【大阪W選】橋下市長(維新の会)が充実させた「子育て施策」と吉村候補の「公約」まとめ

大阪市、橋下(維新の会)市政で充実した「子育て」について、市民に身近なものをまとめてみました。

妊婦検診の実質無料化
→約10万円までの検診費用を無料に

待機児童ゼロへの対策
→保育所整備、保育ママ事業の拡充、保育人材の確保など
(維新・吉村候補)さらに対策を進めて、平成31年に待機児童ゼロ達成予定。

こども医療費助成の拡充(自己負担、最大月額500円)
→それまで6才までだった通院医療費助成を、(原則)中学卒業(15才)までに拡大
(維新・吉村候補)対象者を18才まで拡大します。

こども難病医療費の助成
→これまでの制度の対象外だった小児難病患者に助成

ひとり親家庭に対する支援
→ひとり親家庭の病児病後時保育事業や保育所保育料に対して支援

児童虐待対策を強化
→一時保護所の増設、児童福祉司の増員、児童相談所の新設
(維新・吉村候補)さらに、小規模児童養護施設やファミリーホームの整備を進めていきます。

これらの施策の財源は、すべて「改革」によって生み出されました。

・市長報酬・退職金の大幅カット(総額約7600万円)
・公務員人件費のカット(約57億円)
・敬老パス一部有料化(約30億円)
・高齢世帯上下水道、料金減免廃止(約40億円)
・大きな赤字出していた赤バス廃止(約10.7億円)
・使い道に疑念があった補助金の見直し(約12億円)
など・・・

維新の会・吉村洋文候補は、橋下市政を引き継ぎ、改革を継続し「子育て」施策を更に充実拡大していくと宣言しています。

吉村候補が掲げる、さらに取り組む子育て施策
経済的に恵まれない家庭の子どもたちへのサポート体制の充実
産科、小児科医療の充実
(ハイリスク分娩に対応できる府市共同住吉母子医療センター開設など)
第三子以上の子どもへの助成・補助
子育て世代の市営住宅の入居枠拡大
子育てスタート応援券の配布
(子育てをサポートするサービスを利用できるバウチャー券)
企業内保育所、官庁内保育所の地域開放
など・・・

一方、(対立候補)柳本氏とそれを支援する共産党は、上に挙げた財源を作った改革を「改悪」と批判しています。
もし、これらの改革を止めてしまうと、財源が無くなり、「子育て」施策の継続は出来なくなるでしょう。

この子育て施策、続けて欲しいですか?拡げて欲しいですか?
それとも、
取りやめ、縮小方向がいいですか?

橋下市長(維新の会)が充実させた「教育施策」と吉村候補の「公約」まとめ
橋下市長(維新の会)が充実させた「くらし・高齢者施策」と吉村候補の「公約」まとめ

(大阪維新の会)
大阪市政実績集.pdf

大阪ダブル選・特設サイト
大阪ダブル選・マニュフェスト

(11/11ネット討論会)
「市長選候補者 吉村洋文・中川暢三・柳本顕」

関連
かつてこんな選挙活動があっただろうか?本当に若者世代を考えた「語り掛け」。とにかく観て欲しい、あなたの未来の為に!

「維新」「増税なし」で大阪でやったこと
・私立高校無償化
・幼児教育無償化
・大阪府大・市大授業料無償化(2020年度より)
・中学生塾代助成制度(月額1万円)
・中3まで医療費実質無料(高校生は1回500円)
・授業用タブレット導入とクーラー設置
・水道料金値下げ
 など
「維新の会」が、これまで行ってきた改革の数々

日本維新の会 – 未来共創ラボ produced by 日本維新の会 – DMM オンラインサロン
「未来共創ラボ」は、参加者が国会議員、首長、地方議員らと一緒になって日本の課題解決のための政策をつくり、実際に議員立法や国会質問を通して国会に政策提言をしていく日本初の新しい政治参加の仕組みです。

ブログランキング参加中、応援クリックが励みになりますm(_ _)m
にほんブログ村 政治ブログ 政治情報へにほんブログ村

記事をシェアして頂けると嬉しいです

ブログをフォローする

コメント

  1. いい加減にしなさい より:

    大阪市教育委員会の取り組みで「いじめSOS」が開設されました。
    今までの電話相談窓口と違い、メールやFAXで受け付けます。

    そうする事で通報、相談がしやすくなるようにするのが狙いだと思います。

    虐待通報件数が増えたと言いますが、これも窓口が通報しやすいように開かれたからだと思います。

トップへ戻る