2/4橋下市長ツイッター「そもそも府議会市議会もバラバラ。府議会市議会も都議会に一本化する必要がある」

記事をシェアして頂けると嬉しいです

さすが、大阪「自分党」!
同じ大阪自民なのにバラバラ・・・
そこが「大阪会議」を提唱して、話し合いで二重行政を解消できると言う・・・

有権者をバカにするのも、ここまで来ると・・・
怒りを通り越して・・・笑ってしまいます(^_^;)

それとも・・・
そうか!
大阪自民は「大阪会議」には参加しないんですね(笑)

橋下市長 twilogより引用)
はい。民営化を目指した意識改革です RT @mtfn: 鶴見緑地線でアンケートを行っていた!9年ほど地下鉄を使っているけれど、最近は市民に近い感じになって来た。駅内の掲示物なんて個性があって面白い。これも民営化に向けての意識かな?嬉しい

RT @gotchaness: @t_ishin 文楽への助成金、公演ごとに審査案 大阪市 – 朝日新聞デジタル www.asahi.com/articles/ASGDM… 文楽PR費3500万円に加え公演ごとに補助金の申請を受け付け審査したうえで助成する新たな制度。そしてふるさと納税の寄付制度。補助金より入るのでは?

あとは文楽サイドの努力次第ですRT @gotchaness:文楽への助成金、朝日デジタル www.asahi.com/articles/ASGDM… PR費3500万円に加え公演ごとに補助金の申請を受け付け審査したうえで助成する新たな制度。そしてふるさと納税の寄付制度。補助金より入るのでは?

RT @gotchaness: @t_ishin @mina99106987 橋下徹『読売・産経・日経もキャンペーンやってたんで文楽を守って下さい』 www.youtube.com/watch?v=nnSiU9… @youtubeさんから 文楽守りたいならふるさと納税を利用して寄付しよう!

さらに今回は文楽を活用した街づくりの調査検討費用を予算計上します。これまでは前年度出していた補助金を漫然と今年度も出すという繰り返し。文楽を守れ!と言う人たちは、金も出さないし、何も行動をしない。最近やっと経済界や在阪民放各局が動き出した。何もしないのは、いつもの自称インテリたち

御堂筋線は各駅ホームも狭く、さらに2分間隔の運行なので、ホーム自動扉柵を各駅に設置することが可能かまず天王寺駅と心斎橋駅で検証してみますRT @koma_on_rainbow: @t_ishin 天王寺駅に柵がつくのも、橋下市政ですか?

RT @hirokijima0318: もうマジ凄い。二重行政はありませんと、自民党柳本市議会議員は議会で答弁し、二重行政はありますと自民党花谷府議会議員は答弁。同じ自民党で市議会と府議会で180度逆の答弁。

RT @hirokijima0318: @yanagimotoakira 自民党の花谷府議は、府議会の委員会質疑で、自民党大阪市議団と調整ができていないまま、調整会議条例案を府議会に提出された旨、ご答弁されましたが、その後、自民党府議団と自民党市議団の見解の相違は解消されましたでしょうか?

大阪府知事(大阪府庁)大阪市長(大阪市役所)が大阪の広域行政においてバラバラの意思決定をやってきただけでなく、そもそも府議会市議会もバラバラ。ゆえに大阪の広域行政においては府知事と市長を都知事に一本化するだけでなく、府議会市議会も都議会に一本化する必要がある。これこそが大阪都構想
(引用終わり)

関連
1/7橋下市長ツイッター2「自民・西成区選出柳本議員が間違ったことを言っています。『西成の名前はなくならない』と説明しているようだ・・・」

 

「維新」「借金減らし増税なし」で大阪でやったこと
・私立高校無償化
・幼児教育無償化
・小中学校給食を無償に
・中学生塾代助成制度(月額1万円)※2023年度から小学5・6年生にも拡大
・0歳から高校生まで医療費1日500円(3日目から無料)
・府大市大を統合し公立最大規模・知の拠点「大阪公立大学」に、そして授業料も無償化
・小中学校に授業用タブレット導入とクーラー設置
・水道料金値下げ
・特別養護老人ホームの整備促進・入居枠大幅拡大
 など
「維新の会」が、これまで行ってきた改革の数々

【新・政策目安箱】日本維新の会にどんな政策を期待しますか? | PoliPoli

【維新政治塾】オンライン – DMM オンラインサロン
2012年の開校以来、経験ゼロの初心者から数多くの政治家を産み出してきた維新政治塾がこの度、オンラインにて開校! 政治の第一歩を踏み出したい方から、政策を勉強したい方まで、幅広く皆さまのご参加をお待ちしています。

ブログランキング参加中、応援クリックが励みになりますm(_ _)m
にほんブログ村 政治ブログ 政治情報へにほんブログ村

記事をシェアして頂けると嬉しいです

ブログ・SNSをフォローする

トップへ戻る