松井知事「給料返せ!ドロボー!(審議拒否の民進党に対して)」登庁会見 2016.11.9

松井知事、怒ってます!

衆院憲法審またも延期見通し TPP混乱で「国会不正常」理由に民進が延期要求 – 産経ニュース
この「大臣が辞めろ」の民進党に対して…

(そのシーンは3m
付近から)(タイトルのシーンから再生します)

米大統領選について代表がコメントを寄せました。
米国大統領選挙結果について、松井代表によるコメント発表のお知らせ|ニュース|日本維新の会

(引用)
 ドナルド・トランプ氏の米国大統領選挙での当選をお祝い申し上げる。

 アメリカ国民は、長く国政の中心で活動してきたクリントン氏ではなく、国政は未経験のトランプ氏を選んだ。アメリカ国内のメディアの論調や予測とも異なる結果となった。これは、既存の政党や政治家、あるいは大手メディアが、アメリカ国民の直面する課題に十分対応してこなかったからではないか。

 既存のワシントン政治に突き付けられた選挙結果から、我が国も学ぶべきである。日本の政党、政治家も、既存の永田町政治を根本から見直し、これまでの政治が関心を払おうとしなかった人々の声にこたえる必要がある。また、率直な言葉で国民に直接語りかける政治姿勢を、一概にポピュリズムと非難すべきではない。

 新大統領の下でも日米同盟は堅持されるが、そのあり方について、これまで以上に率直な意見交換が必要になると思われる。我が党がマニフェストで掲げた日米地位協定の抜本的改訂を含め、日米政府間で建設的な議論を進めるべきである。我が党も、新たな日米関係構築に向け、全力を傾けていく。

(ツイッターでも書きましたが…)

クリントンの選挙資金、(各種団体・企業からの寄付)「65億1900万円超」、トランプの4倍
クリントン支持のメディア「57社」、トランプは「2社」

徹底的にキャンペーンをやって、徹底的にメディアはトランプを叩いた。

それでも、この結果が出た事を覚えておきたい…

「維新」「増税なし」で大阪でやったこと
・私立高校無償化
・幼児教育無償化
・大阪府大・市大授業料無償化(2020年度より)
・中学生塾代助成制度(月額1万円)
・中3まで医療費実質無料(高校生は1回500円)
・授業用タブレット導入とクーラー設置
・水道料金値下げ
 など
「維新の会」が、これまで行ってきた改革の数々

日本維新の会 – 未来共創ラボ produced by 日本維新の会 – DMM オンラインサロン
「未来共創ラボ」は、参加者が国会議員、首長、地方議員らと一緒になって日本の課題解決のための政策をつくり、実際に議員立法や国会質問を通して国会に政策提言をしていく日本初の新しい政治参加の仕組みです。

ブログランキング参加中、応援クリックが励みになりますm(_ _)m
にほんブログ村 政治ブログ 政治情報へにほんブログ村

記事をシェアして頂けると嬉しいです

ブログをフォローする

トップへ戻る