松井知事「(憲法改正)自民の草案、あのままでは反対だ。教育無償化は2/3どころか3/4取れるんじゃないか?」定例会見2016.7.6

記事をシェアして頂けると嬉しいです

「内容」
(公務関連)
・熱中症に対する注意喚起について
・「蓄電池、水素・燃料電池国際カンファレンス in 大阪」参加者募集について
・質疑応答
(政務関連)
・質疑応答

タイトルの部分(39:08)辺り

※画像をクリック(スマホは2回)すると再生が始まります。

会見ハイライト動画(namioka999さんより)
「浅田均は安全圏、高木かおりは厳しい」との大阪選挙区調査について訊かれ

「参院を地域代表にする改憲は反対」 お維新・松井代表(朝日新聞)

「今すべきは教育無償化など3点。9条改正は早過ぎる。緊急事態条項も必要なし」片山虎之助共同代表(2016.5.18党首討論)
田中康夫氏「会談前のテレビ出演で、おおさか維新の改憲案を絶賛!」2016.6.2

2016参院憲法
※画像をクリックすると、より詳しい政策集(pdfファイル)が見られます。

おおさか維新の会は「有言実行

やると言った事は、大阪で着実に実行してきました。
その改革の数々…

身を切る改革
・議員定数20%削減 (府議会109→88、市は自公共などの反対で否決)
・議員報酬30%削減
・府知事報酬30%削減、退職金は0円に (報酬総額は東京都知事の半分)
・市長報酬40%削減、退職金は0円に (260万人政令市の市長月給を70万円台に)

徹底行政改革
・公務員人件費((府)9142億→8493億に削減、(市)職員給与を平均7%カット(幹部は14%))
・公務員数(事業の民営化等により31%削減・市)
・天下り(府60%削減、市73%削減)
・無駄を徹底的に見直し(市政改革プランにより4年間で2102億円の財政効果)

子ども教育政策を強力に推進
・教育予算を一気に拡充(従来の5倍・市)
私立高校無償化
中学生塾代助成制度導入(月額1万円・市)
段階的幼児教育無償化(現在は5歳児まで・市)
・中学3年まで医療費を実質無料に(市)
・授業用タブレット端末導入とクーラーの設置(市)
・保育所入所枠7250人増(市)
・妊婦健診の無償化(市)

くらし・高齢者施策も拡充
市営地下鉄運賃値下げ(終電時間の延長、トイレや売店の改修も)
・水道料金値下げ(市)
・防犯対策の強化(市)
・特別養護老人ホームに入居出来ない待機高齢者をゼロに(市)
・一人暮らしや寝たきりの高齢者などの見守り事業(市)

政治とカネの問題
・政務調査費を15%削減(府)
・国会議員政務調査費の使途をHP上で公開(使途の透明化・現状維新のみ)

これだけあってもほんの一部、詳しくは以下のリンクでご確認下さい。
橋下市長 大阪維新の会 実績(Yahoo知恵袋)
「大阪維新が変えた私達の生活、20のコト」(NEVERまとめ)
(大阪維新の会)政策・実績

維新は本気で改革します!
既得権側の抵抗があっても断固戦います!

その為には最低限の力・数が必要です。

参院選後、すぐやる事
・政治資金規正法の改正案提出 (参院合計11議席到達で)
・東北震災後行った「国会議員歳費2割カット」を復活させる。他党が賛同せず法案が通らない場合は、維新の「国会議員歳費(給与)の2割を、毎月被災地に寄付する」

皆さんの一票一票で、改革を後押し、そして維新を応援して下さい!

P.S.
ホント暑いですね。
街頭演説にも影響が出てきています。

皆さんが、無事選挙戦を終えられるよう祈ってます・・・

 

「維新」「借金減らし増税なし」で大阪でやったこと
・私立高校無償化
・幼児教育無償化
・小中学校給食を無償に
・小学高学年/中学生塾代助成制度(年額12万円)
・0歳から高校生まで医療費1日500円(3日目から無料)
・府大市大を統合し公立最大規模・知の拠点「大阪公立大学」に、そして授業料も無償化
・小中学校に授業用タブレット導入とクーラー設置
・水道料金値下げ
・特別養護老人ホームの整備促進・入居枠大幅拡大
 など
「維新の会」が、これまで行ってきた改革の数々

【新・政策目安箱】日本維新の会にどんな政策を期待しますか? | PoliPoli

【維新政治塾】オンライン – DMM オンラインサロン
2012年の開校以来、経験ゼロの初心者から数多くの政治家を産み出してきた維新政治塾がこの度、オンラインにて開校! 政治の第一歩を踏み出したい方から、政策を勉強したい方まで、幅広く皆さまのご参加をお待ちしています。

