【大阪W選】橋下市長(維新の会)が充実させた「教育施策」と吉村候補の「公約」まとめ

大阪市、橋下(維新の会)市政で充実した「教育」について、市民に身近なものをまとめてみました。

①熱中症から児童を守り、快適な教育環境をつくるため、小学校(約300校)中学校(約130校)へのクーラー設置
・橋下市長の前、平松市長の時は、改革を行わなかったため予算が無く、やむなく、学校にゴーヤとヘチマを植えることを指示しました・・・

②朝食抜きで登校する学生も多い中、バランス良くしっかり栄養が取れる中学校給食の実施
(維新・吉村候補)冷たいと不満の出ている所は、順次、温かいものに改善し、6年後までにはすべての学校を改善する。

③子どもの「学びたい」を支援する月額1万円の塾代助成事業
【ご存じですか?】大阪市の塾代助成制度、この秋から中学生の約50%(3万人)に拡大されます。
(維新・吉村候補)この制度を継続し、対象者を更に拡大する予定。
(柳本候補)この事業に反対。支援する民主党・共産党も反対。

(柳本氏:塾代助成制度を取り上げて)
「今現在塾通っている家庭が、さらに助成を受けて、お父ちゃんの小遣いが増えてパチンコに行っている(かもしれない・・・)」と発言し批判しています。
(その発言動画はこちら)

さらに、教職員組合に支持され、対立候補を支援する共産党も、「公」教育以外に予算を付けることに猛反対しています
つまり、公務員以外がする教育は認めないと言うスタンスです。

柳本氏が市長になれば、残念ながら、見直しまたは廃止されるでしょう。

④学びへの「知識・理解」、「関心・意欲」を高めるため、学校にタブレットPC、電子黒板、デジタル教科書を導入
(維新・吉村候補)さらに、プログラミング教育の推進します。

⑤ネイティブスピーカーを採用して「コミュニケーション」指導を実施(現在27校)など、英語教育の充実

⑥小学校・中学校の「校区」を撤廃する、学校選択制の導入
→希望すれば、大阪市内どこの学校でも通うことが出来る。
(柳本候補)この制度に反対。支援する民主党・共産党も反対。

(維新の会が大阪府政で拡大した教育施策)
・家庭環境によって将来の進路を諦める事が無い様、私立高校等授業料支援制度(私学無償化)
→私立高校等の授業料を補助して、原則「無料」にする制度。公立高校と同様の負担で通える。(全国47都道府県、唯一!)

私立高校生等に対する授業料支援について(大阪府HP)

維新の会・吉村洋文候補は、橋下市政を引き継ぎ、さらに改革を行い、もっと「教育」を充実させていくと宣言しています。

吉村候補が掲げる、さらに取り組む教育施策
・学校図書館の充実
・体験型土曜授業
・特別支援教育の充実
・不登校生に対する支援、フリースクールの充実
など・・・

この教育施策、続けて欲しいですか?拡げて欲しいですか?
それとも、
取りやめ、縮小方向がいいですか?

橋下市長(維新の会)が充実させた「子育て施策」と吉村候補の「公約」まとめ
橋下市長(維新の会)が充実させた「くらし・高齢者施策」と吉村候補の「公約」まとめ

大阪ダブル選挙 「大阪維新が変えた私達の生活20のコト」~投票前5分チェック~(NEVERまとめ)

(大阪維新の会)
大阪市政実績集.pdf

大阪ダブル選・特設サイト
大阪ダブル選・マニュフェスト

(11/11ネット討論会)
「市長選候補者 吉村洋文・中川暢三・柳本顕」

関連
橋下市長 テレビ生出演「(視聴者の声)学校の設備が本当に良くなった、ので『やめないで』」2015.10.30
・(このしわ寄せは教育予算に・・・)もし、共産・民主が応援する(自民)柳本氏が市長になったら、復活しそうな施策・補助金
かつてこんな選挙活動があっただろうか?本当に若者世代を考えた「語り掛け」。とにかく観て欲しい、あなたの未来の為に!

