大阪市教員:全国一高い初任給、昇給は年功序列から能力重視へ 来年度から実施

吉村市長、またもや画期的な改革案を実施にこぎつけそうです

まず、3月にこの報道がありました
大阪市教委:教員給与、能力重視に…17年度導入目指す – 毎日新聞

そして、昨日(7/12)
能力に応じた給与制度に 大阪市教委、30年度から – 産経WEST

 大阪市教育委員会は、初任給の引き上げなどを盛り込んだ新たな人事給与制度を平成30年度から導入する。一般教諭と首席指導教諭の間に新たな役職を設け、能力に応じた昇給の仕組みに改める内容で、予算編成に取りかかる30年1月までに労働組合との交渉を終えたい考えだ。

 新制度は、一般教諭が37歳までに新設される役職の選考に合格しない限り、それ以降の昇給を停止する一方、合格者には職務の困難度や責任に応じて昇給に差がつく内容。市は、能力の高い教員が早く昇進できるようにすることで、教頭や校長など管理職の「なり手不足」の解消につなげたい考えだ。

 また、大阪市の教員の初任給は政令指定都市20市の中で11番目で、近畿でも神戸市や京都市より低いため、市教委は具体的な引き上げ水準を検討するほか、優秀な人材の確保につながる研修制度なども盛り込むとしている。

 吉村洋文市長は総合教育会議で「頑張っている先生がきちんと評価され、昇給する制度が必要だ。全員(の給与)が上がっていく現行の制度は行き過ぎだ」と述べた。


これ結構、左側の方達が騒ぎそうな気がするんですが、今の所、静かですね・・・

同一労働・同一賃金を守れ!」って・・・言いそう

まあ言葉の使いどころが、間違いなんですがね・・・

同一労働・同一賃金は、共産主義みたくやってもやらなくても同じ給料って意味じゃないですから・・・

こちらも画期的!

大阪市【日本初!ナント『認可外』保育園を"無償"に】吉村市長定例会見 2017.6.29
誤字じゃないですよ!本当の話です。特に、(待機児童数...

コメント

  1. 仲井 より:

    少なくとも中学時代まで、
    暴力的に周りの弱い生徒を集団で痛めつけ、いじめ続け、結局数人の生徒が被害を受け、登校拒否症状に陥り、學校への投稿通学が出来ないまでに追い込んだ。
    それに加えてこういう連中はこれだけでは手を抜かず投稿が出来なくて親御さんが仕事に言っている昼間の時間自宅で悶々と辛い日々を送っている其の自宅にまで数人と押しかけ、親の留守中を狙って今度は金銭の脅し取りを行う。
    執拗に迫る金銭要求が度重なり、負担になりだした生徒が、怖がって、自宅にさえも居てられなくなりだしてきた。
    そのころになって親もちょっと子どもの様子に気づきだしてきた。

    學校に問い合わせると、教師の回答が、最近はほぼ学校にほとんど来ていないことを知る。ここで親御さんが子供さんを怒鳴りつけ出した。
    【なんでいかないのか!行け!】
    この言語だけが飛ぶ。
    理由に想像できなかったようだ。
    行かないわけがこの生徒に或ることをこの親御さんは適切に聞き取りや情報収集が不得手だったようでただひたすら子供さんが不登校になっていることに腹が立って直で子供に怒鳴るだけでしばらく過ごしていた。

    でも学校には行っていないし、授業は無論受けられないし、成績は落ちっぱなしだし、教師からは何の連絡もない。
    事情が分からずままにその状況が長期間続いて、結果この生徒さんは一年近く不登校になってしまった。
    高校入試という或る意味人生のこれから先の大學へか、就職かを、この段階で或る程度先行きを選択する時期、人生で最大の難関(高校入試というのは本人の成績で合格が決まるのではなく、合否の決定が実は中学教師が高校入試の合否を高校入試の試験の前に、半年以上も前に先に決定していた=大阪では)を、ここを超えるためには、何とか中学教師の評価の合格させてもらえるだけの、中学教師の決定、つまり内申書、合否の決定される決定の決め手はすべてこの中学の教師が作る内申書で決定される)を、この時期に登校拒否という運命にされてしまったわけだ。

