(知ってましたか?)【衆院選】各党の党員数、資金力、比例獲得票数。その支持基盤、そして無党派層・・・

記事をシェアして頂けると嬉しいです

今日の読売新聞に、一覧が載ってました。
投票率、戦後最低か…「50%台前半」予想も
(でも、webには一覧は載せてない・・・もう少し載せて下さい。お願いします。)

[各党の党員数、資金力、比例獲得票数]一覧

党名  党員数 ・ 資金力 ・ 2012衆院選 ・ 2013参院選
-----------------------------------------------
自民党  約78万人 232億9800万 1662万 1846万

民主党  約23.3万人 94億2600万 962万 713万

維新の党 約7300人   ----  ----   ----  

次世代  約3500人    ----  ----   ----  

(日本維新        40億9876万 1226万 635万)  

公明党  約40万人 142億6700万 711万 756万

共産党  約30.5万人 225億4000万 368万 515万

生活の党 約6300人 13億4800万 ----  94万

社民党  約1.7万  10億8000万 142万 125万

※資金力は13年の党本部収入額。 ---- は結党前でデータなし。

党員数・・・
公明党は分かりますが、民主党、共産党も結構多いんですね。
(共産党、党員の6割が65歳以上だそうです。志位氏危機感…高齢化進む共産党員 6割が65歳以上)

自民・公明・共産は、党員の15~20倍の票数は獲得できるようです。
この3党は、選挙だけで言えば、組織票が基盤になる「保守的」な政党と言えるのかな?

自民は、農協・医師会・遺族会・保育などに代表される業界団体と高齢者など・・・
公明は、いわずもがな、創価学会。
共産は、公務員。(若い人は意外と知らない・・・)
などに支えられています。

各党は、支持者に特別に配分される税金や、その特権を守るのが第一です。
公約も、良く読むとその辺りに配慮されています。

例えば、公明党の「軽減税率」。
一見、庶民向けの政策に聞こえます・・・

しかし、よくよく考えると・・・
家計の中で食費が占める割合の大きい人(高齢者)や、
高い食料品を買う、中高所得者に恩恵が大きい税です。

公明党の支持母体、創価学会員の多くがこの中に入ると思われます。
(一度、山口代表の演説観て下さい。聴衆はお金持ちそうなオバさまだらけですよ)

上記に属さない人々・・・
が、いわゆる「無党派層」と言われる人達になるのかと思います。
税金の特別な配分を受けてないので、支持する政党が無い人々・・・

民主は、組織はあっても、無党派層の動きに左右される。
2009年は2984万票も獲得しています。

この時は、確かに相手の自民もひどかったが、無党派層向けの政策も色々アピールしてました。
高速道路無料化・子供手当てなど・・・

政権交代がおきそうな雰囲気もあったので、無党派層が一気に集中して投票した。

しかし、その後、その目玉政策は財源の都合がつかず・・・消滅・・・
先程出てきた、自民・公明・共産を支持をしている人々から、既得権を引き剥がして、それに当てる事ができなかった・・・
もちろん、民主自身の支持者が公務員組合や日教組であったことも、足を引っ張った。

終いには、約束していない増税までする始末・・・

維新は、完全に無党派層の動き次第か・・・
ただ、参院選で獲得した635万を、キープもしくは上回れば、維新支持層も生まれつつあるとも言えます。

橋下さんもプライムニュースで言ってましたが、今回の比例票数は重要だし、今後の野党再編に大きく影響すると思います。

無党派層・・・
民主政権で、もうこりごり、あきらめムードで「選挙なんかどうでもいいよ」て感じでしょうか。
今回も政権交代の可能性はありません。

しかし、無党派層は待っていると思います。
自分たちに向いて政治をする政党を・・・

泣いても笑っても、あと1日・・・
有権者は、どんな結果を出すのでしょうか?(棄権の数も含めて・・・orz)

『自分一人が投票したところで何も変わらないと思う一人』が投票すると社会が変わる。(いとうせいこう氏)
http://youtu.be/qacNfjbsFO8

最後に、再度、言います。
(ジャック・バウワー風に)
「棄権する」・・・確かに、オマエの自由だ!
ただ、この先、何が起きても、
甘んじて受ける覚悟があるんだろうな!!

関連
前回の衆院選【新聞各社・終盤情勢調査】 さて、結果は? その通りになったの?
これ、な~んだ?「米357 英275 仏198 独194 加238 伊217 豪360 日724」
「若者の投票率が上がったら・・・本当に政治が変わるのか?」シュミレーションしてみた

 

「維新」「借金減らし増税なし」で大阪でやったこと
・私立高校無償化
・幼児教育無償化
・小中学校給食を無償に
・中学生塾代助成制度(月額1万円)
・0歳から高校生まで医療費1日500円(3日目から無料)
・大阪府大・市大授業料無償化
・授業用タブレット導入とクーラー設置
・水道料金値下げ
・特別養護老人ホームの整備促進・入居枠大幅拡大
 など
「維新の会」が、これまで行ってきた改革の数々

日本維新の会 – 未来共創ラボ produced by 日本維新の会 – DMM オンラインサロン
「未来共創ラボ」は、参加者が国会議員、首長、地方議員らと一緒になって日本の課題解決のための政策をつくり、実際に議員立法や国会質問を通して国会に政策提言をしていく日本初の新しい政治参加の仕組みです。

ブログランキング参加中、応援クリックが励みになりますm(_ _)m
にほんブログ村 政治ブログ 政治情報へにほんブログ村

記事をシェアして頂けると嬉しいです

ブログ・SNSをフォローする

トップへ戻る