【大阪過去最多】吉村知事「唾液が飛び交う環境を避けてください。1にも2にも3にもやっぱり唾液です!」定例会見 動画 2020.7.22

記事をシェアして頂けると嬉しいです

(外出自粛要請する考えは?)
吉村知事「移動だけでこの感染リスクが高まるとは僕も思ってないので、やっぱり外に出て、そこで何をするのかが非常に重要。先ほど申し上げた3点のことは避けてください

(内容)
・新型コロナウイルス 連休中における感染拡大防止の取組のお願いについて
大阪府/【府民の皆様へのお願い】感染拡大防止に向けた取組み(外出・イベントの開催・施設の使用・学校等について)

・新型コロナウイルス感染症の流行下における妊産婦支援
・新型コロナウイルス助け合い基金 第二次贈呈の開始について
・従事者等慰労金交付事業について
・「大阪の人・関西の人いらっしゃい!」キャンペーンの実施期間延長について
大阪府/報道発表資料/「大阪の人・関西の人いらっしゃい!」キャンペーンの実施期間延長等について

・質疑応答


再生が該当位置から始まらない時は、こちらをクリック
<<下に続く>>


(会見文字起こし記事)
大阪府・吉村知事が定例会見7月22日(全文1)第1波を含め過去最高の陽性者数に(THE PAGE) – Yahoo!ニュース
大阪府・吉村知事が定例会見7月22日(全文2)休業要請は持続可能なやり方ではない(THE PAGE) – Yahoo!ニュース

「局の特性上、コメンテーター自身が何を言っているか分からない質問を繰り出すも、的確な答えを返してしまう吉村知事」 生出演動画

塩田 潮(以下、塩田):新型コロナウイルス襲来後、大阪府知事として行った3月19日の往来自粛要請の決定、4月7日の政府の緊急事態宣言への対応、4月15日の大阪府独自の支援金給付の発表、4月23日の非協力パチンコ…

大阪府/新型コロナウイルス感染症の流行下における妊産婦総合対策事業の実施について

大阪府/「高機能換気設備等の導入支援補助金」の公募を開始しました

大阪府/感染防止宣言ステッカーについて

大阪府/大阪コロナ追跡システムについて

大阪府/【SDGs特設ページ】SDGsと新型コロナウイルス感染症対策

大阪府/新型コロナウイルス感染症に関するこころのケアSNS相談

個人・事業者ごとに支援策を確認できる
大阪府/新型コロナウイルス感染症対策支援情報について

新型コロナウイルス感染症対策支援情報サイト | 大阪市

 

「維新」「増税なし」で大阪でやったこと
・私立高校無償化
・幼児教育無償化
・小中学校給食を無償に
・中学生塾代助成制度(月額1万円)
・0歳から高校生まで医療費1日500円(3日目から無料)
・大阪府大・市大授業料無償化
・授業用タブレット導入とクーラー設置
・水道料金値下げ
 など
「維新の会」が、これまで行ってきた改革の数々

日本維新の会 – 未来共創ラボ produced by 日本維新の会 – DMM オンラインサロン
「未来共創ラボ」は、参加者が国会議員、首長、地方議員らと一緒になって日本の課題解決のための政策をつくり、実際に議員立法や国会質問を通して国会に政策提言をしていく日本初の新しい政治参加の仕組みです。

ブログランキング参加中、応援クリックが励みになりますm(_ _)m
にほんブログ村 政治ブログ 政治情報へにほんブログ村

記事をシェアして頂けると嬉しいです

ブログ・SNSをフォローする

コメント

  1. 仲井 より:

    人数的に増えている。
    でもそうは怖がる必要はないと私は思っている。

    はしかや、これまで毎年のように膨大な感染患者が毎年のように広がっていたA型・B型インフルエンザよりも、感染の度合いも、重症率も、年代での死亡率実数状況も、ことさら怖がり行動を委縮することもないと思えるし、第一、普通の風邪患者数発生よりも格段に少ないと私は思っている。
    年間に学級閉鎖だけでも日本ではものすごい数の学校で毎年のように学級閉鎖が行われる事態が発生しているのが日本だ。

    それを思うとこの今回のコロナについては、普通のインフルエンザと違って、特定のごく一部の患者においてのみ生命に影響することが起こること、このごく一部の症状を大きく表で取り上げて人類を怖がらせていると私は思う。