    投稿日数が少なければ、しかもいじめられているという事実が教室で行われて尚且つ金銭の恐喝まで行われていたとなれば子の担任はすべて自分の評価に関わるのですべて何もなかったことにしてしまう。
    結果いじめも金銭恐喝も無かった事にされおまけに高校入試については登校日が少なくて満たされていないので当然教師はこの生徒の高校への進学はすべて落とせる祭典評価の通知表を創る。

    ごみ扱いで中学校から追い出すのだ。
    卒業させてしまえば、この担任の教師は、この生徒に関しての内容は、たとえ在学中の案件で会っても現状もう自分のところの生徒ではないから一切無視しだす。

    卒業さえして中学を出て行った時点で、その瞬間からどういう問い合わせどういう聞き取りの交渉をしようが校長はじめ同僚の教師、進路指導の教師に至っても、知らぬ存ぜぬを通しだす。もう、うちの生徒ではないので関われないんですなどということを平気で喋りだす。

    在学中にとんでもない痛めつけ、いじめ行為、金銭恐喝が起きていたとしてもだ。
    これは、教育委員会本部さえもまったく同じように、もううちとは無関係の子どもさんですからで通して来る。
    教育委員会も、全く同じ対応をやる。

    これが現実に起きていた事例がある。
    わたしの耳に入ったころには、もう金銭恐喝も加わり、一年近く続いて不登校は無論精神的にもその生徒は相当の恐怖心も抱くようになり、被害を受けているそういう状況の進行形の時期だった。でもその生徒はもう中学三年生という在籍状況になっており、中学の卒業は、もう間近に迫っていた時期。

    私がその生徒さんの自宅に行って早急に状況の事情r聴取をやると學校に告げたら教頭と生徒指導と担任がその日のうちに被害生徒の自宅に押し掛け、一切そういうことがなかったことのように処理しようとした。
    わたしには教頭から早速連絡が来て、

    【親御さんは警察への被害届を全く希望していません、〇〇さん(←私のこと)がこれに中に入ることを、拒否されています。今回のことは関わらないでください、一切ほっといて下さいとこういっていましたので我々で解決しますから生徒さんのお宅へあなたが自宅に行くことは絶対にやめてください】と伝えてきた。

    こいつら又隠そうとやってるなと思ったがでは私なりの解決をと思ってそのいためつけていた連中、首謀者生徒の三人を、学校の会議室の部屋に夕方に親と一緒に出てこさせた。
    【私がその親と子供に直接話をするから学校がそれをセットしろ】と言って。
    學校は全面断ってきたが強硬にそれをやらせて、ようやく実った。

    話しをしてからその首謀していた連中からの直接のいじめは一切行われなくなったが、いじめ行為自体は中学校内でまだまだ結構起こっていた。

    その話をした問題の生徒三人。
    このうちの一人が中学校を卒業後、どういう大学を経たのか知らんが、現状、実は大阪市教育委員会所属の現役の若手の教師をやっている。
    中学卒業後から私はその者とは会っていない。
    その犯行を繰り返していたその男とは顔を見ていないが、その時からもう十五年くらいが経過している。

    あれだけ犯罪と言える行為をやり続け、しかも私が知っているだけでも一年以上もの期間いためつけるだけいためつけ、一人の人間の人生に大きく影響を及ぼすような被害を与え、そのうえでこいつが今学校で現役で逮捕されることもなく前科もつかず、日本国籍に成りすまし日本民族の教師として、大阪市内の中学校で実は今も教師をやっている。奴も、もう30歳ごろか。

    それと、もう一つ、
    当時のその時の教頭は、当時は就任が一寸若いなあと思うぐらいでその後校長に昇格し、現在若くして校長に抜擢昇進して、もうあれから長い校長職での生活をやっている。
    そしてその当時のクラスの担任の教諭だった美術の女性教師は、その後姿が見つけられなくて、私もあっちこっちの学校などを探していたら、なんとなんと、大阪市教育センターで、こんな奴が何と教師を指導する教壇に立って、劣って悩んでいる現役の教師を一定期間指導するその教師役での壇上で指導主事の立場になっていた。
    教頭待遇の職席という扱い。

