【大阪W選】もし、共産・民主が応援する(自民)柳本氏が市長になったら、復活しそうな施策・補助金

橋下市長の市政改革プランで見直された施策・補助金
野党や各種団体から、猛烈な反発がありました。

共産・民主そして各種団体が応援する(自民)柳本氏が市長になったら、
「元に戻せ」と言う声が上がるのは必至。

共産・民主・各種団体が、なりふり構わず応援する真の目的はソレですからね・・・

以下に復活しそうなものを書き出してみました。

敬老パス再無料化 → 約30億円必要(さらに年々増加の見込み)
(システム改修に200億円が必要)

高齢世帯上下水道、料金減免 → 約40億円(さらに年々増加の見込み)

国民健康保険料限度額引き下げ措置 → 約10.7億円

見直された補助金復活  → 約12億円
(地域振興会・社会福祉協議会等の補助率引き上げ等)

赤バス復活 → 約10.7億円

新婚家庭家賃補助 → 約30.1億円

そして・・・
公務員の人件費を以前の水準に → 約57億円

ここにあげただけで、
毎年、約191億円
の予算が必要になります。

そうそう・・・
市議会議員の給料を上げるでしょうから(月10万)、
さらに、約1億円必要です・・・

柳本氏、応援してもらった手前断れないでしょうね・・・

そのツケは、現役世代・将来世代に回して知らんぷり・・・ですかね・・・

このような、未来を迎えないためにどうしたら良いか?

大阪市民、特に若い世代は真剣に考えて欲しいと思います・・・

「敬老パス」あなたが支払う「50円」は、大阪の「未来」を作っています。
未来を担う子どもたちのため、そして、安心して長生きできる未来のため。

・介護が必要な人が、待たずに入れる様、施設の建設費に
・一人暮らしや寝たきりのお年寄りを、しっかり見守る制度に
・こどもの医療費助成に
・子育てをしながら働くお母さんの支援に
・塾で学びたい中学生の助成に
・猛暑から子どもを守るため、学校にエアコン設置
・バランス良くしっかり栄養が取れる中学校給食に

P.S.
市営地下鉄は民営化を先取りして初乗り運賃を値下げしましたので、民営化しないでいると、「20円+消費税分」値上げされることになります。

関連
橋下市長「自民党・民主党・共産党の大阪市政では、中学校の給食ひとつすら実現することができなかった」11/6のツイート
橋下市長「天下の自民党が、共産党の応援を受けないと我々と勝負ができないのか?情けない」街頭演説 動画集 2015.11.6
12もの各種団体、都構想反対。また「補助金・随意契約・公務員厚遇」復活で、大阪に未来はあるか?

「維新」「増税なし」で大阪でやったこと
・私立高校無償化
・幼児教育無償化
・大阪府大・市大授業料無償化(2020年度より)
・中学生塾代助成制度(月額1万円)
・中3まで医療費実質無料(高校生は1回500円)
・授業用タブレット導入とクーラー設置
・水道料金値下げ
 など
「維新の会」が、これまで行ってきた改革の数々

日本維新の会 – 未来共創ラボ produced by 日本維新の会 – DMM オンラインサロン
「未来共創ラボ」は、参加者が国会議員、首長、地方議員らと一緒になって日本の課題解決のための政策をつくり、実際に議員立法や国会質問を通して国会に政策提言をしていく日本初の新しい政治参加の仕組みです。

ブログランキング参加中、応援クリックが励みになりますm(_ _)m
にほんブログ村 政治ブログ 政治情報へにほんブログ村

記事をシェアして頂けると嬉しいです

ブログをフォローする

コメント

  1. 匿名 より:

    これが大阪自民の言う「まっとうな大阪」なんでしょうねw
    「俺達の支持層・団体へのバラマキの金何削ってくれとんねん」
    と怒って維新に「大阪をめちゃくちゃにした」と騒いでるんでしょう。

  2. 先憂市民 より:

    >なおさんへ
    ご指摘の部分、修正して見ました。(元コメントは削除します)

    (以下、「なお」さんからのコメント)

    [つなごう!OSAKA]

    「明るい民主府政」のチラシ

    「維新」で府・市政の8年間として   注( )は反論。

    ・経済・財政=全国以上に落ち込み借金が増えました。
    (その根源は誰が作った?国策によるもので表面上の数字だけの批判でご都合主義の騙し)

    ・くらし・福祉=大切な施策の廃止や削減が続きました。
    (大局的見地から公平を期して限られた財源の中で考えるべし。府の学校警備員補助廃止、住吉市民病院の廃止、幼稚園の民営化、解雇事由特区計画を挙げてるが問題なし。それが改革。現状維持は前進がない)

    ・民主主義・教育=対立を煽り、政争に明け暮れてきました。
    (対立してるのは反対派。だらだら意味のない話で時間を潰して議論をしない検討ばかりの議会。議論では対抗出来ないので話が長い、独善的と話をすり替えてるだけとしか思えない。)

    その他で「身を切る改革」の批判。
    ・政務活動費の不正使用ゾロゾロ
    ・退職金ゼロ。実は手取りは345万円増。
    ・「維新の党」分裂政務助成金分捕り合戦
     (政策で対抗出来ず言うに事欠いて関係ない話で対抗出来ると思ってるらしい。惑わされてはならない。)

    公約は
    「二重庁舎をなくす。教育の立て直す」
    「敬老パス50円徴収をなくします」

    それだけ?

    具体的な施策は無く批判と中傷だけ。
    輝く街、まっとうな大阪と抽象論ばっかり。
    絵空事。

    テレビでは経済発展と言うが票が欲しくての空手形としか思えない。
    具体的に計画を示すべし。

    都構想説明が足りないと言い続けてた反対派、納得させてください。
    テレビの司会者どちらも大阪を考えてると言うが本当に大阪を考えてるか疑いたくなる。

  3. 京都の住人 より:

    我が町の自治会長は物分かりが良く、親身になって困り事や悩み事にあたってくれていますが、あるとき街中で共産党のビラを配り、トラメガで「戦争法案反対!」と叫んでいるところに遭遇してしまいました。防犯活動としてのパトロールなんかにも先頭をきって参加されていますが、破防法対象組織に加担してもなお、何か美味しいことでもあるのでしょうか?あえて裏を知りたいとは思いませんが、どうも解せません。政治、信教の自由は尊重していますが、うそ八百並べてまで票を欲しがる態度振舞いは、京都も大阪もまったく一緒ですね。

  4. k。o より:

    一番は、[太字]職員基本条例[/太字]とか「[太字][色:FF0000]職員の政治的行為の制限に関する条例[/色][/太字]」とかじゃないですか?

    [太字]ヤミ専従の復活を願う、公務員[/太字]に向けてのメッセージが多いですから。柳本は。

    で、当選した暁には、自分の給与をアップし、[太字]労組の給与をバリ高し[/太字]にし、[太字][色:FF0000]大阪夕張化構想[/色][/太字]を実現させるといった具合に。

トップへ戻る