松井知事「サテライト会場で『オール関西万博』に。来秋の堺市長選、都構想は争点化せず」

大阪万博、関西各地にサテライト会場…松井知事 : ニュース : 読売新聞(YOMIURI ONLINE)

(引用)
来秋の堺市長選、都構想は争点化せず

 大阪府の松井一郎知事(日本維新の会代表)は7日、読売新聞のインタビューに応じ、府が2025年の誘致を目指す国際博覧会(万博)について、開催候補地の人工島・夢洲ゆめしま(大阪市此花区)とは別に関西各地に関連イベントなどを行うサテライト会場を設ける考えを明らかにした。

 万博の詳細な計画については、国が今月下旬にも発足させる有識者検討会で議論される見通し。松井氏は「(計画が)より具体的になった時に、神戸でも京都でも(サテライト会場を)ぜひやりたいところがあれば、しっかりと(国などに)つなぎたい」と述べた。

 関西の府県などで構成する関西広域連合は9月、誘致に協力する決議を採択しており、「オール関西の万博になるよう企画してほしい」(山田啓二・京都府知事)との声が上がっていた。

 また、来年秋の堺市長選について松井氏は、地域政党・大阪維新の会として候補者擁立を目指すものの、大阪・堺両市を特別区に再編する大阪都構想を掲げて公認候補が敗れた前回選から一転し、都構想を争点化しない考えを表明した。

 松井氏は「議論に参加してほしいとは言うが、堺市を入れた区割り案を作れる状況ではない」と述べた。堺市を廃止する構想には市民の反発が強いとみて、都構想を真正面から掲げるのを避ける意向を示したものだ。

 昨年12月に政界を引退した橋下徹前大阪市長を次期衆院選で擁立する可能性については、橋下氏がテレビ出演を続けていることなどを理由に否定した。

万博、神戸・京都でサテライト会場
観光客も、さらに参加しやすくなって盛り上がりそうですね。

大きく成る程、期待も膨らみますよ!(^^)

「大阪の力 全世界に発信」2025年万博、大阪市も誘致方針を決定 – 産経WEST
大阪万博の誘致準備組織、あす発足 府市や経済3団体:朝日新聞デジタル

堺・竹山市長
今期は、色々不祥事が有りましたから
再選に向けて、なりふり構わず、何でもやってくるのでしょうね…

再度、橋下さんの次期衆院選出馬は否定しました…(^_^;)質問くどい!

「維新」「増税なし」で大阪でやったこと
・私立高校無償化
・幼児教育無償化
・大阪府大・市大授業料無償化(2020年度より)
・中学生塾代助成制度(月額1万円)
・中3まで医療費実質無料(高校生は1回500円)
・授業用タブレット導入とクーラー設置
・水道料金値下げ
 など
「維新の会」が、これまで行ってきた改革の数々

日本維新の会 – 未来共創ラボ produced by 日本維新の会 – DMM オンラインサロン
「未来共創ラボ」は、参加者が国会議員、首長、地方議員らと一緒になって日本の課題解決のための政策をつくり、実際に議員立法や国会質問を通して国会に政策提言をしていく日本初の新しい政治参加の仕組みです。

ブログランキング参加中、応援クリックが励みになりますm(_ _)m
にほんブログ村 政治ブログ 政治情報へにほんブログ村

記事をシェアして頂けると嬉しいです

ブログをフォローする

コメント

  1. じい より:

    都構想は真正面から出したほうがいいでしょ。逃げの姿勢は市民にすぐに感づかれると思うけどな。長い目で見て支持を落とすことになると思う。

トップへ戻る