    呆れてものも言えない。

    いじめなど無かったと、痛めつけられていた生徒さんを必死で説得して被害届を出させずにこの案件をもみ消した。
    そういう連中がいつの間にか見えないように、裏で昇格を繰り返していたということ。

    霞が関の官僚が天下りの仕組みを作れば作るほどに昇格していくのと同じだ。
    都合悪いことを隠せば隠すほどに昇格するシステム。
    腐り方も半端ではない。

    一般国民の為ではなくてこういういためつけられていた生徒さんを救うのであればまだよくやったと解るが、それを痛めつけてまだ放置させしかもそれを黙ってろと告げて被害を訴えるなといったこの連中が、なし崩して消した連中が、それがなんと評価されたのだろう、その後一足飛びで昇格をしてやがる。

    【腐る世間は鬼ばかり】である。

    生きるところ周りは朝鮮民族、違法移民ばかりである。

    いためつけていた生徒の親も、朝鮮民族でありながら日本の国籍を何故か持っている
    違法移民。
    そしてもっと怖い怖いそのその時の教師も、その後昇格したこの連中らも、当時対応sで出てきた教育委員会の指導主事らも、課長も、やっぱり違法移民。

    日本っていったいどうなってるのかねえ。
    之でも日本国家と言えるのか!
    學校は人生で一番その子にとって初めに受けられるチャンスの時期だ。
    どういう人生を送りたいか送れるようになるのか夢を描いて学校に来ている。

    教師とこういう違法移民がその大事な大事な二度とこないこの生徒さんらの人生への希望、この折角の機会をこんな痛ましい内容で残酷に叩き潰す。

    このことで
    【後天性外傷性脳障害】というとんでもない後遺症が、その子の人生をもう取り返しの効かない障碍者にしてしまう。
    教師にこういう者が平気で採用されている現実。
    日本中の皆さん!
    もしもいじめにあわれている子供さんがおられたらすぐに警察へ!
    そして教師とそのいためつけにやってきている生徒の両親の家系図戸籍謄本の記載内容の真偽について裁判を行うようにお勧めします。

    東京警視庁であれば、加害者の家系について国籍、戸籍についての真偽、
    この内容はすぐに対応で戸籍謄本の真偽についてやって貰えます。
    違法移民で有れば、即刻で刑事的制裁を下すべくやればいい。
    未成年だから云々で拒否など関係ありません。

    ★違法国籍取得の事件扱いですから。
    年齢が子供だどうのなど無関係で国籍の違法性に特化させてそれで徹底してせめて叩けばいいんです。

  2. 仲井 より:

    【後天性外傷性脳障害】という症状を何年か後に発症してしまう障碍者になってしまう。
    社会生活が出来なくなり、特に人とのかかわりがまず無惨に出来なくなり、ただ自分だけで閉じこもり一人だけの世界しか見ようとしない状況の症状になる。

    >(判った時点で)徹底して攻めて叩けばいいんです。

    この姿を、子どもさんに目の前で見せてあげることです。

    父親が、母親が、それとも誰かが、この被害を受けた子供さんの代わりに徹底して相手に対して闘ってあげるのです。
    この闘っている姿を、この被害生徒に見せてあげる。
    これによって多少精神的に ”ほっと感” というかこの子にとって多少はそれ以降の人生、社会とかかわって自分は生きて行ってもいいのか、いけるかもという思いを、これを思い出すことになるかも。

    生きて行こうかという第一歩を、そういう経緯を越えて行かないと、こういう子供さんはほぼ埋もれて社会から見捨てられて、生きていることさえ誰も気付かず、人生を消えた人間のように生きてしまう。

    この、親とかが、こういう事態になった時、徹底的に闘う姿勢を子供さんに見せてあげるべき、そうしないとそのままで死んだような人生になってしまう子も出てくる。
    闘うことを見せてあげることで、この人間社会はやることが大事だということをこの子供さんに思い出させ、何かを見つけてその後の人生を踏み出してくれるようになるかも。
    【DV被害】を受けての後遺障害とは、これとは違う症状が出るこの
    ★【後天性外傷性脳障害】という内容は、
    これは全国で恐らく埋もれ、誰にも気づかされずに自宅などで埋もれて自分の意思での外にも出られずに、もんもんと家で過ごしているという生活で一生を送らされている子供さんは、実態はものすごくいてるはずだ。