「維新」「増税なし」で大阪でやったこと
・私立高校無償化
・幼児教育無償化
・大阪府大・市大授業料無償化(2020年度より)
・中学生塾代助成制度(月額1万円)
・中3まで医療費実質無料(高校生は1回500円)
・授業用タブレット導入とクーラー設置
・水道料金値下げ
 など
「維新の会」が、これまで行ってきた改革の数々

日本維新の会 – 未来共創ラボ produced by 日本維新の会 – DMM オンラインサロン
「未来共創ラボ」は、参加者が国会議員、首長、地方議員らと一緒になって日本の課題解決のための政策をつくり、実際に議員立法や国会質問を通して国会に政策提言をしていく日本初の新しい政治参加の仕組みです。

ブログランキング参加中、応援クリックが励みになりますm(_ _)m
にほんブログ村 政治ブログ 政治情報へにほんブログ村

記事をシェアして頂けると嬉しいです

ブログをフォローする

コメント

  1. 京都の住人 より:

    橋下氏が府知事当時、「高校生との懇談会で女生徒を泣かす」と全国ニュースになったことがありました。公立高校に家庭の事情で行けず私立高校に行っているので、補助金を下げない欲しいという要望に対し橋下知事は、義務教育ではないので簡単には譲歩できないと冷たく言い放ちました。でも、いまどうなっていますか?今でいう、スッゴイことですよ。何も心配なしに高校生活を送れるんです。維新であったからこそです。ただ、強酸を飲まされた方々に、是々非々で賛成に回り、まるで強酸の手柄のように発言されているのにはビックリしましたが(笑)

  2. ゼータ より:

    某京大教授さんが週刊新潮でおおさか維新を誹謗中傷してますね。
    これだけの実績を残してるのに。
    あの教授さんは訳が分かりません…。マスコミも。

    マスコミや教授さんの方が嘘つきで騙してると思いますけどね。

  3. Keisuke より:

    塾代助成バウチャー月1万円は、現金で配るのではなく「塾代助成ガードで」支給されていますので、パチンコに使われることはありません。

    先日「大阪市をよくする会」の違法ビラが投函されていたので警察に通報しました。
    こういった事実でない話を相手候補がしていることも積極的に通報することが必要です。

    平野区はじめ住民投票反対多数の地域は予想以上に手応えがなく苦戦しているようです。
    また、吉村さんの知名度が浸透しておらず、橋下さんが候補者だと誤解している有権者も相当数いるようで、無効票が増える危険性も現実味を帯びてきています。

  4. 仲井 より:

    東大の教授で本当の日本人はほぼいないという所から入ってちょうどいいぐらい、実は日本民族の出の日本人は今東大の教授では見つけるのに苦労する。
    もうほとんどいてません。

    歴代の東大の総長の名前を順々に見てみてください。
    日本民族の本当の日本人の東大の総長は、歴代の中でどのくらいいてたかを。

    山崎豊子が問題提起した国立浪花大学を取り上げた白い巨塔という題材は、彼女が一番追及して題材で実態を知らせたかったその本質は、
    実は東大や阪大、京大や日本のいわゆるトップの大学が、以前とは違って心実態変りが起きている。
    しかも彼女が題材に出したのが大阪の大学を出したところが意味が非常に大きい。
    普通なら題材を東大を出したらいいものを、なぜ彼女が大阪の大学にしたのかを考えればその意味が解る。

    大阪という場所が、この地域で国籍騙し取りという内容が物凄い勢いで起きていたことが彼女のペンを動かしたのだ。

    彼女はあの小説で実は特に国立の大学が、そこの教授というレベルの者らが急速に異常なほどに朝鮮人化してきていることを指摘したのだ。
    朝鮮民族に占有で犯されだし、実態の機能が日本本来の阪大の機能から、朝鮮流枠組み志向の、彼ら民族が行う独特の機能運営の仕方、朝鮮高麗のやり方、権力肩書至上主義に成り代わったという実態を、これを国籍騙し取りの内容と重ねて鋭く見つけて、これを日本国民に知らせたかったのだ。

