橋下徹生出演!「激論!ニッポンの大問題SP」2018.1.29

(番組案内から)
北朝鮮情勢や安倍一強 相撲改革の処方箋は?
大阪都構想は先送り?
気になる政界復帰は?

まだの方は是非!


(※動画が削除されてしまう場合があります、ご視聴はお早めに…)
<<下に続く>>


早速、動画アップありがたいです!

感想は後ほど・・・

大阪市、待望の大会場での講演会です! (11/1朝日新聞朝刊に広告が載ったそうです) (出典:チケット情報|Samon Prom...
憲法改正に関する朝日のインタビュー記事です(1/28新聞紙面載ったより長いものだそうです) もちろん朝日ですから、見出しの付け方も、自...
ツイッターでは、高評価続出!? 思い起こせば、政界デビュー前 もちろん、デビュー後も、委員会では数々の名場面がありました まだ...

コメント

  1. 仲井 より:

    現在国は、いや政府は、日本での現状の実態から少し脱皮させようと、働き方改革なるものをやろうと、具体的内容らしきものを出してきてはいるが、でもこれでいけるという妙案などまあ誰がやっても個人が旗を振ってみても実現にはかなりむつかしいだろう。

    でも何もやらないよりも政府としてはこういうことをやりたいという一定の方針を出すことは無いよりも、しないよりもましには違いない。
    実現に向けて現実現場でそれがやれればいいとは思うので、そこに向けて一応は国民として努力を国はやってもらいたいものだ。
    だが根本的にこれは国が直接現場にまで乗り込んでできるものでもないので、手を出してその現場現場でやることではない。

    どっちにしてもほとんどが実は企業に頼むだとか、企業任せでしか現実成立、実現がむつかしい内容だし、こういう場合日本は結局いつの間にか無し崩しになって実現が先延ばし先延ばしで終わるだろう麗がほとんど。
    まあ政府が声を上げ続けることはこれは一応はいいと思うが。

    ★要は現在の日本に在る(あえて【日本企業】とは、私は言わない、日本に【 ”在る” 】企業と言わせてもらう)企業はもう何十年も前のあの高度成長期に動いていた当時のそういう内容、中身の企業、会社、店舗ではないということを、日本国民は認識しておくことだ。

    われわれが働いていた時代の時の企業経営者、企業の経営側に近い幹部というのは、役所も行政の現場も含めて、まあ少なくとも日本民族の日本人か、もしくは、他国の民族の企業経営者であっても彼らは日本で企業経営をやるものらは日本になじむような扱いで従業員を扱わないと働く社員が実際には集まらなかった。
    だからできるだけ日本人企業経営者の方針に、特に従業員への対応を日本人企業に合わそうと一応は努力をして結果日本全国職種による給料の高低差は確かにあったかもだが、日本人の意識を兼ね添えた、つまり日本になじませて合わせた企業経営のやり方、その中でも従業員への扱いも、現在の企業経営の連中らとは全く違っていた。

    ではなぜ現状そうなってしまいだしたのか。

    しかもそれがごく普通になり果て、結果従業員はまるで物のように扱いが本当にずさんに粗末に扱われ、本来は店が、企業が負担すべき仕事現場で使われる作業服まで洗濯から補填までを自腹で負担させるまでに至っている。
    昼食補給のない企業がほとんどとなり、寝具や住まいの寮など用意など無論すべてやるはずもなく、全て自腹で、私が一番思うのは昼食までをも自己負担にさせられている現実である。
    何の一部支給とかの補填の手当らしきものもなく、普通に外で従業員は昼食代を払っている。

    まあここまで言うと、
    【おまえは何を言ってるんだ!】というかもだが、我々が当時勤めていた会社など自分の体さえ会社に置けば、働いている期間休日でさえも、支払うものってほぼ何もなく、食事、住居、寝具、洗濯、はすべて会社がやってくれていたし、自分で自腹でほかにもらった給与から支払う必要なものといえば、背広とカッターシャツと靴とネクタイ、靴下、ハンカチぐらい。

    もう体さえ会社においておけば、すべて企業が丸抱えであった。
    仕事にしても侵入者から数年間は上司が常にそばで指導がなされ自分で単独で動けるまで丁寧に教えてもらえたしましてや上司が部下を痛めつける状況など私が在籍している数年間のこの期間、そこには100人ではきかない社員が大勢で在籍していたが、お昼の食堂で一堂にみなが集まるが、ただの一度も私が居てた企業ではそういう雰囲気だとか状況など見たこともない。

    上司は新人に対して、初めはできないのが当たり前の認識から始まり、その段階から上司は覚えるまであきらめずに教師のように教えてくれていた。ここはもう仕事が終わって寮に帰ってからでもやってもらえて本当に頭が下がるぐらいきっちりと教えていただいていた。

    そして、上司に対してもう別に最敬礼であいさつをしながらのようなそういう朝鮮で行われるような、社内が全くそういう状況ではなくて、日本人の我々からすれば到底考えられないんだが、さすがにあれは違うだろうと、考えられないんだが、まあんなまるで人間に区別でもあるがごとくに挨拶だとか言葉でのしゃべりかけだとか、やる身分差別らしき状況が感じられるごとくのしゃべり方、あいさつなど、私もだが、自分で出す言葉を選ぶ言葉は大事だがでも極端な敬語でしゃべれだとか、そういうことを当時皆が、私もだが周りの社員もしたこともないし、あのようなまるで朝鮮式のようなそんな雰囲気など全くなくて、上司とはまるで兄弟の兄のように皆誰もがそういう対応でわれわれに対して親しくやっていた。
    つまり同僚で、働くものはそれぞれが互いの人生を社員として上司部下というこの上下の関係など個人において全く関係なく互いで尊重し、すべて本人への期待と努力を上司も一緒の土壌で語り合える、一緒に育む体制ができていた。

    気を使うこともなくバカ丁寧なものの言い方でもなく、ぞんざいでもなく普通の日本語で普通にしゃべっていたし、先輩であり上司であっても、そんな遠慮することもなくフランクな物言いで私らは上司や常務や専務にまでも向けてしゃべっていたし、普通にしゃべって普通に年齢差を職場で感じる対応など受けたこともなかった。
    まあ最後は得意先との私の考えと会社の考えが違って課長と大いにぶつかって結果会社を辞めることになったが、でも会社の皆さんに対して、子供子供していた自分を、辞めて会社から出て行っても、何とか曲がりなりにも後々まで世間に出しても私が食っていけるまで教育して育てていただいた、大人にしていただいたと、非常に感謝している。

    ★現状全国で働いている従業員で、勤めていた企業や会社、店舗を、何らかの理由でそれぞれ辞めていく羽目になった従業員は、私の想像では、おそらくほぼほとんどのものが、以前辞めたその勤めていた企業に対して、好印象を持って辞めている人は、もうものすごく少ないのではないのかと思う。

    つまり本人は「辞めたくて辞めたのではなくて、勤務先の給与の部分の待遇(未払い残業代だとか給与の約束を守らないだとか)だとか、勤務先での上司や同僚らから受ける誹謗中傷の罵倒だとか、命令内容のノルマの過酷さだとか、それを達しないと給与がまともには支払われないだとか、まだ、未熟でしろーとを雇用したにもかかわらず、教育もまともにせずにそれをできないことを罵倒したりの、それら人格ごと誹謗する朝鮮流独特のあの奴隷制度の身分制度から、民族性からくるあのやり方だとか、そういう人間を否定するがごとくの従業員への対応だとか、働く人間を人間らしく扱わずにまるでモノのようにいつでも辞めていいんだというような、極端に即断でまるで相手の生活、人生を粉々に勝手にできるような物言いでの攻め立ててみたり、公務員でもないのに代わりはいつでもいてるからななどという文言まで発するこれらとんでもない意識でやっている企業経営者や上司がものすごく多くて、それが嫌で辞めていった、続けられなくて辞めていったというものが、もうほとんどの状況に思える。

    新入社から数年でその企業を辞めた者は、辞めてからその勤めていた会社の上司だとか経営者に対して、おそらくは恩義を感じているものなどは今の日本ではほぼないといっていいのでは?

