(弁護士会、懲戒処分にせず)橋下氏「容疑事実もないのに逮捕したようなものだ。反省しろ!」10/9,11,12のツイート

(橋下徹氏twilogより引用)

(10/9)
憲法問答 | 徳間書店

朝日新聞出版 最新刊行物:新書:政権奪取論

同じ考え方の者が集まって、自分たちの主張は絶対に正しいよね、と確認し合う議論ほどつまらないものはない。僕と木村さんには考え方が真逆の所が多々ある。だからこそ、この2人の憲法議論には意味がある。これから始まる憲法改正論議の準備のために。


(10/11)
弁護士会が橋下徹氏の処分を検討 市長当時の発言をめぐり – ライブドアニュース

弁護士会に懲戒処分を検討されたけど、こちらの反論が通って、懲戒しないという結論になった。NHKは正月早々に「弁護士会が橋下の処分検討」と報じたんだから、その結末もきんと報じてくれよな。市長の行動は選挙民が判断するもので弁護士会が軽々に処分を下すものではない。

弁護士会はいったん処分を検討したことについて言い訳している。橋下がきちんと弁明しないから事実関係が分からなかった、と。何言ってんだ。懲戒請求手続きは職権調査手続きだ。弁護士会がきちんと事実を把握してから処分検討の段階に入るべき。今回の手続きでどれだけの労力がかかったか。反省しろ!

弁護士会 橋下氏に懲戒処分せず|NHK 関西のニュース

(10/12)
大阪弁護士会の綱紀委員会はレベルが低すぎる。非行事実の認定をきっちりと行わずに結論ありきで処分検討の結果を出した。非行事実と組織的責任の区別もつかず、地方自治法の条文だけを根拠に処分検討と判断した。結果は非行事実は全くなし。

僕が弁明するまでもなく、綱紀委員会が非行事実の認定を行う基本さえ守っていれば処分検討という結論になるはずがない。今回は容疑事実もないのに逮捕したようなものだ。弁護士会でくだらない研修を全弁護士に義務化する前に、綱紀委員会の研修をしっかりやれ!

<<下に続く>>

【10/10発売!橋下徹 特別寄稿】
安倍首相への忠言「最大の敵は自分自身の驕り」

【10/20発売!予約受付中】

憲法問答
橋下徹, 木村草太
徳間書店

【政治部門:ベストセラー2位】(10/12時点)

沖縄県知事選挙で「米軍普天間基地の辺野古移設反対」を掲げた玉城デニー氏が当選した。基地設置は国の事業であり県などの自治体に権限はな…

橋下さんの有料メルマガ
橋下徹の「問題解決の授業」公式メールマガジン|PRESIDENT Inc.

amazonでバックナンバーを販売するようになりました!

販売商品一覧
http://amzn.to/2ApBkaE

コメント

  1. 仲井 より:

    >懲戒請求手続きは職権調査手続きだ。弁護士会がきちんと事実を把握してから処分検討の段階に入るべき。

    まさにこの通り。

    私が個人で、大阪弁護士会の元副会長をやったことがある或弁護士に対しての、弁護士としていかにも刑法にかかるような言動を私に投げかけたことに対して、違法性を問われるものと思える内容での懲戒請求を求めての、私がその当該弁護士のことで大阪弁護士会について申し立ての審査請求をやったとき、大阪弁護士会に文句を申し立てたら、
    総て証拠をそろえてこないとやれないというのが初めにやつらから出た文言で、そこで証拠はとれるからということで申し立てをやったら、こんどは、弁護士というのは個人商店なので弁護士会としては個々の弁護士に向けてどうのこうのとはやれることはないんですと逃げ出した。
    何もできないんですと言ってきた。
    【ふざけるな】といって、今度は、じゃあとんでもない犯罪者のような弁護士がいてて、それを懲戒処分を受けさせるにはどうしたらできるんだ】といえば、
    今度は「自分でそれを直接本人に向けてやってください」の一点張り。

    この時に
    【橋下さんの時には大阪弁護士会はこれでもかこれでもかと前にのめるぐらいに嫌がらせに精を出し、これまで何度も何度もあれだけお前ら好き放題懲戒処分だ、大阪弁護士会が懲戒処分にするだとか、懲戒だとお前らやってるじゃあねえか、お前ら朝鮮人弁護士には都合が悪いものにはやって嫌がらせをやり、陥れようとやり続け、自分らが逆に追及されるものは、これは審査も審議にも受つけずに逃げるのか!載せられないし窓口で何の手続きもさせず参加させずに、われわれ老人だと思って舐めてむげに断るのか!調査も審査も内容も何にも検討も何もせずに、申し立て案件についての審査精査の真偽の要求を聞かずに、ただ窓口で断るのか!何がお前ら法曹人だよ!ここはもう日本の弁護士組織ではなくて、悪辣な朝鮮民族が作った朝鮮人クラブじゃあないか!】って、
    大阪弁護士会事務局には伝えて、そこから今がある。

    こちらが弁護士を雇っていない間のkれらの奴らの郷弱無人な恐喝行為の暴言で暴力的もん後bンでやってくるこの組織って、ただ単なる個人の弁護士ということが対象で花てこのことから逃げている弁護士会自体がすでに犯罪者集団となっている。
    我々に対峙した当該のとんでもない弁護士が、まだ弁護士活動を懲戒処分なしでのうのうとやっている。
    こんな奴が大阪弁護士会で副会長をやっていたというから、あれは日本の弁護士会にはなっていない。

    まさに朝鮮民族が仕切る大阪弁護士会になっている。
    大阪都構想でも総選挙でも、そらこいつら共産党支持になるはずだ。
    朝鮮から来た連中が仕切る団体なんだから。
    京都弁護士会もこうなっていると、桜井が現場で奴らに直接伝えてやっている。

    共産党を筆頭に、辻本、野中ら、それと力を合わした大阪自民、民主、公明、民社、お前らはっきりと日本政府に血液を渡せ!、
    入管に提出しろって。
    公開請求で、私の目で、親日なら許すが、反日の連中であれば、日本民族かどうかを確認してやる。

トップへ戻る