    松本清張の砂の器も同じ、
    朝鮮人がこの大阪で日本の国籍を騙し取り日本人として日本人に平気で成り済ましそれがもうものすごい状況で起きていると清張はそれを指摘したのだ。

    朝鮮人という内容を、清張独得の発想で朝鮮民族戸籍を、これを実に旨い対象を出したと思うんだが清張らしい【ライ病】という内容に置き換えて、
    これを表で出して、いかにもライ病が世間で忌み嫌われるという内容で朝鮮人内容と置き換えて、取り上げて、朝鮮人がその村で及ぼしていた内容と符合させて、でも清張はこの推理小説で絶対に表現したいそもそもの目的の、
    【他人の戸籍に違法に勝手に入り込む、戸籍謄本を改竄して他人に成りすます、しかも朝鮮人が日本の国籍に】というこの内容。

    これをどうしても表現の中に入れたかった。
    そもそもこの内容を先に掴んで、清張はこの推理小説砂の器を書くことを思いついたと思われる。

    大阪で起きていた物凄い数のこの日本の国籍を騙し取っている不法朝鮮人内容を、清張は何かのきっかけで知ってしまい、つかみ、
    【砂の器】の推理小説を発想したのだ。

    だから主人公の本名が秀夫の父が朝鮮人だが、それをライ病患者という形に置き換えて推理小説に表現したのだ。

    犯人になる本浦秀夫が幼い頃に日本人風の老夫婦が空襲で焼かれそこの一家がすべて死亡して大阪の法務局の戸籍住民基本台帳の原本が焼けて焼失したこの一生に一度あるかないかのチャンスをまんまと利用しこれを良い事に、勝手にこの老夫婦和賀家の養子としてこの夫婦の戸籍に入ったことにし、日本でこの家系の家族の戸籍を勝手に作り上げ、その家族の戸籍家系図に入り込み、和賀英良としてその後を生きていく。
    しかもその死んだ家族の人の全く知らぬ間にその人らの戸籍の中に入り込み、戸籍ごと勝手に入れ替えた時点で、その住所地の浪速区恵比寿の住所地は即刻で戸籍の場所はすぐに売り払い引き払って、その地域にいてれば知人が生きていればバレるので、身元がバレ無いように違う地域に引っ越し、住居土地を勝手に売った金額をもとに、違う地域で住居を見つけ住民登録をし、そこでは本浦秀夫という本来の名前を全く消して、和賀英良として生き、それ以降は和賀英良として全く別の国籍戸籍で生きていく流れに描いている。

    東大で日本民族の日本人教授を探してもそう簡単には見つけられなくなっているほど。

    朝鮮人が一番好む肩書、これが阪大よりも東大、
    兄弟よりも東大、
    こういうことだ。

    だから今現状東大には日本人教授がほとんどいなくなりノーベル賞の対象にもなりにくいほど朝鮮流研究所になっている。

    まさしく白い巨塔の優れた能力より挑戦流権力肩書しか彼らの大事なものは無いのだ。

    韓国でソール大学以外の教授が馬鹿にされるのと全く同じ構図。

    日本は今まさしく朝鮮人が主体になっている。

    大阪の自民共産が手を結ぶ基本部分は、
    互いに朝鮮流の仲間同士なんですよ。

  5. いい加減にしなさい より:

    よく「学力向上ばかりの競争社会に」と批判的な意見もありますが、来年からエンパワメントスクールが高校で始まります。

    中学校までで学力について行けなかったけど、このままじゃあかん!とやる気のある子に対して、もう一度基礎的な事から教えてくれる学校です。

    今まで見捨てられてきがちな子供逹をギリギリのところで救い上げるすばらしい取り組みだと思います。

    ぜひ、成功してほしいですね。

トップへ戻る