    普通の風邪でも若い年代から高齢に至るまで幅広く重症化し、最後は息ができなくなり呼吸困難で肺炎で死亡していくのが普通の状況であり、私も24歳くらいの時に、急性気管支肺炎にかかったが、40度を超える熱が入院中高熱で一切下がらず、4日間全く下がらず、その高熱のためにそのまま一睡もできず寝られない状態であらゆる解熱の手法をやってくださった当時の医師は、当時医師は何の感染防御服をまとうことなく無防備で感染を怖がることもなく下からの解熱剤投入や、体の汗と皮膚のべたべたしたものを直接素手で身体を足の先から頭まで拭いてくれて私の体に触れ、看護婦と一緒に必死に治療をしてくださった。
    誰も付き添いできる身内が当時大阪で私には誰もいなくて、看護婦と医師がかなりの状況で二十四時間予断を許さない状態で、5日間ほど経過して熱がようやく下がり始めた時までホント隙間なく治療をしてくださった。
    看護婦が夜中や朝にも熱を測りに来るんだが、熱が下がって36度台になったときに医師が看護婦から連絡をもらって病室に飛び込むように入ってきて、大声でよかったなあってホント嬉しそうに言ってくれたのを今も思い出している。

    この時の病気も感染症である。
    戦中戦後間なしのころは、こういう場合大概の人は、結核、つまり肺病というその当時のホント怖い怖い病気になっていただろう。私の時代にはすでにストレプトマイシンが、その後副作用が少ないといわれて開発されたクロロマイシン(=これも実が登場したが、これもまだ結構副作用があったようだが)が出てきていたのでこれが最後は何とか結核への道を遮断してくれたようだ。
    胸部の放射線映像を撮ってみると、それ以降は今に至るまで、二つに枝分かれした気管支と肺と繋ぐつなぎ口の気管支の最下部の部分が、黒く焼けたような跡形がまだ残る内容が残って映る。
    必死で病原菌と戦ってその結果その部分が気管支の一部は討ち死にしたが最後の砦の気管支の肺と繋ぐ突端部分で、何とかそこまでで持ちこたえてくれて、何とか持ちこたえ私の体を守ってくれたようだ。

    私は今回のコロナについて、テレビや、医師が出てきてテレビでは、高齢者がコロナが原因でとか言ってるが、本当にこの高齢者はコロナだけが原因で死んでいってるのか!って。
    もう死ぬ時期に来ていて(高齢者も含めて世の中にはそこらじゅうで、突然死などいくらでもあるし、その突然死をしたいと願ってわざわざ電車に乗ってまで神社へお参りまでして”ぽっくり死にたい祈願ツアー迄あるのに)その時期にたまたまコロナにかかってそれが背中を押して死んじゃったという風にはとれないのだろうか。

    高齢での80歳を超えた年齢の人が病気に負けて死んでいくというが、メディアで相当煽っているが、でも日本人のほぼほぼほとんどは最後はこの肺炎という症状でなくなっていることから見れば、コロナで、コロナで亡くなった云々といってるが大体寿命とその時の死ぬときの病気がたまたまコロナだったということもうかがえてしまう。
    ガンの患者も、糖尿病・腎臓病の人たちもほとんどは最後のとどめの症状は、心不全か、肺炎がほとんどである。

    コロナが怖いと言ってるうちに、マスコミメディアの工作によって国民の目がそっちに集中して固まっているその隙間で、日本はとてつもない状況の危険に迫られている。
    中国は日本を今すぐにでも侵略しようかと思うほどの状況でやってきている。

    或る人らがネット上にいろいろな内容発信しているが、
    中国に広がって今とてつもない勢いで拡散がすごいという豚のインフルエンザウイルスによる感染状況、
    中国で最近判明した内容で、中国のある組織がこの豚のインフルエンザウイルスを中国に有る畜産の豚生産業者の豚舎に、空中から深夜にドローンを飛ばして、そこにこの豚インフルのウイルスを豚舎に向けて放射しこのウイルスを、感染豚を故意に作り出し、それら豚の生産地に拡大拡散させて故意に感染させ、中国全土でそれをやっているグループが存在するという。

