赤字国債の自動発行検討 民自、予算案と一体処理

橋下さんが危惧していた事が、具体化されつつあるようです…

(引用)
赤字国債の自動発行検討 民自、予算案と一体処理

 民主、自民両党は赤字国債を発行する特例公債法案と一般会計予算案を一体処理するルール作りに入った。予算案が成立すれば自動的に赤字国債発行を可能とする時限的な措置。自民党はルール作りでの合意を前提に、特例公債法案に賛成する方針を固めた。

 赤字国債発行には予算案と同様に毎年、特例公債法成立が必要だ。野田佳彦首相は10日、福岡市内での民主党の政策進捗(しんちょく)報告会に参加し、同法案について「どの政権であっても赤字国債を発行しないと財政運営できない。予算と一緒に処理するルール作りを含め、今国会中に結論を出していただきたい」と強調した。

 民自両党はすでに実務者で調整に着手。当面は赤字国債の発行が必要との判断から、時限措置の期間を2015年度ないし20年度までとし、この間は特例公債法案が成立しなくても予算案の成立と同時に赤字国債発行を可能とするよう現在、審議中の特例公債法案を修正する形で盛り込む案が有力だ。

 次の衆院選で政権復帰を目指す自民党も「一体で処理することが望ましい」(石破茂幹事長)と前向きで、12日にも公明党も加えた3党で協議する。こうした動きを踏まえ、自民党の安倍晋三総裁は特例公債法案に賛成する方針を固め、党幹部に指示した。

 首相は10日、福岡市の川端商店街を視察。その後の政策進捗報告会では「できなかったことを反省しながら、現実感のある、より精度の高い、約束を守れる内容のものを作り上げていきたい」と述べ、衆院選への意気込みを語った。

 また、民主党の安住淳幹事長代行は同日、衆院選での候補者擁立について「来週、再来週の時点で、相当前倒しで選挙区を埋めたい」と記者団に語り、約70小選挙区の空白区で候補者擁立を早急に進める方針を明らかにした。(11/11 朝日新聞)

民主も自民も、財政再建より、自身の政権安定の方が優先と言う事ですね
バックに財務省の影も垣間見えて、非常に気分の悪い話です…

橋下さんのこの件に対する主張は、こちらの動画で確認できます。(12分過ぎから)
まだご覧になっていない方は、ぜひご覧下さい!

スポンサーリンク

日本維新の会」 「大阪維新の会
・幼児教育から大学(私学を含む)まで、口だけじゃない本気の「教育無償化
・将来、不安な年金を、公平で確実にもらえる「積立式の年金」に転換
・少子高齢化に対応し、地域の創意工夫でさらに持続発展できる社会をつくる
・何でも反対だけの無責任野党ではない「提案型責任政党」。しがらみだらけの自民党には出来ない改革を法案にして提出【身を切る改革、維新だからできる。100本法案

【他党が賛同せずとも、公約通り、身を切る改革を実施】
※維新の全国会議員は、歳費の20%を被災地に寄付しています(合計年間5616万円)
衆院選後は、他党が賛同しなくても、公約通り30%削減(寄付)必ずやります!
【しがらみは排除!】企業団体献金も一切受けていません
「維新」がこれまで行ってきた改革の数々

ブログランキング参加中、応援クリックが励みになりますm(_ _)m
にほんブログ村 政治ブログ 政治情報へにほんブログ村

記事を拡げて頂けると嬉しいです

フォローする

トップへ戻る