【都構想】前回否決から2度目の住民投票決定に至った経緯を、松井市長などの証言で振り返る 動画

記事をシェアして頂けると嬉しいです

2度目の住民投票実施決定した9月3日
在阪局が「前回否決から2度目の住民投票決定に至った経緯を、当事者の証言で振り返る」特集を放送しました

(※動画がすぐに削除されてしまうと思うので、リンクのみ張りました)
20200903 ten 都構想の話題部分 – YouTube

<<下に続く>>


「大阪ポンコツ会議」
ずいぶん昔に感じますね・・・

そうは言っても、あの当時
大阪自民は、都構想の「対案」として「大阪会議」を掲げて反対していました

しかし、今回は対案無しで、ただ反対だけしています

「二重行政」や「大きすぎる大阪市の問題」は、どう解決するのか?

ただ反対だけでは、あまりにも無責任です!

(住民投票可決がゴールなら今は何合目か?) 松井市長「百里を行く者は九十九里を半ばとす。と言う事だ!」 日経?記者「もうちょっと分かりや...

吉村知事 「大阪都構想」市議会採決前に実現へ決意新た 自分自身のパワーを集中/芸能/デイリースポーツ online

吉村知事「『飲食応援CP』最大40%還元!ミナミはナント最大80%還元!『菅官房長官』大阪の改革を進める上でふさわしい方」生出演動画

都構想住民投票を前に、大注目の書籍が出版!!

(その1)「都構想のバイブル」誕生!

(その2)吉村知事・松井市長共著!9/11発売!

(その3)橋下徹著!9/30発売!

 

「維新」「増税なし」で大阪でやったこと
・私立高校無償化
・幼児教育無償化
・小中学校給食を無償に
・中学生塾代助成制度(月額1万円)
・0歳から高校生まで医療費1日500円(3日目から無料)
・大阪府大・市大授業料無償化
・授業用タブレット導入とクーラー設置
・水道料金値下げ
 など
「維新の会」が、これまで行ってきた改革の数々

日本維新の会 – 未来共創ラボ produced by 日本維新の会 – DMM オンラインサロン
「未来共創ラボ」は、参加者が国会議員、首長、地方議員らと一緒になって日本の課題解決のための政策をつくり、実際に議員立法や国会質問を通して国会に政策提言をしていく日本初の新しい政治参加の仕組みです。

ブログランキング参加中、応援クリックが励みになりますm(_ _)m
にほんブログ村 政治ブログ 政治情報へにほんブログ村

記事をシェアして頂けると嬉しいです

ブログ・SNSをフォローする

トップへ戻る