    これはどういうことかといえば簡単である。
    ★日本人の、日本民族の経営者が今社会で企業経営者としていなくなってきているかだ。

    ★昔は職種によってそれだけで大体は日本人企業か朝鮮民族企業かが職種を見るだけで勤務先の民族事情が大体見分けがついていて、こんなことを書くと誤解されるかもだが、もう50年近く前だが、お見合いの紹介のお世話が好きでそれをする仲人さんの話を当時聞いたことがあるが、

    一番慎重に聞き込みをやって紹介する折の男性のその勤務先について、ここを当時は見ればその男性が日本民族か朝鮮民族かが大体わかっていたといっていた。

    【この職種は日本人ではない】

    【この職種は朝鮮民族がほとんどだ】と、

    区分けを彼女は先にしていて、
    女性自身の民族(日本民族か朝鮮民族か)によって、そこの民族の部分をそれを入れてお見合いの相手を選ばないと、後でもめたりするのでむつかしいんですと言っていた。
    表では、日本人としてで名乗っていたりの通名があるので、仲人さんは紹介する折に、そこを当人の実家で話を事前にする折に聞きづらくて苦労があるとも言っていた。
    家全体の戸籍謄本を出してもらい、身体上の検査で、血液検査での性病の検査結果とを必ず手にして、ようやく見合いに向けての最低条件が成り立つ世界が仲人の役目ですと言っていた。

    なにも日本人は朝鮮民族を差別などしたこともない。
    特に私などは。
    tだ犯罪事案を起こすものがけた外れに異常な数値で朝鮮民族の犯行がそこらじゅうで発生していたのでついつい怖くて近寄らなかっただけである。
    普通に考えて ”や く ざ ”の組事務所に気安く声をかけて出入りの組員に対して親しくものが言えて普通に子供と一緒に家の中に遊びに行けるかといえば、そこはできないのと同じ。
    これが日本人は、まずいないだろうと思えるが、そういうたぐいのものだった。

    だから二十歳くらいのころには中華屋の前をただそこを前を通るのも何か怖い印象があり、あまりそこは通らずに避けて通っていたぐらい。中に入ってラーメンを食べるなどという行為はまず考えられなかったし、しようと考えもなかったし絶対に店の中に入ることなどできなかった。
    パチンコ屋だって店をのぞいたのは40代になって初めて商店街を通行中にトイレに行きたくて、仕方なく店のトイレを借りたぐらい。
    一切入ることさえ嫌であった。

    日本に今存在する企業のほとんどが、日本民族の経営者がいなくなり朝鮮民族の企業経営者に入れ替わってきた。

    この状況で安倍政権が目指す働き方改革での底の中の一番重要部分のこの従業員に向けた企業の対応、待遇改善というのは私はもうここまで朝鮮民族企業ばかりが大手を振って日本で生き延びだした現状これはまず全くできないだろうとそう思っている。

    今の朝鮮の韓国を見ればよくわかるだろう。
    時給260円で働かされるものもそうと打ててそれを不満でストライキを起こしたらなんとその会社に暴力dさんが30人余りが武装してちゃってきて従業員を袋叩きにしてしかもそいつらが帰った後でまあ信じられないが警察がくぉしかけてきてストライキをやっていた大勢の従業員を全員逮捕しに来ている。
    ストライキなのにこれが何と、企業に迷惑をかけた容疑と不法行為容疑だとかで。

    ★韓国の最近公開された映画で【明日へ】というものがあるが、
    こんなひどい内容は、これは私はこれはあくまでも映画なので、フイクションだと思っていたが、ところがこれがごく最近の韓国国内のスーパーで働く従業員に対して起こっった実際に起きていたものだと最後にナレーションが入り、しかもこれについて、警察自体が行ったそのおりの警察とは思われない愚連隊並みの行動の暴挙だとか、この処分ももちろんだが、企業の行ったストライキをして座り込む従業員向けでの暴力団投入に関しても、数年経過後も何ら罪にも問われていないと最後のシーンで伝えられている。

    こんな連中が日本で日本人のふりで日本国籍までだまし取っているものまでが日本人として全国に紹介され、日本人企業として世界中に知らされ、でも中身は朝鮮民族企業の会社で経営も朝鮮流に行われ、日本でもあらゆるチェーン店展開、幅広く企業展開している。
    日本人、日本民族の企業だと就職するものはまんまと騙され、騙されて、日本民族企業だと、従業員までだまされている企業になっている。

    この状況で日本で朝鮮民族起業主らが、働く従業員に対して、人間を大事になど、大事にその人らの人生を考えrてやろうなど考えて雇用していると思いますか?

    まあまずないといっていい。

    それで働き方改革って、
    民族が入れ替わっている今、日本でいったいどうやってそれができるのか、私にはそれが【点】も結果が見渡せない。
    本当にひどい待遇を受けさされているものが全国に広がってきている。
    これは経営者の席についている民族がもう日本民族の経営者ではなくて朝鮮民族の経営者がものすごく多くなりテレビで名が出てくる会社企業店舗は、おそらくほとんどが実は日本民族経営の企業ではないといっていいほどにまでなってしまっている。

    経営者側がきちんと働いているものの人生を考えて雇用しているのかのそこの認識の意識改革が、そいつら民族の違う者らに理解できるのか疑問だらけだ。
    できるのかにそこにかかってくる。
    大きく課題で出ている。
    議員もこれを口に出して言うべきである。
    今の日本の従業員の現場を。

  2. 仲井 より:

    >https://www.youtube.com/watch?v=jM7qsOT6Q5Q

    日本放送かな?
    これってラジオの番組のようだけど。

    今日初めて見たが、非常に面白かった。
    辻本わかってるよな!覚悟せよ!と、私も言いたい。

    ★まず、戸籍謄本と、本人の遺伝子を提示してもらいたい。
    反日をやるものは、常に、そうしてもらわないと日本の国民が安心できない。
    アメリカでも反米の人物ら、反米工作の活動家は、すべて遺伝子から民族から、家系の系属の調査から、指紋、戸籍の証明書も、病歴に至るまで、すべて国家が握って持っている。日本のように北朝鮮や朝鮮民族をちらつかせて捜査当局を脅す行為など米国のFBIでは通用しない。
    だから疑惑の銃弾のあのロス市警が始め携わった事件は、やがてFBIへと回っていき、三浦知良は、米国強制装置の状況になったとき初めて日本の捜査当局とは違うことを自覚し、彼は自らで観念して自殺をしたと思われる。

    ちゃらんぽらんではない。
    【FBI】が。

    上に載せたアドレスのところ、ここで足立さんが、面白いこと言ってるねえ。
    いかにも足立さんらしい、誰も言えないことを、非常にズバリ言っている。
    まあ私も結構書いてきてるんだが。

    足立さんには依然、私が議員会館の事務所にご連絡をさせていただいた折に、たまたま在室されていて、運よく電話で直接お話を聞かせていただける機会に恵まれて、この時とばかりに申し上げたことが或る。

    最近、もううんざりするほどマスメディアが作ったレッテルでの、言われ続けている内容で、おかげでそれによって国民の中でも一部街頭で国民へのインタビューで、それに感化されての発言をしているものが多くなりだしているが、ここはひとつ日本維新の会としての政権与党とは、彼らが絶対にできない政策を実は我々日本維新の会は持っていると、大阪で実現した内容の政策を持っていると、ここを、明確な基準を語っておくべきではないんですか?と、きちんと国会でそこは違うと再度ひつこいぐらい言いまくってくださいと。

    大事なことは、違うというだけでは国民は毎日のテレビ局からのやってる印象操作でだまされているので、いやいやあれは補完勢力だと言われかねないので、そこは言い方をこれから帰るべきだと。

    ★この件は、【逆説】で言ってみたらいかがかと。

    こうこうこういうわけで違うと明確に言われたほうがいいですと言いながら、でもこれだけでは、国民にきちんとまでそこを理解をして考えてはくれないのでは?
    ここまでテレビで狂ったように異常とも思える維新つぶし報道の中では、印象操作をされてる現状ではと。
    これだけでは、だめだと思いますと。

    日本維新の会は政権与党の補完勢力だなどという間違ったレッテルをろくでもない違法異邦人の日本の大手メディアが、国民が間違えて理解してしまい、それで日本維新の会の存在自体を、それを錯覚させるために、維新の力をそぐために仕組んできているこの作り上げたこの内容について、今後はこうされてはいかが?
    私の意見としてということで伝えさせてもらった。

    それは国会を見渡してみていたらよくわかるが与党野党を見ていて現状与党自民党の力が圧倒的に強い状況でそれに対抗する野党の日本維新の会以外の政党の連中らが、この連中らがまるで雲の上の話かそれかそこら辺の恨みつらみの重なったもん同士が恨み節を作って因縁をつけているとしか思えぬ議論しか出せないこの腐りきったこいつらこそ、この状態こそが実は現在の政権与党を結果安泰化させる方向にもっていっている。

    つまり現在の自民党を支えているのは日本維新の会でもなければ公明党でもなければ、実はこの日本維新の会を除く野党6党?(もうバラバラで政党名がわかんなくなっているが)の民進、公明、立憲民主、共産、小池さんを除いた希望、社民、自由党のこいつらだろうが!って。
    実は結果として国会ではこのこいつらのバラバラの腐りきっていてその口で、良識のある者から見れば、馬鹿かと思う理想論での、中国朝鮮のまるで手先かと、応援団のようなふるまいの政党が、こいつらが根本から日本をないがしろにし、腐りきってることがそもそもこのいまの政権与党を守って政権を取らせている。