    現状ここにきて日本に感染者が増えだしたのはこれは中国共産党がアメリカとともに日本に向けて化学兵器の生物的戦争を仕掛けてきているのでは?
    日本国内に工作活動で、中国共産党の生きのかかった指図された行動隊が(あのオームがサリンを軽トラで廃棄筒から煙上にして市中に空中頒布させて巻いたように)さりげなくコロナウイルスを日本中であらゆる手段でそこら中にばらまいていってるのでは?
    これをやろうと思えば何でもないことで普通にやれる状態が日本の現状だ。
    アメリカがあれだけ中国共産党の行動活動を警戒して搾り上げているのに日本はゆるゆるsでそこらじゅうで中国朝鮮工作員が何をしようとやれ人権だ差別だという声で警察も考案も何にもしない状態が続いておりこれを馬賊の山賊上がりの奴ら中共共産党が日本でやるなんて朝飯前の赤子の手をねじるような程容易いことだろう。

    もしも市中の公衆トイレをはじめ病院の内部及び自衛隊をはじめ軍の中にまでも、ビニール袋に入れてそこらじゅうで撒き散らせば、コロナ感染者を一気に増やせるなど簡単では?簡単にやれてしまうのでは?

    南北朝鮮民族、中共共産党なら普通になんでもやるのでは?

    元々昔からも今もそのまま日々普通に脅迫恐喝虐殺拷問強奪拘束など何のこともなく自分らに都合が悪ければ相手など選ばずだれであっても人間とは思わずに普通にやる馬賊の放浪山賊強盗団連中だからさ。

    せっかく収まりだしたコロナ惨禍が日本で再び起こりだしたのは、日本でここにきて広がりだしたのは、このまま収束して日本が大丈夫になっては困る中共共産党、南北朝鮮民族が、日本で収まりだしたら困るので、中共が日本に存在する日本破壊活動中の反日工作員を手先に使っての感染させる行動に、行動に出てきているのでは?
    感染者を故意に増幅させる活動工作、ウイルスを日本国内に故意にバラ撒き散らす行動に出だしたのでは?
    ターゲットを絞ってそこから日本の国内活動を混乱させるために。
    メディアが中共の命を受け、あらゆる恐怖感を煽り、国内をできるだけ国民の気持ちに不安感を起こさせそれに乗じて政府への不信感を呼び起こさせるためにもう毎日のようにそれに日本のメディアは励んでいる。
    その後押しをやり中共の手先へとなっている。
    まさに日本のメディアマスコミは国賊である。

    中国で今現実に起きているウイルスをドローンに積み込み仕込み、空中からウイルスを噴霧状態でターゲットめがけてまき散らすというこのことでその組織は豚生産業者へその感染した豚とされるものを大量に低価格のごみの処理代まがいの価格で感染した豚を引き取り、処分代を払い、それを正常な豚肉として中国国内をはじめ海外の世界中にこの感染豚肉をコンテナで発送させているという。

    日本には或る人の調査では、日本国内に5月以降も中国人南朝鮮人の日本への入国を止めずに、5月以降もそれ以降も日本には毎月相当の中国人南朝鮮人が特段の事情というわけのわからん資格を作って日本の空港の搭乗口も別にしての者らが毎月数千人から数万人が普通に日本に入国してきているという。

    喫緊では7月1日から7月の20日までのこの期間だけで、海外から特段の事情で日本に入国してきたものの中に、空港での感染者検査ですでにもう170人ほどの海外からの中国朝鮮人の感染者が見つかって、現状日本の病院に隔離され無料で治療を受けて収容されているようだ。

    最近私が書いたことだがこの感染者のこの者らの国籍をこれをバラすぞと、小池東京都知事が啖呵を切って脅しをかけたら、政府も厚生労働省も外務省も経済産業省もメディアマスコミも誰もが怖がって(朝鮮民族の遺伝子を持つものにしかコロナウイルスは感染しない、寄生できない、ということを、この一番知られたくないことをこれをバラされるのを怖がったわけだ)黙ってしまったというのが実態のようだ。

    【朝鮮民族の遺伝子を持つものにしか感染しないということになれば、自分が感染した場合朝鮮民族の遺伝子を持つ日本民族ではないということがそのままばれてしまいそこの延長線上には日本国籍を持つに至ったその系図の経緯を追及されることになるのでそこは絶対に出してこないのだ、それをつかんで解っていて小池さんがおとなしく柔らかい口調で睨みを利かしながらあの可愛い眼差しまなざしで「感染者の本当の国籍を出してもいいんですか?」と脅しをかけただけで、もう全員がビビってしまって、周囲も誰も物が言えなかったというわけだ。

トップへ戻る