橋下市長「自分の1票で国の方向性が変わる重さを、この住民投票で分かるのではないか。」5/7登庁会見

GW明け、久しぶりのぶら下がり会見。


(内容)
テレビ討論会での「ノーサイド」発言について
・住民説明会でのアンケート回答の公表について
・「賛成なら投票に行かないでいい」と言う不審電話について
関連記事:ついにマスコミも報道!「『賛成』の棄権促す不審電話」大阪市選管も把握
・京大藤井氏らの記者会見について
・学者の方々と、これまでの付き合い方について
「会ったこともないのにヘドロとか言う、エセ学者は大っ嫌いだ」
・憲法審査会について
「憲法改正で統治機構改革を」
この住民投票が国民投票の予行演習と言った意図について(必見です!)
「メディアも有権者も、自分の1票で国の方向性が変わる重さを、この住民投票で初めて経験することになるし、分かるのではないか?」
「首相(首長)が、全有権者に説明するのが物理的に不可能な中、メディアがどのような役割を果たしていくか・・・」
・保育料の過大徴収について

橋下市長とエセ学者・・・
見ている未来が全然違いますね。
どちらが日本の事を考えているか、一目瞭然です。

P.S.
賛成の棄権をうながす不審電話・・・
「維新側の自作自演だ」って言っている人がいるようです・・・
そこまで言うか!とあきれます・・・

ただ、もしかすると、不安に思っている人がいるかもしれません・・・

大丈夫!
絶対にそんな事はしていないと断言できます!

なぜかって・・・
もし、維新がそんな事をしていたら、朝日・毎日が放って置くはずがありませんから・・・

関連
橋下市長ツイッター「実務を知らない学者は恐ろしい。学者と名乗りながら、ただ反対の政治活動をやるのみ。」
大阪都構想「行政機関や政治家、政党の説明や情報発信が不十分」7割 (日経世論調査)
【都構想・テレビ討論会】橋下市長vs反対派 「リアル闘論・延長戦」

スポンサーリンク

日本維新の会」 「大阪維新の会
・幼児教育から大学(私学を含む)まで、口だけじゃない本気の「教育無償化
・将来、不安な年金を、公平で確実にもらえる「積立式の年金」に転換
・少子高齢化に対応し、地域の創意工夫でさらに持続発展できる社会をつくる
・何でも反対だけの無責任野党ではない「提案型責任政党」。しがらみだらけの自民党には出来ない改革を法案にして提出【身を切る改革、維新だからできる。100本法案

【他党が賛同せずとも、公約通り、身を切る改革を実施】
※維新の全国会議員は、歳費の20%を被災地に寄付しています(合計年間約5000万円)
衆院選後は、他党が賛同しなくても、公約通り30%削減(寄付)必ずやります!
【しがらみは排除!】企業団体献金も一切受けていません
「維新」がこれまで行ってきた改革の数々

ブログランキング参加中、応援クリックが励みになりますm(_ _)m
にほんブログ村 政治ブログ 政治情報へにほんブログ村

記事を拡げて頂けると嬉しいです

フォローする

コメント

  1. アンパンマン より:

    足立やすし議員のWebによると、記者会見は「京大土木工学科閥」によるもの
    (少なくともメインの藤井氏と河田氏は京大土木工学科閥)
    http://adachiyasushi.jp/?p=5741

    その「京大土木工学科閥」が大阪市の過去の開発事業を牛耳ってきたことは、都構想反対の前平松市長も雑誌の取材に名言していた
    http://www.nikkei-rim.net/glocal/glocal_pdf/175PDF/175ishin.pdf

トップへ戻る