    つまり補完勢力はそもそもこいつらのごろつき野党の連中こそが政権与党をのさばらせ補完勢力になっているそのものだと、
    この中の一部を除いて足立さんにお伝えした。
    これをその時の電話で足立さんに伝えさせてもらったら、
    【その通り、補完勢力の意味は全くそうで、全くもって言ってる通りで、まさに同感だ】と、即座に答えていただいた。

    現状、日本国民は非常にもどかしさを覚えている。
    物事を早く決めろと!
    大阪でやろうとしている国会を通す法案もあるし早く結論を出して議決しろよ!って。
    国会で本来やるべきことを、いったいいつまで先延ばししてんだよ!って。

    こんな連中にいつまでも邪魔をされ、中国朝鮮を利する羽目に陥っている。
    国民にすればとんでもないことである。
    河野外務大臣も怒る気持ちもわかる。
    あいつらいったいどこの国からきてるんだよと言いたいぐらいの中身しか質問していない。
    もう無駄の連続で害だけである。

    日本維新の会を除く腐りきったバラバラのこの多くの政党、組織、これら野党の、今の現状、
    こんな奴らが日本でいなくなれば、もうどれだけ日本は政治改革も行政改革も、国家としてあるべき姿を現す憲法、この改正も、また薄汚く強欲にまみれた卑しさが止まらん朝鮮族官僚、自治体幹部ら、これら朝鮮民族官僚の天下りも、叩き潰せるはずだし、解決に持っていける道順が、国民の支持のもと指針を示せるし、大阪でやったことを全国でやればいいだけであり、朝鮮民族に日本の莫大な予算を違法にかすめ取るように食いつぶされてたまるか!って。

    こんな私などがしゃしゃり出てきて言わずとも先にそこは足立さんよくわかっておられる。

  3. 仲井 より:

    私もまったく知らなかったことが,
    わずか二十数年前のこの日本の中で、こんなことが普通に起きていたのかと、
    起きていたんだと、まあ私もちょっと唖然とした。

    日本のテレビも新bン基氏そんなことは一切報道をしていたとも思えないが。
    二十数年前といえば私は朝日新聞を取っていたし毎日新聞は読んでいたはずだがこのことは全く知らなかった。

    日本のテレビ、新聞、これら報道はいったい何をやってるのかと、
    こいつら、本当に今いてる国が、ここが日本だと思っているのかと。

    まさか日本は北朝鮮国家だと、朝鮮半島だとでも思ってるのかと思えてしまうほどである。
    日本のコメンテーターはいったい何者なんだと、普通に思わざるを得ないと思える内容である。

    内容は、
    ★日本の二十数年前(まだついこの間である)に、あの独裁国家、愚連隊のあの虐殺組織の当時の首領である金正日の娘とされる現【金 与正】が、その彼女が幼いころに、実はなんと日本に住んでいたということが、今日報道で分かった。
    彼女は生まれ自体はヨーロッパで生まれたとされているが、なんと幼い時期に日本に入ってきて、日本で一時期住んで生活をしていたと、今日テレビ朝日の番組でその事実が語られていた。

    これを聞いて私はまあ本気で驚いている。

    二十数年前といえば自民党時代であるがそこには金丸信が日本の政権の実権を握っていた当時であり、野中広務が政権の中枢に存在し、彼が脅し文句をぶら下げて国会を闊歩し、全盛の権限を行使していた時期でもある。

    二十数年前といえば、北朝鮮の拉致行為も認識されだし、、大韓航空機爆撃事件、ラングーン爆破事件、オームが北朝鮮と連携しての覚せい剤製造疑惑等が発生している中、これらを見ながら、その中の角栄亡き後の日本の中で、金丸信の実権の中の日本の中で、なんとまあ、あの北朝鮮という極悪非道国家のその国のトップの娘が、何の日本の公安当局からの身柄拘束の実行も受けずけずに堂々と日本国内で自由に完全に警備で守られて存在していたとは驚きである。
    実はこんなことが平気でやられていて、新聞テレビも一切報じずに、こんなことを、あの金正恩の娘を我が国の中に機密裏にこんな者を入れ込んで、しかも公安がこれを普通に許容し、公安調査庁も事実をつかみながら(当然そのはず)政府も外務省も皆がグルでこの現実を見逃し、この人物を、北朝鮮のトップの実の娘を、こんな形で日本に入れていたとは。

    日本の国内で自由に生活をさせていたとは、もう驚愕に値する内容である。

    金丸信はいったい何をしていたのか、
    野中広務は何をしたのか、

    森友家系問題をあれだけの日数を使って国会を停滞させたお前らよく考えてみろよ!
    どうのこうのとあれだけ因縁をつけてやっている共産党、民進党、立憲民主党、社民党よ!
    お前らもこの金正日の娘が日本国内に自由に入ってきて自由に過ごしていた事実を、これを一体何と思ってるんだよ!
    お前ら知ってるだろうが!
    知ってただろうが!
    終戦当時とか戦時中の話じゃあないぜよ!戦後のあの時期とは違うぜよ!

    今のこの時代にだ、まだつい最近の話である。

    これのほうがもっと問題だろうが!って。
    なんでこれを自民党に追求しないんだよ!

    大阪でもなんで自民党と共産党が手を結ぶのかがこれで非常によくわかる至極わかりやすい内容だよな!

    大阪の自民党の現状の連中はあの野中広務とは非常に近く選挙のたびごとにもうくっつくほど連携しグルもいいところの関係だよな。

    北朝鮮からきていたこのキム所ジョンをこれを大阪の自民党も共産党も民主党の連中も公明党の連中も皆知っていたはずだよな!

    なぜ黙っていてこれを糾弾もせずに日本で身柄を拘束もせず北朝鮮と本気で献花しなかったんだよ!

    まあできるわけないよなあ。
    こいつらみな同じ北朝鮮、朝鮮半島のムジナだもんなあ。

    北朝鮮になど何にも言えるわけないよなあ。
    むしろ朝鮮半島に対して全面的に応援団で、助けてやるぐらいの応援をしてるぐらいなんだからさ。
    地域連合会商店街振興会タクシー業界歯科医師会も含めて朝鮮民族連合のような連中なのでこれらが選挙の支援団体応援団体なんだからもうグルグルで朝鮮半島とは身も心も元も一体の組織が大阪の自民党公明党、共産党、民主、民進党だからさ。

    空大阪の与党も野党も真剣に北朝鮮の拉致事件を徹底糾弾などしないよなあ。

    辻元清美に至っては、あれだけ国家が命令指示でやっていたこの拉致が問題になっている日本において、あの従軍慰安婦については強制連行しただとか拉致を下だとか日本の国家についてはあれだけ偉そうに糾弾誹謗を繰り返していたその張本人が何とこの北朝鮮についての犯行についてただの一言も糾弾したこともない。

    まだ北朝鮮幹部と一緒にパーティーで満面の笑みを浮かべて愚連隊国家北朝鮮の幹部クラスと酒盛りまでやっている。
    これを国賊と言わずしてなんと表現できるのか、私は全国の日本民族に聞きたい。

    いまだかつて北朝鮮の拉致行為を糾弾したりテロ国家北朝鮮は犯罪国家だなどただの一度も辻元ははしゃべったこともない。

    こんな奴らが日本の国会議員にえらばれること自体がこの日本はすでに朝鮮民族国家になっていると言わざるを得ない。
    公安が金正日の入国を普通に許容していたというこの事実は私にすればもう目が眩むほどに驚愕の内容である。
    二十数年前といえば私が北朝鮮犯罪を公安から全国の警察本部、防衛庁、海上保安庁、外務省、法務省、公安調査庁、最先端国家機密研究所、、国家事業での最先端技術開発企業、これら私が気が付くところ手当たり次第に見つけては、数えきれないほどの回数、連絡をして北朝鮮の極悪犯罪事案を伝えまくっていた時期。

    この時期に、この金 与正が、のうのうと子供時代、日本のそれもこの私の住んでいる大阪の地で住んで生活し、しかも公安からも警察からも逮捕もされずにしかもマスメディアも新聞ほかコメンテーターらもこのことを一切隠し、日本国民に一切知らせずに、自由に大阪でいてたとは驚きである。

    これを見ても日本という国がもう日本国民の日本国家ではなくて北朝鮮を中心に日本という国の中枢は朝鮮半島の主導指示体制で動く構造システムに代わりはてそのうえもう素手の霞が関などは朝鮮流の観衆まで作り上げられまるで朝鮮の官僚組織化してきている。

    足立さんがここを抜けたいと思った気持ちが私はよくわかる。
    こんな朝鮮流に入れ替わった霞が関など空底に一日でもいたくなくなるはずである。

    霞が関が、周りが日本として動いていなくて朝鮮流儀がごく普通に組織でまかり通りだしたら、普通に日本国民にすればそらもう我慢ならんはずである。

    日本国民はこのことを本気で目で見て本気で政治を変えていかないと朝鮮国家に今なってきています。
    現に辻本清美のことをテレビ新聞は一切糾弾しないでしょう?
    朝鮮新聞朝鮮テレビになってるからです。

