーラー設置
・水道料金値下げ
・特別養護老人ホームの整備促進・入居枠大幅拡大
 など
「維新の会」が、これまで行ってきた改革の数々

日本維新の会 – 未来共創ラボ produced by 日本維新の会 – DMM オンラインサロン
「未来共創ラボ」は、参加者が国会議員、首長、地方議員らと一緒になって日本の課題解決のための政策をつくり、実際に議員立法や国会質問を通して国会に政策提言をしていく日本初の新しい政治参加の仕組みです。

ブログランキング参加中、応援クリックが励みになりますm(_ _)m
にほんブログ村 政治ブログ 政治情報へにほんブログ村

記事をシェアして頂けると嬉しいです

ブログ・SNSをフォローする

コメント

  1. まとめwoネタ速neo より:

    まとめtyaiました【入れ墨回答拒否「昇進させない」 橋下氏「正直者がバカをみる」】

    引用入れ墨回答拒否「昇進させない」 橋下氏「正直者がバカをみる」 大阪市職員110人が入れ墨をしていると回答した全庁調査に絡み、橋下徹市長は22日、回答を拒否した職員に…

トップへ戻る