松井知事 大阪「副首都化」推進本部会合、猪瀬直樹氏に参加要請

大阪「副首都化」推進本部、猪瀬直樹氏に参加要請(朝日新聞)

(引用)
 松井一郎大阪府知事が、東京都の猪瀬直樹前知事に対し、大阪の「副首都化」を目指して府と大阪市で設置する副首都推進本部の会合へ、参加を要請していることがわかった。都知事経験者として、副首都の定義や必要な機能について意見を聞くものとみられる。

 第1回会合は28日。松井氏が11日、猪瀬氏に出席を打診したが、現時点で明確な回答はないという。「副首都化」は11月の府知事、大阪市長のダブル選での大阪維新の会の公約で、再選を果たした代表の松井氏が推進本部の設置を表明。初回会合には、松井氏のブレーンである堺屋太一・元経済企画庁長官や上山信一・慶応大教授など府市の特別顧問も参加する。

 猪瀬氏は作家で、約5年間、石原慎太郎都政で副知事を務めた。石原氏の辞職に伴う2012年12月の都知事選で初当選。東京五輪招致を成功させたが、医療法人「徳洲会」グループから5千万円を受領した問題で、13年12月に辞職した。

 松井氏は14日の府議会での所信表明で、災害時に備え、経済の中枢機能を大阪に分散する必要性を強調。リニア中央新幹線など副首都にふさわしい交通・物流機能インフラの整備を目指す考えも示した。今後、副首都化のための中長期的なビジョンの策定を目指す。(引用終わり)

猪瀬氏に特別顧問就任要請(NHK)

オリンピック組織委員会への恨みはあるんでしょうが・・・
数々の改革に携わり、都知事も経験した方ですから、是非、国や大阪の為に御知恵をお貸し頂きたい所ですね(^^)

関連
民主・枝野幹事長:おおさか維新は「邪魔」 (これに対して)松井代表:民主は日本の将来の「邪魔」
(安保法制)「自分が(米が守る)ディズニーランドの中に居ると気が付かない日本人には、この議論は理解出来ない」猪瀬直樹氏(週刊リテラシー)

「維新」「増税なし」で大阪でやったこと
・私立高校無償化
・幼児教育無償化
・大阪府大・市大授業料無償化(2020年度より)
・中学生塾代助成制度(月額1万円)
・中3まで医療費実質無料(高校生は1回500円)
・授業用タブレット導入とクーラー設置
・水道料金値下げ
 など
「維新の会」が、これまで行ってきた改革の数々

日本維新の会 – 未来共創ラボ produced by 日本維新の会 – DMM オンラインサロン
「未来共創ラボ」は、参加者が国会議員、首長、地方議員らと一緒になって日本の課題解決のための政策をつくり、実際に議員立法や国会質問を通して国会に政策提言をしていく日本初の新しい政治参加の仕組みです。

ブログランキング参加中、応援クリックが励みになりますm(_ _)m
にほんブログ村 政治ブログ 政治情報へにほんブログ村

記事をシェアして頂けると嬉しいです

ブログをフォローする

トップへ戻る