    辻元のやってる悪辣行為などは、韓国では当たり前でやってるし、あんなことは朝鮮ではもう当たり前のごく普通に当たり前にやられていることで、朝鮮民族の政治家は、そのために政治家になっているし、あれが普通で国民の税金をいかに自分らが隠れて騙して奪い取るか、食い、飲み込むか、それだけが目的でそのために生きてきているし、奴らの生きがいは金をつかむこと、それだけが生きがいなんですから。

    だから朝鮮という民族は、そんな奴らばかりの集まりなので、お互い同士を常に疑い、自分がのし上がるために常に回りを虐げ踏みつけてでも、陥れてでも機会があれば普通に裏切る。
    簡単に裏切るなど当たり前に身内でも家族でも誰でも関係ないのがあの民族の典型的特徴だ。

    もうとにかく自分以外は全く信用しない恨みと妬みと欲で成り立ってきた民族。

    こんな連中が日本の国の政治にかかわりだしたら、国民はもう地獄です。
    早く国民は気づくべきだが若者はまだゲームやアニメにうつつを抜かしている。

    われわれの子供時代とはもう全く違う方向にいてるようだ。

    足元に迫るこの日本という国の行方をこれが今朝鮮民族にのっとられていることを早く誰かが是正して構造改革をやらないと。

  4. 仲井 より:

    >あの金正恩の娘

    間違いました。

    ★金正日の娘

  5. 仲井 より:

    金与正が日本の大阪で幼い時期、つまり二十数年前だろうと思えるが我が国の国内でしばらく在住していたというこの驚愕の事実が分かったこと、
    これは日本民族及び特に拉致被害者ご家族にすれば、
    【えっ?】
    【?なんで?】
    それに、
    【日本政府はこんな犯罪国家、テロ行為を行ったあんな国から入ってきている首領の実の娘が何の不自由もなく普通に日本に入ってきて大阪にいるのに(確か日本政府は方針として当時北朝鮮からの人物については日本への入国は一切禁止されていたはず)その時に、日本の警察公安はなぜ身柄拘束しなかったの?】って、拉致されているご家族ら、救済に頑張っている全国拉致被害者団体などにすれば、その犯人の娘が来日してるんだから普通に捕まえればいいものを、なぜそれもやらないのか!と、普通にそう思われていたことだろう。
    被害者ご家族などは、どう考えても日本政府のやり方は納得などできるはずもなく、もう青天の霹靂であろうと思う。

    ほかの話題になるが、
    ★日本のテレビで今話題の内容で、日本の報道、テレビは、どうなってるのかと思う点を、二点ほど書いてみる。

    ★大相撲の内容について。
    一つの点でマスメディアって本当に日ごろ取材をきちんとやってるのかと思う点がある。
    まあ私が一時強硬に動いて大阪で詰め寄っていた事案から、その折の検察庁の検事と警察、裁判所のこの役割分担の内容について、ここを本当に理解してるのかと、こいつら大丈夫かあ?って思えることがあり、最近疑問に思える部分がまさかテレビ局がそれを違う方向でばかり出してきていたので、そこに大きく取り上げられていたのでちょっと書いてみる。

    私が経験してきて、現状の日本のまあここが非常に納得いかなかった検察庁の役割部分でのことについて。

    経験でだが、

    ★一つの事件が発生して、当然そこには、加害者と被害者がそこに出てくる。
    ここから被害を受けたものは最寄りの所轄の警察署に普通は被害届を出す。
    今回も貴ノ岩側の貴乃花親方が被害者の身代わりとして所轄署に被害届を出している。
    ここで被害者側の被害内容について所轄の担当刑事がそれを本人と面談して直接事情を聴く。
    いわゆる事情聴取をやる。
    ここで所轄の刑事は署としてこの事件は被害届を受けるべきかどうかを、まずは簡略的内容の捜査の上で、これを署として受け付けるか否かを決める。
    そこで被害届を受け付けると当然加害者を署に呼び、被害届の内容について本人にその内容を告げてそこで所轄で本人から事情聴取をやる。そこで、事件の被害にあたる部分の内容についての裏付けになる内容も同時に所轄は捜査を進行させながら固めていく。

    そこからその事件の捜査内容を書面で作成しこれを検察庁へ送る。
    担当検事が決まりそこで検事扱いとなる。
    検事はそこからどういうことをやるかといえば、捜査経緯は所轄でも進行させるが検事も同時進行で加害者から事情聴取をやる。

    検事は加害者をまず呼ぶ。

    実はテレビでの報道で、ここからの検事の捜査における一連の動き、行いについて、現実検事の現場では行われていない役割分担のことを、丸でやってるはずだと勝手に思い込みずぼらに都合よくそれをしなかっただとか、なんでこの相撲の今回の事件では検察庁はそれをやっていないんだまがいの中傷をやっていた。
    勘違いして勝手に検察庁を批判の的にしていた。

    実はちょっと勘違いというか間違った思い込みから検事のこういう流れの行動について、違う認識をしているようで、検事というのは、加害者を呼んで事情聴取もやり、なおかつ被害者も呼んで検事は直に両方から事情聴取をやるもんだと、こう思いこんでいたようで、(これは全く間違い)報道で出されているテレビ局で、この点を間違えているのにそれをまるで因縁のネタに検察は何をしてるんだ!、
    なんで加害者だけから事情を聴いて、被害者側から話も聞かずに調査報告とやらを出している、とんでもないなどと、何をやってるんだと、こんな理屈を作って攻撃をしていた。

    このテレビ局がやっていた文句たらたらしゃべっていたことは、実は現実日本の検察庁の検事の現場ではほぼ全くやっていないことまで、それを苦情の内容に上げて普通にやってるもんだと思い込んでいる節があった。

    つまりどういうことかというと、
    検事は検察庁というのは実は事件発生時から被害者の被害内容についてはこのここの部分はすべてが実は所轄の警察の刑事がすべて預かって調査捜査を引き受ける。
    被害者からの訴えている内容を直接聞くのは検察官ではない。警察署の刑事なのだ。
    検察官には所轄の刑事が調べた被害状況の中身をすべて事情聴取した内容を書面でしか受け取らないし会うこともないしましてや被害者と検事が直接会って事情聴取などは普通ほぼやらない。
    だから警察からqの報告書鹿実際は検事はそれ以上をわからないし知らないのだ。
    その警察署から送られてきた書面上からの想像は確かにするだろうが検察はそこからしか仕事をやらない。

    つまり所轄の刑事がずさんな証拠を作って検察に挙げてきた場合被害者と検事は会うこともないので実際には警察の警察官の内容を信じるしかないのだ。

    加害者と検事は面談するが被害者とは会うこともまずないといっていい。
    これが今の日本の警察検察の役割分担が明確にできている。

    所轄の刑事が嘘で出路アq下手事件を大きくごまかして長所を検察に送ってしまえばここで冤罪が作られることになる場合がある。
    加害者、被害者、双方にこれが起こる場合があるのだ。
    検察官が被害者と会っていないのでこれが起きてもおかしくないのだ。
    所轄の刑事の捜査能力にほぼ100%事件がゆだねられる。
    検事はそこから届いた書面だけで加害者としか会わないので、加害者のウソにまんまと検事が騙されても被害者とは会っていないのでそこが非常に危なっかしいシステムをこれを今はやっているのが現状だ。

    以前に一時少年犯罪についての警察の対応について、学校の教室に警察が入ってもいのかとか未成年に対しての刑罰をどうこうだとか、大きく世間で話題になったことがあるが、私も25年ほど前、学生の犯罪について、当時も家庭裁判所の調査員がなぜ被害者から直接話を聞かないのかと、加害者の話だけは裁判所は聞くが、被害届を出してる側の被害者からは裁判所の調査員は全く接触もしないし全く直接会おうともしない。
    被害内容を裁判所は被害者から直接聞くことをやらない。

    まあこれがとんでもないと私は相当長い期間裁判所の調査官を呼び出して相当言い合いでやったことがあるがいくらやっても被害者とは絶対に会おうとはしなかった。

    ではなぜだと問いただすと、
    それは最寄りの被害届を出した警察署がやる仕事であって我々は加害者とは会うが被害者には会わないし被害内容を被害者から直接聞くことはやっていないと最後まで突っぱねてきた。

    被害者に会いもせずに加害者だけの話を聞いてそれで調査をやったといえるのかとやってみたが、頑としてこれをやらなかった。

    被害者からは、警察署が直接被害者から事情を聴いてるので、それで十分だから。
    こういうのは、これはその加害少年の将来があるからだと、家庭裁判所での少年犯罪についての究極の目的は被害者向けではなくて加害者をどう導くかであるからだと、だから加害者少年には直接会って話を聞く必要があると、こう答えてきた。
    そういってきたので私はまた怒鳴りつけた。

