(足立議員)松井知事「比例で当選した議員が、党の解党を言うのは如何なものか?」囲み会見 2018.10.17

「内容」
(公務関連)
・KYBの免震・制振装置の検査データ改竄問題で、該当する子会社製品が大阪府庁で使用されていることについて
KYB改竄で大阪府の松井一郎知事「補償求める」 – 産経ニュース

松井知事
震度6強や震度7で建物が崩壊する状況ではなく、揺れが収まるのに少し時間がかかると聞いている

(政務関連)
・足立康史議員とのツイッターでの激しいやり取りと消費増税について

松井代表
「比例で当選した議員が、党の解党を言うのは如何なものか?自分で言ってるけど無責任なコメンテーターの役割の橋下さんが言うのとは違う」

消費増税は、今やる必要は全く無い!2%分の財源は十分確保できる。まずは増税する側が約束を守っていない

(5:07タイトルのシーンから再生します。スマホの場合、初めからになる場合があります)


<<下に続く>>


改めて、松井代表と足立議員のツイッターでのやり取りを・・・

(松井代表足立議員のツイッターより引用)

消費増税、予定通り来年10月実施…首相表明へ(読売新聞) – Yahoo!ニュース

足立議員

絶対に反対。
増税する前に、やるべきことが山ほどあります。
松井代表
ここは徹底的に反対論陣をはるべき、但し、アホ馬鹿カスで国会空転はダメ、辻本犯罪者発言もダメ生コン疑惑は警察に任せて、増税の前にやるべき事を追及して下さい。
足立議員
国会を空転させているのは、私ではなく、立民と共産です。マスコミに騙されないで下さい。

野田中央公園の疑惑は追及を続けます。生コンの問題は、労働組合法と中小企業等協同組合法の問題でもあり、警察に任せるわけには行きません。

もちろん、増税の前にもやるべきことは徹底的に追及します。

松井代表
僕が言っているのは、足立さんの言葉の使い方で立民や共産に利用されないようにという事です。

国会の空転程税金の無駄遣いはありません。

足立議員
松井代表の仰ってるのは、自民党国対の事なかれ主義と同じことです。財務省理財局の文書改ざん事件が生まれた背景でもあります。

野党は何でもあり、自公維はひたすら我慢。おかしくないですか。

暴力、プラカード、ジャンピング、垂れ幕など何でもありの立民や共産に、なんの遠慮が必要でしょうか。

繰り返しになりますので、通常国会の会期末に衆院議運委理事会で読み上げた私の弁明を、再度ご紹介しておきます。
弁明(BLOGOS)

松井代表
国対政治は変えるべきと思っていますが、今の我々の勢力で変えれますか?野党第1党の了解がなければ国会運営出来ないのが、今のルールでしょ。ルールがおかしくてもルールがある限りその中で結果を出すしかありません。
足立議員
本日は13時から約1時間にわたり、片山虎之助国会議員団代表と会談をしました。まず残念だったのは、不当処分について約束の調査をした形跡がないこと。調査能力のないトップに党をまとめる資格はありません。私から改めて、自民党の悪いDNAを引きずる執行部の刷新、党改革の必要性を訴えました。

自民党は凄い政党、どんな難問でも激論した上で裏技も駆使し最後はまとめてくる。しかし野党に同じことは出来ないしやるべきでもありません。権力をもつ自民党には強い求心力が働きますが、野党を束ねるには公論に決する以外に道がありません。私が政治資金と党議決定過程の全面公開を求める所以です。

私が執行部の刷新を求めると、片山代表は人材がいないと嘯かれるばかり。しかし、党がしっかりすれば人材などいくらでも出てきます。代表選出規定を整備し、立候補者を募り、全国遊説を重ねることが、全てのスタートになります。八十を越えた代表が自分以外に人材がいないと言うのは、余りに滑稽です。

もちろん当時の橋下代表、松井代表らが片山代表に国会議員団を束ねるよう要請した等経緯があるのかもしれません。しかし、国政維新の国会議員22名には他の議員団とは異なる重い責任があります。全国を走り回り自民党とは異なる政党の理念を拡大していくことです。それが出来ないなら辞めるべきです。

今の国政維新執行部は、自民党のDNAの呪縛から逃れられないでいます。それが彼らの政治家としての強みそのものだから当然です。しかし、維新がここまで生き残ってきた強みが今は足かせになっています。新しい環境の中で競争に打ち勝つためには、イノベーションのジレンマを乗り越えねばなりません。

