松井知事「(自民、教育無償化に反対続出)教育の機会平等を軽んじてる国民を見てない政治家の集まり」定例会見 2017.8.2

「内容」
(公務関連)
・夏休み期間中の子どもの安全確保について
・質疑応答
(政務関連)
・質疑応答(世耕大臣留任・自民、改憲での教育無償化に反対続出)

(タイトルのシーンから再生します)


松井知事
反対している人達は、今の教育の機会平等を軽んじてる人達なんだろう。これこそが少子化対策に繋がる事も理解できない、そういう国民を見てない政治家の集まりなんだろう

反対なら反対で結構!維新はそれを公約に戦っていく

予想通りの反応が出てきましたね・・・

自民改憲本部 「大学無償化」明記に反対論相次ぐ  :日本経済新聞
「自らの意思で大学に行かない人もいる。公平性の観点から問題だ」(石破茂元幹事長)
「3兆円以上の財源が必要で、国民は納得しない」(山谷えり子氏)

教育無償化は反対論一色 首相主導の改憲議論、自民迷走:朝日新聞デジタル
「教育無償化は現行憲法のもとで政策議論でやっていくのが正しいと思う」(河野太郎)
「わざわざ憲法論議をしなくても法律事項で十分できる問題だ。なぜこの問題を(議論)するかというと、まさに憲法改正を目的化しているんだ」(西田昌司)

足立議員も、かねてから指摘していました
9条改正より、実は教育無償化の方がハードルが高い

この日の朝は・・・昼間はもちろん国会そして、夜はラジオに出演・・・寸暇を惜しんで活動ぶりに、頭が下がります。(番組紹介ページよりJAM THE WORLD : J-WAVE 81.3 FM RADIO)テーマは「教育無償化のハードルとは何な

この件では
自民も民進も、仲良く一致

分かる人には分かる

「教育無償化」が、教育界の既得権・秩序をひっくり返す可能性を秘めている事・・・

本音を隠して、何かと理由を付けて大反対

憲法に明記して、固定化する事を絶対に阻止したい

法律なら抜け穴はいくらでも作れるし、(予算が無いとか理由を付けて)いつでも止める事が可能・・・

いいんじゃないですか!

維新が際立つチャンスですよ!

教育無償化反対「国民見ていない」 維新・松井代表、自民改憲本部を批判:朝日新聞デジタル

無償化していない
「幼児教育」と「高等教育」

無償化されている「小学校・中学校」

比べてみれば一目瞭然

利権や天下りが、どれだけ存在しているか?

所得によって、受けられる教育に、どれ程の格差が存在するか?

コメント

  1. ダイスケ より:

    話題の今井 絵理子議員。新幹線も神戸滞在のホテル代も税金使ってんだろ!説明しろ!税金が1円でも入ってたら辞職な!

  2. 仲井 より:

    ・夏休み期間中の子どもの安全確保について
    ・自民、改憲での教育無償化に反対続出

    ★松井大阪府知事の会見は、いつもながら、本当に偏らずの、明確に、非常にわかりやすくが見本のような自治体トップの知事の定例会見である。

    もう大阪の記者らのこんなレベルの質問にも、記者らのこじつけにしてでの愚劣な質問にも、
    松井知事は、そこは置いておいて、こんな記者の背後にもやっぱり存在する国民向けに非常にわかりやすい言葉で、しかも漏れることなく物事を丁寧に語ってくれる知事になっている。
    松井さんには、さすがだと、私は敬意を表したい。
    全国の自治体の知事が全てこれぐらいの中身での答え方をやれるようになれば日本の行政の改革はものすごく一気に進むことだろう。

    ただでさえ困難な財政の使える部分の予算の中で、国民から見ても正常な配分の状況に持っていけるように明確な理由付けをやりながらの、しかもその中から浮き彫りになるものを課題解決に向けて、しかも現場でのサービスは落とせず、その状態でも一段と上乗せで進めねばならんこの状況で、知事の仕事は本当に大変で、本当にぎりぎりのところでせめぎ合いながら非常に頑張っておられる。

    我々は大阪で住めることへの将来を希望を持てる状況にもっていこうと本当に頑張っておられる。

    多分もう性格だと思う。
    橋下さんにしても松井さん浅田さんらにしても、基本はもう性格からくるものだろう。
    この人たちは、性格的に、行政というのはここまでやって当たり前だというそういう思いがものすごく強いのだろう。
    正に日本の国民が求めていた政治家の本当に見本のような状況でやってきてくれている。
    そうはいってもそれぞれ一人で全部を目を通すことなど不可能で、その意味で行けば、まだ目がいっていない、知事の目が届けない部分は、そこは今後もまだまだ出てくることだろう。ひとたび目に届けばその都度その都度対応が行われてきている。
    これはもう日々ものすごいスケジュールの中、実務に追われながらも、大阪市長の吉村さんも、遅れずに同じように頑張っている。

    ★憲法の条文に入れていくという教育の無償化法案は、これは何が何でもぜひ実現に向けて国に対して毅然と立ち向かっていただきたい。日本維新の会の一丁目一番地にも匹敵する信条。

    ★全国でも現在急激にこうなってきているのかもわからないが、そうかもしれないが、こと大阪府大阪市で私が確認したことで行けば、一つ大阪で教育の現場で、いや問題の本質は実は教育委員会の方かもだが、私自身が非常に懸念している懸念材料として浮かび出した気になることが起きている。