    性格異常だとか、発達障害だとか、神経分散による神経症だとか、精神の神経症等の病だとかいう診断で、でもこういう全く違う原因での間違えた内容で取り繕われている場合が多いと思える。

    具体的症状で言えば、
    部屋でいてて、周りの家具を見ても彼の目にはそれら家具がその目で捉えた家具その本体のみしか目に入らない。つまり家具が部屋で空中で浮いているように、家具を置いている床も見えていない、ただ家具がそこで浮いてそこに存在しているというだけにしか見えていないという症状。
    車の運転をしたら道路上には車しか見えずに道路の舗装道路自体が全く見えていないという症状。

    青信号で歩道を渡るとき、信号を見ていたらその信号機だけと歩道を渡ってくる人間だけが本人には眼に見える。他の周りの景色も歩道自体も建物さえも一面はすべてが無地状の板面の、白色の濁った壁のような状況にしか見えていずに、そこに何かがあるというものが一瞬見えない。
    眼で追って慎重にそのもの一点を目で凝視すれば、初めてそこに何かがあることはしばらくして気付く。
    普通に周りを見渡した時には、見えるのは人間と、その直接自分に向かってきている其のものだけに限られてしか見えない。
    他は白色の濁った白い面でしか、一切見えていない。
    人間だけが見えていて、その横断道路の歩道も信号も電柱も周りの建物のビルも何も見えていないという症状。

    仕事に会社に採用で入っても、会社の事務机の間を歩いて通過するとき、それぞれの机上のものを、バタバタとそこらじゅうで落としながら歩いて通過してしまう。
    【落としてるぞ!気をつけろ!】
    と言われても、本人にはそこには何もないようにしか見えていないので、なんで自分が机の上の物を落としたのかも気付けないのだ。

    自分がそこらじゅうの机の物を落としながら歩いていることに本人が気づけていないのだ。眼で見ている一点しか見えていずに、周りは白濁の画面の何もない画面になっているのだ。玄関に入るとき入り口の他人の靴をそこらじゅうに踏み散らすようにしてしまう。そこに、入口の玄関には靴も何も、何もないようにしか彼の目には見えていないのだ。だからただ自分の靴を脱ぐだけで底には何にもないので自由にただ脱いだだけだが結果他人の靴を踏みつけたり散らしたりやってるわけだ。本人は全く自覚できず何が起きてるのかにも気づいていないし怒られ注意されている意味も自分で気付けないという所まで行くのだ。
    結果社会で仕事はできないということになってしまう。
    何処に行ってもクビ宣告で解雇されてしまうのだ。

    これらが、
    【後天性外傷性脳障害】の典型的症状。

    こういう事が起きてしまうほどにこの学校での長い期間のいじめ行為、暴力行為、こういう事の結果がこういう子供さんを作ってしまう恐怖をこういうことを学校の教師は真剣に思い知ることだ。
    つまり一番心配なのは、
    この朝鮮民族の違法移民状況の教師が、果たして人間を大事にしようなどという発想をそもそも持って生まれて出てきているのかが、私はそこが一番、非常に疑問なのだ。
    違法移民の状況で、ただでさえ違法状況の内容の国籍戸籍でビビって生きてきている者が、果たしてこういういじめられている子供さんのことで教師として本気で真剣に救ってやろうなどという発想が、本当に持てるのかを、心配しているし、私はまず無理ではと思っている。

    教師という職業は非常に難しく毎日悩むことも多い仕事だと思う。だが少なくとも生徒を守れるのは学校内においては少なくとも教師しか現状対応できない。
    ★教師に適しているかを採用段階で選ぶのは難しいだろう。
    だが肝心なのは何か問題が出てきたら、しかも生徒の人生を棒に振らすかもという状況の内容で真剣に対応しなかった教師は即断で懲戒解雇してもいいと私は思っている。

    ★教師という仕事はそういう意味を持つ仕事なのだ。

トップへ戻る