今の執行部は、自公との一連托生を決めてしまっているように見えます。しかし片山代表も認めて下さいましたが、党の路線には様々な道があります。自民党と連携するのか野党らしく自民党に本質的チャレンジを挑むのか路線を決するべきなのです。今の国政維新は何がしたいのか全く見えなくなっています。

これまで通り自民党と連携するのであれ、野党らしく自民党に本質的チャレンジを挑むのであれ、党が強くなければ意味がありません。いまの党勢なら解党した方がマシです。今こそ、政治資金と党議決定過程について、どの既存政党もなし得なかった全面公開を実現し、維新らしい維新を再興すべきなのです。

松井代表
国政において政府とは是々非々の野党というのが維新の立ち位置でしょ。足立さん貴方は評論家ですか?現職議員なら自分の考えを実現する為に賛同者を集める事です。それと、貴方は維新の会がある事で比例当選出来たのです。簡単に解党した方がマシと言うのは慎みなさい。
足立議員
賛同者、賛同者と仰いますが、税金で夜な夜な飯を奢りデマを振りまく、そういう古い手法でですか。私は事前に紙まで登録して両院懇で議論しようとしましたが、発言する前から時間がないと制止されました。表での議論を封印する、裏でデマを吹聴する、そんな組織は支持者が投票した維新ではありません。
松井代表
何がデマで何が真実かを僕にはわかりませんし、国会議員団で議論を封印されたかどうかも僕は存じません。しかし、古い手法であれ人間関係も含め多数で政治は動くのが現実です。党内論争は活発にやるべき、但し党内で決定した事には足並みを揃えて行動するのが政党の基本です。
足立議員
なお、簡単に解党した方がマシとは言っていません。半年間、我慢を続けて対応を促してきました。片山代表にボールを投げてからだけでも1ヶ月待ちました。しかし片山代表は、まあ穏便に、と仰るだけ。不当処分についても一切の調査を拒んだままです。国政維新の執行部は本質的な議論はしないままです。
松井代表
大阪維新の会結党から九年、日本維新の会結党から7年、僕の思いと違う事も多々ありましたが、僕はこの間、解党の「か」と言った事はありません。半年間我慢って言われても僕には響きません。
足立議員
国政維新執行部に蔓延りつつある古い政治。
“明日は片山虎之助代表と会談の予定です。先の両院懇で私が指摘した不当処分 について、片山代表が調査を下さったはずですので期待をしたいと存じます。 私が本件にこだわるのは、個人の名誉回復といった矮小なことではなく、党再興の最後のチャンスだと思っているからです。”
しかし馬場幹事長は、この半年間、私の問題提起にノーコメントを貫いています。両院懇でも然り、先の大阪維新の会全体会議でもそうでした。直接事務所に伺ってもノーコメント。目も合わせません。後ろめたいことがあるのでしょうね。
松井代表
足立さん、国会議員執行部がどうの、馬場幹事長がどうのと俯いた話しても仕方ありません。貴方の思いを理解する多数を形成して下さい。
足立議員

“【還元うまくやっていかないかん】消費増税でポイント還元含めた反動減対策について、麻生太郎財務大臣「田舎で魚屋で買い物した事があるか知らんけど大体クレジットカードなんかやってる人はいないからね。はい8%、10%還元なんて話がどれだけうまくいくか経産省で色々やっていかないかんと思う」 ”
こういう議論一つ取っても、消費増税する環境にないし、環境整備を怠ってきたのが今の政府。消費増税の凍結に向けて、政府与党に対し、あらゆる対抗手段を講じるべきだ。この一点では、野党6党派とも連携すべきであって、吐きそうになる(松井代表)相手とも連携することで国政維新の本気度が伝わる。
松井代表
足立さん、政治で結果を出す手段、よくご存知やんか!吐きそうな相手であっても目的が一致すれば連携すべしです。
足立議員
囲み取材での対応、お手数をおかけしました。新しい政治、維新らしい国政政党の再興に、一歩も退くことなく、挑戦を続けて参りたいと存じます。国会議員団の党内ガバナンスが崩壊しているとの認識に変わりはなく、あらゆる機会を通じた意見具申を続けていきますので、ご指導宜しくお願い申し上げます。



(出典:https://twitter.com/gogoichiro/status/1052487745438810112)

松井知事 「増税で景気が腰折れすると分かってるから対策をしている」 「まずは税金の使い方を改めて、有権者が納得した状況を作ってからの話」...

コメント

  1. さささ より:

    足立議員の処分については確かに納得できないですが、それ以外にも、奈良維新の川田議員や兵庫維新の光本議員の処分も不透明で納得出来ません。

    ※参考
    https://twitter.com/himawari5981

    こちらでも、記事として取り上げられないでしょうか?

トップへ戻る