自民徳島県議「ツイッターという『おもちゃ』で、悪口雑言を垂れ流した」と発言 関西広域連合議会

「お粗末」とも報じられていますが、ホントお話になりません
こんな県議を抱えている徳島県民に、同情すら覚えます…

ツイッターで情報発信をしている、自民党政治家、党員、サポーターは、この発言、放って置くんでしょうかね…

(引用)
橋下氏、徳島県議を「ひきょう」と批判 広域連合議会で
29日に大阪市内で開かれた、関西の2府5県と4政令指定市の首長と議員による関西広域連合議会で、徳島県議が雑誌の内容を引用して大阪市の橋下徹市長を批判。これに怒った橋下氏が「ひきょうだ」と反論する一幕があった。

 発言したのは徳島県の竹内資浩県議(自民)。一般質問の中で、橋下氏に対する元大学院准教授の雑誌の発言を引用する形で「刺激的で中身に乏しい発言を繰り返し」「ツイッターというおもちゃで悪口雑言を垂れ流した」と批判した。

さらに、橋下氏がこの日、米軍新型輸送機オスプレイの訓練受け入れを広域連合の会合で提案したことについて、「唐突な思いつきで市町村との信頼関係を崩す」と非難した。

竹内県議は橋下氏に答弁を求めなかったが、橋下氏は手を挙げて、「議長、名指しされているのに答弁を求めないのは議員としてひきょうだと思います」と発言を要求。演壇に立ち、「他人の発言で批判するのはひきょう」「ツイッターをおもちゃというなら、自民党はネットを使わないと宣言して下さい」と反撃した。

オスプレイについても「大阪府市は東日本大震災のがれきを必死に住民に説明して受け入れた。徳島県でも引き受けをやってから言ってほしい。何でも嫌だと言うのではなく、沖縄の問題を考えて汗を流すべきだ」と述べ、席に戻った。 (朝日新聞 6/29)

こんな記事も…
橋下氏、徳島県議の“お粗末”批判にブチ切れ!(ZAKZAK 6/30)

「維新」「増税なし」で大阪でやったこと
・私立高校無償化
・幼児教育無償化
・大阪府大・市大授業料無償化(2020年度より)
・中学生塾代助成制度(月額1万円)
・中3まで医療費実質無料(高校生は1回500円)
・授業用タブレット導入とクーラー設置
・水道料金値下げ
 など
「維新の会」が、これまで行ってきた改革の数々

日本維新の会 – 未来共創ラボ produced by 日本維新の会 – DMM オンラインサロン
「未来共創ラボ」は、参加者が国会議員、首長、地方議員らと一緒になって日本の課題解決のための政策をつくり、実際に議員立法や国会質問を通して国会に政策提言をしていく日本初の新しい政治参加の仕組みです。

ブログランキング参加中、応援クリックが励みになりますm(_ _)m
にほんブログ村 政治ブログ 政治情報へにほんブログ村

記事をシェアして頂けると嬉しいです

ブログをフォローする

トップへ戻る