ブログランキング参加中、応援クリックが励みになりますm(_ _)m
にほんブログ村 政治ブログ 政治情報へにほんブログ村

記事をシェアして頂けると嬉しいです

ブログ・SNSをフォローする

コメント

  1. 椿 より:

    [太字]
    政党名「[色:FF0000]日本のこころ[/色]」の中山成彬議員が、
    JR東日本みどりの窓口で、新幹線乗車券支給拒否されたそうです。

    >3日17時10分頃、中山氏の秘書橋本氏は、
    JR神田駅のみどりの窓口の職員から待つように言われ、
    15分ほど待たされた後、
    女性2名男性1名が窓口に来て、そのうちの1人、

    40代の女性職員(豊田)が、威圧的に「にっころには売れない!」
    中山氏秘書:「民進党(関係)の組合員か?」との問いに、
    40代女性職員(豊田):「そうだったら何だというんだ!」

    それにしても、JRのみどりの窓口が乗客に対して
    【[色:0000FF]乗車券の販売を拒否する[/色]】というのは、
    かなり悪質な選挙妨害であり、大問題ですよね?

    私は、JRと民進党と労組を絶対に、
    【[色:FF0000]訴えるべき[/色]】だと思います。

    [/太字]

  2. いい加減にしなさい より:

    最近、流れている情報でとんでもないものがあります。

    「浅田さん」「高木さん」どちらに入れるか迷っている維新の支持者に

    1枚目は「浅田さん」
    2枚目に「高木さん」
    と書いたらいいねんで。

    と嘘(詐欺に近いと思います)を教えるという事がかなり出回っています。

    騙されて投票をしてしまった人もすでに沢山おられるみたいです。

    1枚目は選挙区なので「浅田さん」か「高木さん」
    2枚目は比例区なので「おおさか維新の会」か「比例選出の候補者名」
    を書いてください。

    また、周りの方にも教えてあげてください。

    大阪においてはデマ、嘘等卑劣な行為なんでもありの選挙戦です。

    どちらも当選させたいという気持ちを踏みにじる最低な行為を平気でしてきます。

    そんな人達に負けないためにも、皆で頑張りましょう!

  3. 仲井 より:

    以前に書いたことが有るが、日本のいまの【JR】、旧国鉄、此処について昔と大きく変わり果てています。

    私の親族で一人【JR】の社員になって居ます。【
    この者によく聞いていたことが有り、現状【JR】の社員で、日本民族がものすごく少なくなってきています。

    マスコミ報道でも判る通り、ここ数年よく車線上での機器の不備なり事故なり点検不備なりが、内容でそこらじゅうで起きているあの北海道【JR】などは、その比率が異常なほどだそうです。
    何でここまでそうなって来ているかは、もうここまで私が書いてきていることでお判りでしょう。

    朝鮮族が一番普通に当たり前のように使う手法の利権、既得権、旨み、これは絶対に他人には譲らないという徹底した家訓のようなもの。
    利益分は、しかも絶対に確定した旨みが掴める職、彼らにすれば奴隷から抜けたい、身分を掴みたい、彼らは常に職の内容によって朝鮮民族は身分を取れたと思うわけです。
    身分をとれば次は何でもできるものだと信じ込んでいる。
    どんな手を使ってでも、不法であろうが不正であろうが、兎に角利益が得られる内容の立場、席、つまり彼らに言わせればまさしく身分だと思っており、自分が掴んだ身分は絶対に他人には譲らない、譲るなら身内親族縁者にしか渡さないという発想だ。

    公務員に近いレベルの特殊法人の中には居ることはこれは奴らにすれば身分そのものを掴んだ、自分は身分の高いところに居てるからその中で何でもできるという発想だ。

    朝鮮族が一番欲しがるものでこれさへ掴めば自分は身分が上がったと思うのだ。

    奴隷が願う一番の欲望の極みだ。

    日本国民には全く意味が理解できないが奴隷だった者はとにかく身分が欲しいのだ。
    だから必要以上に肩書を全面で出そうとする。
    身分は、絶対に人に奪われたくない、自分のところで独占するというこの意識、ここから、実は【コネ】による採用、これに繋がっていく。
    【JR】の社員がここ30年ほどに、極端に朝鮮民族が採用されている。

    朝鮮流身内血縁者採用の優先での採用に、特化してきているからです。
    朝鮮民族は、奴らが思う身分と思い込んでいる職場に、一人でも採用されれば、そこから網の広がりのように身内の縁者親族に採用が拡大していきます。

    これは、あの旧住宅公団などのあの【UR】も全く同じです。現状【UR】も朝鮮民族が殆どの入れ替っています。

    昔は間違って日本人だと思って採用して見たら実は朝鮮民族でその者がそこそこの地位に昇格しだすとそこからは徹底的に身内親族縁者採用へと変遷していきます。

    大阪市、大阪府をはじめ公務員の世界もこれと同じです。
    一人採用した時点で底からものすごい速度で朝鮮民族の採用が異常に拡大し、そのうえコネでの採用がすべて優先される仕組みに全て変遷し、試験での採用ではなくて、こっちのみが機能しだして、入社試験などはイベントだけで何の採用の基準にもならず、試験の前にほぼ採用者は朝鮮民族でコネ採用で身内親族の血縁者で合格採用はほぼ先に決められています。