    多分今でも警察署の作成した書類だけを見て家庭裁判所は被害者のすべてを知るという流れ、自分らは加害者には丁寧に事情聴取をするとそう言っていたが、私はどう考えても納得がいかなかったが。

    でもよく考えてみてください。

    被害の少年が出た時所轄の地域の警察は特に学校での事件内容には特に気を使って大体は学校に避難が来ないような解決をしようとつまり被害者を助ける方向でやるんではなくて当時ほとんどが、学校と警察が先に話し合ってそいつら同士で学校に世間からの非難が来ないような解決方法を、被害生徒のことは二の次で、どこかで折り合いをつけて事件を処理してしまうということが大いに起きていた時期。

    警察が学校側の要請でその事件の被害を何とか小さく何とか加害生徒のしでかしたことをいかにも小さくなるような調書の作成をしがちであった。
    もう一つは少年犯罪は警察が入ってもほぼ有罪にはもって生きにくいという部分もあってできることならなかったことにという思いも結構あったと思える。

    だから被害者の訴えていることを本当は検察官も直接面談してまたむろん加害者側にも面談事情聴取をやって互いに発言することを検事は双方から直接聞くべきなのに、今も多分これが行われずに、事件が起きても、被害者の話はおそらく裁判に至るまで聞くことはないだろう。
    は警察署で作成された被害の訴え内容でしか、それも刑事が作った書面でしか聞いていないという実態がある。
    これで本当に検事は被害者のために頑張れるのかと、異常だと私は当時数年にわたって徹底して抗議し続けていたが。
    私はこう思っているがこれを異常だと思っていないのが検察庁の検事である。

    今回の相撲の豪打事件、
    これでテレビでは坂上などが大きな声で、
    s網協会の基検察庁上がりの人物が記者会見を開いて加害者側からだけ事情聴取をしてそこで状況報告をやったこれを坂上もテレビ局のほとんども、
    【なぜ加害者だけに聞いて被害者からまだ聞かないうちに事件の報告をやったのかと非難していたが、この相撲協会側の記者会見を行った人物は元検察庁上がりの元検事、つまりこの人物が検事上がりなんだから、まず被害者から直接話を聞くということなど、彼は検事時代から、そういうことはまずやったこともないはずである。

    検事は警察からの報告だけしかその書面しか見ない。
    直接被害者に会うなどするはずもない。

    ここで問題なのは、
    被害者から届けられたその訴え内容を聞いたのは所轄の刑事である。
    この刑事が作成した書面は、この検事上がりの相撲協会の記者会見をした者の目にも入っているはず。
    だが相撲協会への目配りや忖度をした書面が所轄の刑事から作成されている可能性は十分考えられる。
    それを、この所轄の刑事がもしも緩く作成していたら、そらああいう記者会見になるはずである。

    まあ最近のニュースで一言。
    ちょっと長くなったが。

    だからわたしは、検事上がりだとか、全国の検察庁の検事だとか、裁判所の調査員だとかのことを、
    深くは信用していない。
    これを変えろと要求しても一切変えるつもりがなさそうであったから。
    被害者のことを、こいつら本気で考えてるのかと何度も思った次第。

    その検事上がりの人物があのブーメラン議員の山尾志桜里、

    腐ってる部分は実はこういうところから出てるのかも。
    人間の被害者という者への本気の気持ちなど、こいつらには、こいつには全く感じられない。

    ★やってることはすべて偽装の芸の、見せかけの行為。

  6. 仲井 より:

    次は東京中央区にある区立の小学校での、今話題のあのアルマーニの学生服に関する内容についてまた書かしていただく。

    実は私は生徒にとってこの件は、現状の全国の学校への納品されている物品すべてにおいて、そこにかかわっている教師事務長らの不法行為のことを考えれば、学校が行う多くの不正内容を全体を考えたら、これをこのことですべて断罪で廃止できるのであれば、これをやることで実は卒業までをトータルすると、たぶん狙い通りに行けば、これをやることで生徒さんの卒業までの学校で支払う金額は、このことで十数万円は軽く安くつく可能性がある。

    区長と、区の教育委員会と、校長の断固たる意志があればだが。

    長い目で見ればこのことでこれには私は或る意味大賛成である。
    アルマーニであれば、学校教師には、まずキックバックは出さないと思える。

    これになるのでたぶん学校関係者テレビ局新聞社は猛烈に反発して大反対キャンペーンをやるだろう。

    だが現場でおこなわれている生徒が本来払うべき価格に相当分上乗せしてキックバックの差額を受けている教師ら朝鮮民族は、猛烈に反対するだろう。

    このことを、遮断させるにはこうやって長年くっついてきた業者との癒着のわいろ、接待、キックバック内容を、これをこの不法行為をこの際こういう方法で抹消できる可能性があり、これには教師が朝鮮民族教師は現状いただいている生徒が支払う金からくすねて受けているキックバックの差額の小遣いがなくなるので、もう反対キャンペーンをテレビを使ってやり続けるだろう。

    アルマーニよ!
    絶対にキックバックやわいろを拒否し絶対に教師らに金を渡してはいけません。

    これがもしかすると全国にキックバックされて喜んでくすねていた教師のこの内容が表に出るかそれかこれがなくなるきっかけになるかも。
    大阪で私が16年前に追及をし続け、警察と協力したら、学生服が当時7万円から年度ごとに万円単位で下がり始め、今では同じものが4万円ほどの価格にまで下がった。

    これでもまだ高すぎるんだが。

  7. 仲井 より:

    金与正が幼少時、
    つまり20年前ごろ以前の時期(正式にはわからないが彼女の年齢が表公表では一応31歳だとされているところを見ると、幼少期ということになると日本のこのぐらい前の時期に相当するが)、

    朝鮮総連と日本の当時の政権側の人物、政府内高官、党を問わない日本に存在する国会の北朝鮮属議員ら、また地方の(特に関西の)朝鮮民族議員ら、加えて、機密を守るための北朝鮮の指示で動く日本のマスメディアらとの連絡を密にしたうえでの機密裏での入国だったことは明白であろう。
    その折の大阪府警本部はだれがそのことで動いたのだろう。
    当時の府警本部長は当時いったい誰だったのだろう。

    そしてその時の本部長は、府警本部長在職を離れての退官後、いったい彼はどこに天下っていったのだろう。
    このころであれば北朝鮮産業は日本で一つの国営産業でだけでも日本国内で40兆円産業にまで伸び、回り周辺から議員をはじめあらゆる欲の皮の突っ張った連中がこれにまとわりついていた時期である。
    もう全盛のころである。

    日テレの或る番組に出ていた東京地検特捜の部長クラスの人物も、一時期この北朝鮮産業で、北朝鮮が自分の意志で立ち上げたとする団体組織、自浄作用を聞かせるという名目だけの(実は不正をやってるのは北朝鮮本体なのにこんな組織を表向き作って見せていかにも不正行為を自らでやれないようにと=もう嘘丸出しの自浄作用を働かせてるふりをやって立ち上げた組織団体、そこのトップに、名前が轟くあの東京地検特捜の部長クラスが、ここに天下っていた)表向き謳っていたこの不正撲滅組織団体のトップに天下っていた。

    公安、警察、検察長との、この間をつなぐ橋渡し役で北朝鮮が都合をつけるために招いて席を用意したのだろう。

    彼が在籍中の期間、その時期ごろの東京管轄内だけでも、或る一年間だけをとっても、
    東京管内で北朝鮮企業が実際に警察が入る、公安が入る、それ同様の内容の不正不法内容が、実はその一年間だけでも、そのわずか10か月間の統計でも、摘発対象での不正内容は東京だけでも実は90件もある。

    一年間で約百件近くもの不法不正行為を、あの北朝鮮国営産業全盛のそのころの時期に(テレビコマーシャルではもう連日北朝鮮国営産業の全盛のころ)北朝鮮国営の企業が、東京管轄管内1300か所ほどの中、北朝鮮国営がまあ仮に1200か所程存在しているとして、その中で、これらの北朝鮮国営事業所が、実は日本の国内でこれだけの摘発対象の事象を起こし、これほどの摘発件数を起こしてやっていたのだ。

    起こした不法、公安が認めていない不正行為、これら犯罪とみなされる事案、これによる行政処分、行政指導の件数が、これがまあなんと一年間でその数東京だけをとっても90件を上回る数にまでなっていた、ちょうどあのころである。
    金与正が日本で大阪で秘密に在住していたとすれば、このころであろうと思える。

    年間に北朝鮮の国営の企業が起こす不正案件が、日本の企業ではもう到底考えられない、想像を絶する件数起こしてきて、だが腐ってるのは、そこの中にこの元東京地検特捜の部長やら、元検察庁長官ら、および全国の県警本部の本部長では当たり前のように行われていたが東京警視庁だけは天下っていなかったがとうとう最後には、最後の砦であったなんとまあ最後にはなんと東京警視庁の、時の警視総監までが退任後に、その北朝鮮国営の企業団体に天下っている。