    現状世の中での、卒業生の将来の就職先での就職先での希望の一位は、公務員ということになりだしている。一位に公務員という状況に成っている。
    【給料も職場での身分保障でも守られていて安定しているから】というのが一番の理由らしい。
    ここで全国の人にも聞いて見たいが、
    【学生が卒業して、就職先で自分が公務員になる場合に、どうすれば、どういう順序、どういう形でやればより有効に公務員の立場になれるのか、公務員として職場に採用されやすく、入りやすいのかを、それを一度でもいいですから考えてみてください】という質問をしたい。

    現状公務員採用に当たっては、最近の動向で、採用の合否を決定する人事採用担当部署は、橋下さん以降の大阪はそこは無論だがそこそこ前のように親族だからだとか職員自身の自分の子供だからだとかのこういう不正採用だとかのコネだけでの採用というのが困難になりだしてきて入る採用基準の枠が厳しさを増してきている状況。

    そういう状況になりだしている所で、でも、実は公務員に採用されやすい職場が、これの応募をやればまだ簡単に公務員という立場に自分が成りやすいというそういう形で存在している職場があることに、これに日本民族の一般国民はまだ気づいていない。

    だがそこは朝鮮民族で、いち早くそれに気づき、誰よりも公務員を目指す朝鮮民族奴隷上がりの者らは、この抜け道のようなこの穴を通ろうと、公務員になるためにはこの道を選べばすぐに採用されて自分が公務員になれると。

    今その部署に日本の国籍を騙し取って日本人に成りすましている朝鮮民族がこぞって公務員になろうと、その部署に応募者が殺到していることを日本全国の、この本当の日本人はこのことをご存じか!
    ★盲点になっていて気付かされていないのだが。

    全国で起きている学校現場での多くのトラブル、モンスター父兄だとか、朝鮮民族の子供らによる非道ないじめ内容にしても、生徒間での民族の違いでの意識の違いから起こるひいきの意識だとか、妬みの意識だとか、恨み嫉み、陥れだとか、もう昔の日本には無かった、昔は無かったこんな内容がクラスの教室の中の現場で多発して起きているこの現状は、教師が平常心での執務が非常にむつかしい状況に追い込まれているこの学校の現場。
    ここに実は、今この朝鮮民族学生(日本の国籍に化けた者ら)が、目的はただ公務員になりたいがための行政職での公務員枠での採用は現状非常に厳しい枠があって難しいので、奴等は奥の手を考えてきた。
    学校の、其れも公立の教師になりさえすれば、無条件で公務員になれると、だから本人らは學校の教師になる事がそもそもの目的では無くて、目的は公務員になることが目的での、こいつらは公務員になるためにはこの学校の教師になることが採用がよりたやすいということに気づいたのだ。

    もうこの目r戦という過去の公務員という者への執念というか奴隷上がりで虐げられてきた身分制度の底から日本で抜けて日本国籍を騙し取り今度は公務員という朝鮮での身分を取りに彼らは今必死で今日職員採用の応募窓口の受付にものすごい数が殺到している。

    ここ数年間、学校の教師は非常に厳しい職場でいじめとか大変だということで日本民族の生徒さんはちょっと敬遠しだして来て、本当に学校の教師になって子供たちに教えたいというそういう生徒さん卒業生が日本人学生の間では本当に居なくなりだした。

    一気に日本人学生による教師志望の、応募が眼に見えて激減しだした。

    昔我々の時代にも日本人の頭のいいものは公務員になど誰も希望しなかった。落ちこぼれたどうしようもない者しか役所になど就職しようとも思わなかった時代があった。
    当時も日本人が嫌がっているこの公務員の職場に、日本国籍をだまし取った朝鮮民族がこれはしめたとばかりに、一斉に公務員志望で騙してとった日本国籍の状況で応募し公務員に採用された。
    そのあおりで公務員が一人でも居てる家族には親族でほかにも大勢が公務員になっている。
    朝鮮族が狙い通りに日本でこの公務員という彼らが思っている雲のような高い身分というものを得たのだ。
    コネというとんでもない不正採用を使って。

    これがコネでの不正が横行していると話題になりだし、一寸厳しく採用基準が行われだしたが、この状況で実は漏れて抜け穴が実はあって、教師の採用枠だけはここだけは公務員になる一番の簡単でほとんどが無条件で採用される仕組みがあり、それをこいつらは教師になるのが目的ではなくて、目的は【公務員】になるのが目的で応募し教師として採用されている。

    だから教師という才能も資質も本来毛頭持っておらず、目的は公務員になることだけが目的だから当然生徒への教師という内容での対処、こんなものは初めから持っておらず、回り周辺で見えてくる利権、既得権、ここに一気に食いつく。

    わたしの子どもの二人の、それと同級生が3人、中学教師として大阪市教育委員会所属の教師になっている。この教師に今なっている三人は、いずれも地域の小学生中学生時代は、学校でも有数のとんでもないまるでドロボー集団の様な愚連隊顔負けのもう教師も手を出せないほどの悪で恐喝でお金は脅し取るはもう無茶クチャな生徒だった。

    教育委員会は教師の採用に当たってはプライバシー法案があるからどうのこうのと言って何の調査もしてはダメだと言う理由を作ってこういうこいつらの様小学中学ととんでもない状況がある生徒を何の学生時代を生活行動を調査もせずに教師に、教師に採用している。
    とんでもない人事担当である。

    全国で起きている現状の教師の起こした犯罪、事件化されたものを含め懲戒処分対象で7000人ほどが処分されている。
    それも女性生徒に対してとか、とにかく女性への犯行、卑猥事件が激増している。
    これは日本人とは違う女への意識の違いが民族による違いが如実に表れている事実だ朝鮮の韓国の礼で行けば婦女暴行強姦事件が世界でも突出して多い国、民族。
    ましてやまだ数十年前までは近親相姦が普通に行われていた国、民族。

    ここにもこの裏付けが出てくる。

トップへ戻る