    私の兄も昔旧国鉄に入りました。
    日本の或る機管区所属に配置されました。

    当時は全国をいくつかのブロックに区切ってその一つ一つの区域ごとで採用試験を行っていて、兄が受けた区域での応募生徒は3000人でした。
    3000人試験を受けて、合格採用は30人だけというとんでもない競争率でした。

    全国からものすごい数の応募者がいててそこで成績を競いごく普通の採用試験になって居ました。
    兄は合格しましたが何のコネも何にもありませんでした。
    国鉄に関係する親族も一切何にもありませんでした。
    あのNHKの志村アナウンサーと大学時代同級生で、そのよしみで東京から志村さんは当時17時間もかけて高校にやってきてくれて、志村さんは来て講演もやって貰ったんだが、その志村さんと同級生だった私の高校の校長が、兄に、強硬に、まあとにかく東京の大学に行くべきだと、国鉄に行かずに東京の大学に行くようにと、夜に家にきて、長い時間朝が明けるころまで説得して、国鉄を受験するのをやめた方がいいと、大學へ行ってそこで研究に没頭した方がいいと、親父にも頼み込んでいましたが、相当兄を口説きましたが、兄は頑として断って、国鉄を受けて国鉄に行きました。
    入ってから時々田舎に帰ってきましたが、国鉄内での朝鮮民族の話など兄からその後一言も聞いたことも無かった。
    私同様、その国鉄に入った兄も同じく子供、学生時代に、あれだけ戦後まなしのあの時期に戦地から生に帰還してきた兵隊上がりの親族の叔父さんやおばさんら他大勢の中で、大勢の戦地経験者らの朝鮮での話を食事中にあの子供時代にあれだけ聞いていた身であり、朝鮮半島の話などもう毎日のように聞いていた身。でも朝鮮人が採用されているなど聞いたことも無かった。
    第一朝鮮民族の話など一切出てこなかった。

    ところがその後にかなり歳月が過ぎてから、親族で【JR】の職員になったその甥から聞く話は、職員の中になぜか明らかに朝鮮民族だろうと思えるものが(氏名は日本名になっているが、如何にも通名のようなものだし、いかにも生活様式が見てると何か感覚が違うと)徐々に徐々に増えだし、もう相当数が採用されていると話をしていた。

    兄が採用されていたころはそうは居なかったはずだが、その私の甥が勤め出したころからの【JR】には、兄の頃とは採用された職員の民族模様が全く違って、もう職員に朝鮮民族がものすごい数で採用されだしていることが解る。
    改めて核が甥については兄の影響など一切かかわらないように故意に全く知らないという状況で試験を受けたと甥は私に言っていた。

    口利きだとかのそういうコネであれば、初めから【JR】などは受けないと、いかないと、甥はそこには非常にこだわっていた。

    だから【JR】は、今でも甥にすればおじさんになる私の兄が国鉄にいてたことなどは、その親族だったなどは微塵も気が付いていない。

    今の特殊法人で一人の名字が、男性の名字が出てくればそれと同じ親族はほぼ最低でもその関係企業には5名ぐらいは最低でも親族血縁者が存在しているはず。

    大阪のあのこの間まで市会議員の西成選出の柳本が確か関電だったらしいが、彼の血縁縁者、親族にも、関電及びその関連企業、公務員、これらにだれか親族が居てるんではないのかねえ。
    血縁の有る物が。
    居てるんではないの?
    居ると思えるんだが、いかが?

    追加だが、
    私も10年程前に、東京駅みどりの窓口で大阪行きの高速バスの乗車券販売について、如何にも違法販売のような売り方をやっていたので、それを指摘したところ職員の対応がひどくて現場で相当時間東京駅で揉めたことがある。

    その件でその場で終わらなかったので、後日帰阪した後ももめ通しで私も譲らず、結果最後は東京駅のその時の助役から、【JR】自社製書面及び、助役本人署名書類、この二紙面にこれに社印、助役印捺印した紙面で、私宛で謝罪文を出させたことがある。

    とにかくなんだか勘違いしている職員が居てて、自分らはまるで身分職だとでも思い込んでいて、とんでもない連中だったので、これはちょっと勘違いしてるなあと、ここはお灸をすえる必要があると思って、やっておかないとこいつら解らんだろうと思って、東京駅のトップ名義で謝罪の文言を社としての謝罪文と、助役としての自書で文面を作らせて自署名で謝罪させた。

トップへ戻る