これ、な~んだ?「米357 英275 仏198 独194 加238 伊217 豪360 日724」

そう、答えは・・・

世界各国の公務員の平均人件費。

国        公務員の平均人件費(国民平均年収)
日本       724万円(412万円)
アメリカ      357万円(325万円)
イギリス      275万円(240万円)
フランス      198万円(180万円)
ドイツ       194万円(205万円)
カナダ       238万円 (252万円)
イタリア      217万円(200万円)
オーストラリア  360万円(500万円)

突出して、日本は高いのが分かります

他先進国と比べて、日本の公務員人件費は2倍以上、国によっては3倍以上・・・

これについて、ちゃんとまとめたページがあるんですね。
「高すぎる?」 日本の公務員給与を世界各国と比較してみた(NEVERまとめ)
この数字はここを参照しました。

説明を読むと、確かに、各国お家事情があるようです。
そもそも、国民の平均収入が低かったり、兼業を認めていたり・・・

まあ、日本側の言い分もあるでしょう・・・
でも、普通の感覚でみたら、どうみても高いのは明らかですね。

これに加え、日本の公務員は年金も優遇されている・・・
バスの運転手の年金49.4万!?公務員の年金(共済)と厚生年金(知ってビックリ年金のはなし)

こりゃ、コネでも何でも使って、なろうとしますよね・・・(最近は聞かなくなりましたが・・・)

民主党や共産党が、この高待遇を守る事で、
公務員やその家族、OBなどより、強く支持されるのも当然!

国民の大多数が、「これは労働に見合った給与水準だ」と思ってるなら、仕方有りませんが、
これって本当に、このままでいいの?

関連
橋下市長「べらぼうに高い給料をもらっている地方公務員が山ほどいる・・・」11/28 登庁会見

P.S.
私が思うに・・・
給与を抑えて、兼業を認めて、民間の感覚を持つのは、むしろ良いのではと思います。
公平中立を保てなくなると、危惧する声は出るでしょう。それは制度である程度何とかなるだろうし、今よりメリットがはるかに多い。
優秀な公務員は、どちらの世界でも力を発揮して稼いでも良いのではないでしょうか?

「維新」「増税なし」で大阪でやったこと
・私立高校無償化
・幼児教育無償化
・大阪府大・市大授業料無償化(2020年度より)
・中学生塾代助成制度(月額1万円)
・中3まで医療費実質無料(高校生は1回500円)
・授業用タブレット導入とクーラー設置
・水道料金値下げ
 など
「維新の会」が、これまで行ってきた改革の数々

日本維新の会 – 未来共創ラボ produced by 日本維新の会 – DMM オンラインサロン
「未来共創ラボ」は、参加者が国会議員、首長、地方議員らと一緒になって日本の課題解決のための政策をつくり、実際に議員立法や国会質問を通して国会に政策提言をしていく日本初の新しい政治参加の仕組みです。

ブログランキング参加中、応援クリックが励みになりますm(_ _)m
にほんブログ村 政治ブログ 政治情報へにほんブログ村

記事をシェアして頂けると嬉しいです

ブログ・SNSをフォローする

コメント

  1. 匿名 より:

    このままではいけません
    適正化が必要です
    世界と比較すれば一目瞭然
    高すぎです
    給与もそうですが公務員の一部の人は民間レベルの仕事に対する意識やサービスをもっと見習うべきだと思いますね

  2. 根保孝栄・石塚邦男 より:

    申し訳ないが、私の現役時代の新聞社は、公務員以上の給料でした・・。一般企業の給料が上がらないのに、公務員だけが上がる・・。
    民社党の支持母体の官公労の反発を和らげるために、安倍政権は公務員の給料のアップを黙認したか・・。
    加えて、国会議員の給料を25万円上げてご機嫌取りをするなど、狡猾な手をつかいながら、年金はダウン・・というわけか。見え透いた糞たれ安倍政権・・と言いたい。

トップへ戻る