    もうこの時には私も愕然としたが(まあ全国の県警本部長の中ではこれはごく普通に行われていたが、全国で当たり前でも東京警視庁だけは、それはしないだろうと期待をしていたんだが、だがやっぱりなあと)私は東京警視庁の警部らと話をしたが、もう彼らもさすがにこれにはあきれていた。

    もうびっくりなんだが、約100件近くが毎年のように不法不正事業をやって居ながら、でもそこから年間生まれてくる資金が日本で生まれる資金が全国で40兆円にもなる産業だったために、もうこいつら朝鮮民族の日本の国籍をだまし取って日本国民に成りすましている連中らにすれば狙い通りのまさに自分ら朝鮮民族の時代がようやく来たと思ったことだろう。
    みなが群がってその金欲しさに天下っていった。

    恥も外聞も日本のれっきとした公的肩書の誇りさえも、そんなもん知るか!と、俺には銭のほうが大事やと、ほかはいらないと、格などかなぐり捨てて。

    まさに朝鮮民族流儀の、奴らの奴隷を抜けてのようやくたどり着いた狙い通りの資金をその手で握ったのだ。
    腐った素材通りの本能の志向である。

    ついこの間、野中広務が亡くなったが彼が亡くなって、故人に対して贈る言葉で、丁寧な贈る言葉を報道を通じて出していた連中、もうこれらもきっちりとこの北朝鮮国営の起業、団体、この産業に何らかでかかわって、しかも実際に所属しての団体に本人らのその名前を連ねている。

    犯罪国家北朝鮮首領の実の娘が、秘密裏に入って日本に来ているんだから、当時、日本側は、周りの周辺は相当な独自の厳重な警備態勢を敷いて、その警備体制はしかもひそかに行われ、住んでいた周辺で周りにはこの金正日の娘が母親と一緒にそこに今住んでるということを、わからないように気を使いながら行われていたことだろう。

    これは北朝鮮関係者だけではなくて日本の相当な税金の額を投じて、こんな犯罪者の娘を、この女一人のためにものすごく緊張して在住中の期間税金で見守っていたのだろう。

    莫大な予算を、日本国民の多額の予算と人員を使ってこの極悪犯罪者の娘を、日本はたぶん当時国を挙げて日本政府が守り抜いたのだろう。

    どういうルートを使っての日本への入国だったのかわかりようもないが、とにかく特殊な道順で日本国内に入国してることには違いないんだが、日本に入り、大阪にしばらく住んで在住していた時期の、時の日本政府側の官房長官並びに国家公安委員長、法務大臣は、その折、いったいその時は誰だったのか、
    そして時の政権の総理大臣はいったい誰だったのか!

    日本国民は怒るべきではないのかねえ。

    私などはもう【煮えくり返る】ほどに腹が立つんだが。

    その頃辻本清美はどこで何をしてたのだろうねえ。
    もう議員になってたのかねえ。

  8. 仲井 より:

    日本の現状大きな問題という部分でのことで行けば、こんなこともどうかと。

    ついこの間行われた辺野古に移転するという米軍基地の問題を常に選挙の争点化をしてここまで当選してきたあんな市長が自治体の権勢をふるうというもう日本の中でちょっと異常事態がもうずっと続いてきていたが、この間ようやく中国の手引きで動く日本人市民連合と称する日本人に成りすました朝鮮民族連中らからようやく普通の市民、この普通の市民のところに県政を取り戻した結果が出た。

    名護市長選挙でも、沖縄県知事選挙でも、芝居での、演技だけでの日ごろ人権だとか生命への尊厳だとか、それを損なうだとか、そんなことなど全く思ってもいない民族が、突然に愛護団体のような偽装の顔を出してきて、時にとんでもない内容まで出してきて、【これを守らないのは人間の愛に欠けるとんでもない奴だ】などということでそれを新聞の一面に出して大きく反対運動を仕掛けたりする。

    声明をいかなるものにもこれを守ってやるべきだ、だから沖縄での米軍基地をそのそこで自然で生きている生き物についてこれは守るべきだ、生命まで奪うからこの基地の移転は、辺野古へは反対だなどと、ところが、ある日突然スクープだとして出してきたその内容が朝日新聞自身が行った不法行為でやったことをいかにもこんなことをやってるがごとくにまでねつ造をしてきた。

    もう朝鮮では、あんなことはごく当たり前に、何の抵抗感もなく普通に陥れるこういう行為は、日常的に行われており、朝日新聞や市民団体と称している日本民族に化けた朝鮮民族の、得意中の得意な普通にどこでも奴らの祖国ではこういう手段、ネット上でのなりすましなど、普通にやる手法そのものだ。
    自分の利益になるためには陥れ、偽装、でっちあげのウソの流布、間違いを新実に見せかけて流し、錯覚させて勘違いさせる詐欺行為、この民族はどこまでも悪辣なこういう手段を繰り返す。

    朝鮮高麗王朝が次々王朝が権力の闘争の末入れ替わるたびに奴隷がほとんど占めていた南朝鮮に対して高麗王朝は常にウソのデマを広めそのことでしか政権を維持確保できない状況が同じこんなことが政権が入れ替わるたびに繰り返されている民族。

    常に騙すことでしか生き延びてきていないもう救いようのない民族連中。
    民をごまかし嘘の情報を故意に流させ見方とされる周辺にももう全くいつ裏切るかとモノ連続の政権を歴史は繰り返した民族国家。
    居やあんな国は国家などではなくてやくざと売春婦の作った国だと外国メディアが言ったとおりの国。

    平昌オリンピックでも、北朝鮮から団体で女が南朝鮮に入ってくると、売り物になる女が大量にやってくるといっただけで、国中がざわつくほどもう奴らはこいつら人間か!と疑ってしまうほど人間などではなくて獣の内容に近い生き物民族だ。
    前置きが長くなったが、
    沖縄基地辺野古一部移転で、一時反対派が出してきたアッと驚くあの自然を守れ!
    貴重動物?の
    【デュゴンを守れ】などとやってきたことがある。
    大きく一面で、青い海に真っ白な一頭のデュゴンが泳ぐ沖縄辺野古の沿岸の海の写真を載せて、奴ら朝鮮民族連合は反対ののろしを上げた。

    これって実は普通に見てちょっと矛盾があることを考えた方はいてるのか。

    朝刊の一面にあれが出た時、その日のうちに私は新聞社に、誰もが普通いう文句ではなくて、違う形で文句を言ったことがある。

    ★皆さんはあのデュゴンって、いったいどのくらいの餌を食って毎日生きているかをご存じなのか。

    ここから詰めていけば、あんな写真を見せられ【デュゴンが居てる場所に基地など作ったらあかん】と暴れて叫んでいる違法移民の朝鮮民族の連中らを、その場で糾弾できる、いってる連中に対して普通に論破できるものがある。

    世界で一番多く凍てる場所は私の記憶では確かアフリカナイル川流域から河口を出た周辺海域であろうと記憶している。確か数多くて数千頭、それが数百頭ぐらいだという報告もある。

    問題は、その一党で毎日一体どのくらいの量のえさを食って生きているのか、つまりどれだけのえさがあれば彼らは生き延びられるのかという部分、動物愛護で奴らがそれを言ってるのであればこのエサがきちんと確保できる流域になれるのか、基地ができるおかげでこのエサが消滅するのかなどということが一番中身になるはず。
    餌も普通に存在し普通に生きられるのであれば問題にしている彼らが辺野古では生きていけなくなるという理屈は通じなくなる。
    現にアラブ地域の中近東などもう今までどのくらい戦闘に見舞われ、デュゴンの上空を一体どれだけ轟音を鳴らして戦闘機があのデュゴンの住む川の上を飛んでいたことか。
    でも世界でも一番多く生息している地域になっている。

    では戻るが、デュゴンは一日にエサはどれだけ必要かと言えば、一頭で大体50キロから60キロの水草を食う。
    詰まる水の中に生えている草だけを食うのだ。

    仮にあの沖縄の辺野古海域の沿岸地域に、彼らが生きていけるこの水草が存在していればいいわけ。
    仮に沖縄のあの海域に10頭のデュゴンが生息していたとすれば、一日に必要な水草は600キロぐらい。
    月に1万八千キロ、年間二十二万キロほど。

    実はオーストラリアやニュージーランドの南海岸周辺で生息するあのペリカン。
    ペリカンは一羽で一日に9キロもの魚をあの海域周辺で獲って食って生きている。
    このペリカンの数って数万羽存在し彼らが食酢その魚の量が地域両氏の漁獲高にまで心配させるほどの量を食っていると懸念している漁師もいるぐらいこの鳥が食ってしまう魚の量も実はすごい量になっている。

    琵琶湖の鵜やシラサギからの被害もそうだし、イノシシ、サル、鹿、アライグマ、蜂、イルカ、アラスカの西海岸での川を産卵のために上る鮭、上流で待ち伏せするクマが一等で一日に30匹もの鮭を食ってしまう。あの地域には大体3000頭のグリズリーが保護されて軽く生息しているので、その時期の一か月で、270万匹のシャケを食べてしまう。約二か月近くの期間が~、500万匹も食ってしまう。
    鮭の重さサイズが一匹が4キロあれば、1000万キロを超える量である。
    こういう状況を許容する国民がアメリカアラスカにはいてる。

    また、仮にあそこのペリカンがあの地域に2万羽棲息(もっといてるはずだが)していてたとすると、一日にペリカンが食ってしまう魚の量は18万キロ、
    1年で220万キロというものすごい数になっている。
    比較にはならないかもだが、現状許可されている地域ごとの日本の漁協で許されるマグロの一年間の漁獲量制限数値にも迫るほどの量である。

    ペリカン僅か2万羽が食う魚の量と、グリズリー、つまり灰色熊が食ってしまうシャケのこの量と、この漁師に制限されているマグロ漁獲量との比較を見たら、人間はどっちを選択すべきか、ちょっとどっちを選ぶのかを人間の食料という部分では考えさせられるよね。

    デュゴンが一部の地域で食うこの改装の量がこれが確保がむつかしくなることはないはずなのに反対運動の連中は無茶苦茶なこじつけのウソのでっち上げた不安感を呼び起こす印象操作を繰り返す。
    朝鮮流のこの種の手法は今後ももう何時までも繰り返されるだろう。
    いろいろな場面でまたこういうウソ話でいかにも命だとか生命だとかを脅かすだとかをくっつけて、人間や生命が大事などもう微塵も思ってもいない連中が演技よろしく腹で思ってもいないことを涙まで芝居で見せてくる詐欺師集団そのものの民族。

    ここまで増えたペリカンの生息数を人間の力で間引いていくのか、地域から追い出すのかを、ちょっと考えている節もあるほどこの鳥がかっさらっていく魚の量の多さに、これを深刻に受け止めだしている(海外ドキュメントで)
    デュゴンが、あの辺野古周辺にどのくらいの数が存在しているのか知らないが、でも彼らが食う水草のその大量の食いっぷりによって、実はデュゴン育われずに水草が残されることと、芽も茎も、根っこごと食われてしまい、海藻の生え方が阻害され生えなくされてしまうのとの、どれだけの多くの自然の生き物の生息にどちらが果たして悪影響を与えているか、自然の生き物の生息数の減少や漁獲量の減少や地域の自然生物の生息に深刻に影響しているかも。
    あのナイル川というあれだけの大河で、上流から下流の河口に至るまでのあれだけの広大な流域でも、デュゴンの数はあの生息数。あれぐらいの流域とあれぐらいの数であればいくらナイル川で水草を一頭が60記録王がどうてこともないが辺野古の周辺であれだけの食欲で食いつくされるとそのこっちのほうの被害のほうが大きいのでは。

    出ュゴンは基本的に長距離を海遊しながら餌の海藻があるところを求めてどこにでも相当、数百キロでも泳いで移動もするし、海藻や水草さえあれば、生えているところへと移動も普通にやる。

    だから、基本的に辺野古にいてるとされる出ュゴンなどはあそこに草があればいつでもあそこの辺野古の開市に来るだろうy氏あそこに海藻がなくなれば当然また海藻や水草がある地域へと移動するだけである。
    基本的に相当な距離をデュゴンは泳いで周遊する生き物。

    ★間違ってはいけないのは、
    デュゴンの餌である生きるその部分でいえば、辺野古を埋め立てたからといって餌になる海藻は辺野古沖のほうにはその埋め立てた地域より沖側から外海の沿岸海域には普通に生えて残るので何の問題もない。
    だから餌についても何の問題もない。
    埋め立てた地域分だけその広さ分だけデュゴンがそこの中に入れないだけで、その周辺海域には何時でも泳いで寄ってくるだろう。
    餌さえあれば。
    埋めた地域の外海(そとうみ)も、埋めたからといって周辺の餌の確保に問題は起きないので、デュゴンには何の問題も起きない。

    その沖側の埋め立てられていない海域には、辺野古の沿岸には海藻は残るし、それを食いにデュゴンは来る気があればいつでも寄ってくるだろうし、海藻はあの周辺海域で今後も生えていくだろうから、何の問題もないし、人間の目でデュゴン見る機会が湾内になるのか、湾外になるかぐらいのほんの数キロの移動だけである。

    心にもない残虐なことも平気でできる連中が、やれこれはかわいそうだという表情だけ見せてきて、デュゴンのあの姿を見せることで国民の心を腹で持つ狙いとは全く違う物言いで勘違いをさせ、あれを命を守ろうなどという姑息に錯覚させるぶち上げてきたこの詐欺師集団は、この水草には変化なく残ることと、デュゴンが食ってしまうこのものすごい量の草の量を、奴らは、これを一緒に出すべきだよな。

    デュゴンが食った水草は、これを食われると困る自然の生物も多く存在している。
    水の中に、デュゴンが食うこの水草が、なくなってしまうと生きていけないという絶対に必要とする生物も多く存在する。その水草が多く生えていることで、実は魚類や甲殻類他多くのプランクトンや、多種多彩な生物の自然サイクルを守っている事実は厳然と存在し、その魚類や甲殻類を餌にする水鳥や魚類も多く生き残り、ましてや人間も実はこの海藻が海に存在することで、そこに卵を産む魚類をはじめ多くの漁獲生き物の生息を守り、漁業が成立しているという部分もかなりある。

    実はこの海藻をはじめ淡水での水草という部分が周辺海域での生き物の生息には非常に大きな意味がある。

    でも基地を作るからといってこの海藻が消えていくわけではない。

    ★海藻はものすごく多くの自然の生物の生息を守っている根源の存在なのだ。
    そこから思えばデュゴンなどいらない。
    日本からアフリカまで泳いでいけばいいだけである。

    沖縄の海にサンゴに手書きで傷をつけてしかもそれを嘘で他人がやったかに企てるというこのもう考えられない朝鮮主義。
    朝日新聞がこういう形で出してきたよなあ。
    お前ら祖国へ帰れ!朝鮮へ出て行ってくれ!

    こいつら詐欺という手段は、普通の日常の行為だと思ってるのではないのかね?
    人をだますことは、普通の日常の生活様式なんだろうねえ。

    戸籍登録を偽装で変えてまで自分の子供を他人と普通に入れ替えて違う人間に仕立て上げたり、もうこいつら人間じゃあないよな。
    ★犬や豚の系属の偽装、血統書作成詐欺レベルだよな!
    人も犬も豚も、こいつらにすれば売り買いできる同じだと思ってるのでは?

  9. 仲井 より:

    朝鮮半島の南北民族は、まあどちらも(まあ奴ら同士は、同胞なんだが、指導者が別でもやってることは南北全く同じ)
    ここの国はほんとに人間の常識って育ってるのかねえ。

    まあ世界にも類を見ない(こんな国って世界にあるの?って、あれだけ混乱の住民のパレスチナの民だって、こんなことにはならないよな。)、ほんとに南北もここまで腐った中身の、もう、一言で言って物貰い集団。

    相手がもしも、くれなければ、突然豹変して愚連隊が出てきて脅し取ろうとやる。
    まるで餌を漁る獣の世界=人間のことを人間だなどとは思ってもいない相手の、奴らが虫唾が走ってる相手の怖い怖い中国の前では、文在寅はニコニコ作り笑いの、あのサバンナの野生の獣が自分よりも強いものに見せるシーンの、手足をばたつかせて天に向けて仰向けに寝っ転がり相手に参りました許してと一番弱いところの腹を相手に見せるという姿勢をとる、まさに強いものには全面降伏でひれ伏すあれら強欲しか持たぬアフリカセレンゲシティーの生き物の世界を見てるよう)ドロボー国家だね。

    昨夜のあの平昌オリンピックでの、女子スプリントの、短距離スピード競争。

    日本からは小平と高木が出場。
    結果はオランダのスプリントが世界新記録で優勝し、金メダルを獲得。
    芽が飛び出るごとくの記録だ。
    ちょっと信じられない滑走記録。

    日本国民の皆さん、
    優勝したあのオランダの選手がゴールをかけ抜けた時と、
    日本の、結果として銀メダル銅メダルの結果に終わった選手二人が、ゴールを抜けて超えた時に、オランダの選手が抜けた時と、どこかが明らかに違いがあったことに気づきませんでしたか?

    明らかに違いがあったことに気づきませんでしたか?

    上位の三人は、どの子も皆ショートカットに髪が整えられていた。

    ゴールを超えたとたんに、彼女らはゴール板を超えた瞬間に、頭にかぶっている帽子、サングラスを掻き上げるように手で上に脱ぐ。
    その瞬間にだれの目にもわかる異常が実は起きていた。

    密閉された競技場では、普通は絶対に起こりえない状況が、あの三人の時すべてで起きていた。

    まず日本選手二名の折には、ゴール版を超えて帽子をとったときに、彼女らの髪の毛は一切たなびくことも髪が揺れることもなかった。
    小平、高木二名ともが同じであった。

    ではオランダのあの優勝して世界記録を出した彼女の場合はどうだったか。
    彼女がゴールを桁瞬間脱ぎ捨てた頭のショートカットの髪の毛がもうビュービューと風で巻きあげてしまう勢いでの、髪が吹きすさぶ風で右分け左わけの分け目筋が逆になるほどの風で吹きすさんでいた。

    これが何を意味するかが皆さん想像つきますよね。

    小平がレースの2日前にコメントで、
    【このコースは何か後ろから風が来て体ごと持っていかれるような、後ろから押されるような感覚があるので、非常に滑りやすそうだ】と答えている。

    底を調べると天井部分にちょっと意味が分からんエアコンがついていたらしくこのここから出す送風の風力が結構強くてそれがこの原因らしいということであった。

    だがその送風口は、天井の、ちょうど選手が走るコースの上に複数個所ついていて、出す風力も方向もすべてがそれぞれ個別にリモコンで自由に場所を変化させられるシステムらしい。

    そこであのゴールを通過した折のあの時のコースの上部から噴き出していたその送風はいったいどっちに向いてそれぞれ出されていたのだろう。

    見てる限りにおいては、
    小平、高木のゴール通過時には、見ている感じでは少なくともゴールのほうへ向いた風は無風であった。

    オランダの選手の折には、その折の風はすごかった、。
    ものすごい勢いの風がコース上に吹いていたことはあのゴールした瞬間の彼女の髪があれだけ風で吹き散らかされての乱れ用でよくわかる。

    朝鮮という国は以前のバドミントンの競技の折にも、松友ペアーの折に、エアコンで送風口をサーブやコース入れ替えごとに風の向きを操作で適時変えていた疑惑があった。

    こいつらもうなんで人間になってるかが私にはわからん範囲になっている。

    どこまで薄汚いのかと、
    あきれてものも言えない。

    オランダの選手であれば、日本の小平も高木もこの国にはいろいろとお世話になってるし、そこで金メダルを取ってるのにこの宋風のっ不正行為で金メダルが取れなかったとそれが結果オランダの選手を間接的に攻撃する形になるので文句を出すに出されない相手でこれを仕込んできたと思える。

    もう実に巧妙に、
    絶対的金メダル候補の日本人に金メダルは取らせないと、絶対に阻止すると、そこででは金メダルをだれにとらせるのかを南朝鮮工作機関は巧妙に考えて、優勝させるのを、その対象の相手をオランダの選手と決めてこれは仕組んだと思える。

    不正行為をやり、しかもあとからそこには疑いが出てきても、日本選手が絶対にオランダの選手には文句を言えないだろうとの巧妙な構成を考えても仕組んだ仕業だったと思える。

    日本選手が、金を取ったのがオランダであれば、相手のオランダの選手の金に難癖をつけるという結果になってしまい、さすがにオランダに対しては絶対にできないと、これを日本人選手は言うに言えないだろうとの狙いをもって、文句があっても表で大きく騒がないだろうとの、もう狙いをつけて巧妙に仕組むという、とんでもない連中だと、私はあのそれぞれのゴールの一瞬一瞬を見てそう思った。

    日本選手は、その金メダルをオランダであれば文句が言えないだろうと、小平はオランダで非常に助けられてる恩がある。
    金メダルをとったのがオランダであれば、日本の選手は金を取られても、この朝鮮が仕組んだと思えるエアコンの不正送風疑惑についておかしいと、苦情を言うことを、オランダの優勝に水を差すという部分もおもうんばかって文句を言ってまず出してこないだろうとの朝鮮の悪辣な思惑での狙ってここでやったとしか思えない結果であった。

    皆さんもこのゴールのシーンは今後何度もテレビで出されるのでそこをちょっと見てみてください。
    オランダ選手の髪はどこから吹いてきているのか知らんがゴールのところで吹いてくる風で乱れまくりの吹き飛びそうになっています。

  10. 仲井 より:

    陸上でいえば、
    まさにあの最高の華、
    世界で一番早い人間は誰だという名誉を得られる、栄誉でもあるあの陸上100メートル競走の決勝にも相当するレースが、朝鮮平昌の、しつらえられた氷上のコースで行われた。
    日本からは、絶対的金メダル候補本命の小平と、
    朝鮮からは、イ:ソンファが。

    冬のオリンピックの最大の目玉であるスピードスケート女子500メートル滑走ファイナルの場に、朝鮮からはイ;ソンファが出てきた。

    ゴールを駆け抜けたとき、髪の毛が吹き乱れている。
    イ;ソンファの髪が。

    だが、なぜか小平の髪の毛は、ゴールした地点でほとんど微塵も動いていない。

    ついこの間小平と高木が出場した時に、あの時の金メダルを取ったオランダのあの女子選手も、このレースに出ていて、小平が今度は金メダルを取ったこの短距離の500メートル滑走に、出場して出ていた。

    なぜか彼女の髪の毛は、またもやゴールを超えた時、天井からかどこからか、どこからか不気味な風が吹き舞っていて、彼女の赤いオレンジ色のショートカットの髪は乱れ吹いていた。
    彼女のタイムも上々のいいタイムが出ていた。

    ちなみに以前の、行われた過去のオリンピック映像が出ていて、カルガリーの冬季オリンピックの当時のこの500メートルレースのゴールシーンが出ていて、それらを見てると、不思議なことにゴールを過ぎた瞬間みな同じように、かぶっている帽子を選手は脱いでいるが、だが過去のオリンピックにおいても、不思議なことに、今回朝鮮で見たようなあんな、選手の髪の毛があんな状態でたなびくというような、あんな風で舞う髪の毛のゴールを超えたシーンなど一切見当たらない。
    巻きあがるように動かず、一切風に当てられている髪の毛の姿は、映像で振り替える限りにおいては、一切見当たらない。

    その前のオリンピックでも、また、もっと前のものも。

    朝鮮のドラマを見ていたら白々しくよく出てくるが、日本語での【友達】という言葉は、
    朝鮮語では、【 チング 】というようだが。

    日本語でチングといえば、漢字では、

    【珍具】となる。

    確かになあと思ってしまう。

    朝鮮では日本語でいう【友達】などというものは、朝鮮の世界でのここの連中の中での【友達】などというものはこれはまず存在すらしない。
    実は全く存在しないのと同じ。

    日本語でそのままの言葉で行けば、珍具だから、ほぼそんなもんは存在していないほど貴重になる対象の意を表すが。
    あの民族の本質は、
    世界中どこを探してもこういう民族は細胞ごと、物理的にも、まず存在しないし、ほぼ稀有である。

    親子でも、兄弟でも、家族でさえ、血縁親族でも、同僚でも、同級生でも、後輩でも、先輩でも、上司でも、部下でも、あらゆる誰であろうと、朝鮮にはこれだけは言えるが、まず絶対に自分以外で信用しているものなど、まずないと思っていい。

    根本がここからきているので、自分に一番近い家族親族であろうが、誰であろうが、都合上必要とあらば、状況に応じて戸籍登録から住民登録、国籍改ざん、生年月日改ざん、本人登録から、謄本まで、普通に平気で、他人に入れ替わることも、偽装登録も、全く他人の戸籍に入り込み、なりすましも、人間のその国家での存在の証になるものまでも平気で作り替える、書き換えるし、改ざんするし、工作するし何の抵抗もなくうまくいけばいいとだけの思惑で自分自身の戸籍を消してしまうことさえやってしまう民族。
    こんなことは今のこの世の中でさえ普通にやる。

    朝鮮では戸籍謄本、住民票が巷で暴力団をはじめ大手企業間でさえ売り買いされ、一番日本人が驚くのは、そもそも生まれたところの実家の家系図が、そこが売り買いの対象の商品化までしていることにこの朝鮮という国の民族が持つあの国の歴史をつないだ壮絶で卑しい奴隷制度のすさまじさを物語っている。

    今回の平昌オリンピックもそうだが、或る時はバドミントンでも同じようにコートの天井から不気味にタイミングごとに風向きの向きを自由に変えられる送風口がコートの上方部天井に急遽特別に装備で設置されていたり、タイミングごとに送風口が動いてコートに向けて現れたり、こんなことが起こり、或る時には、野球での八百長事件、サッカーでの八百長事件もまだつい最近で起きている。

    もう生き物の世界としか思えない連中である。
    餌があればすぐに食いつく。
    餌が無ければ餌を作ってでも陥れて自分がその餌を独り占めで奪い取ろうとする。
    自分以外を助けて自分は最後でいいなどという考えはそもそも持たない。

    創価新聞の一面に毎日のように出てくるあの会員の連中が池田大作に向けて拍手をしている不気味極まるあのシーン、異常な光景、創価学会の池田会長が、胸にもう隙間のないほどに、どこでもらった泥船の勲章か知らんが、一体いくつの勲章を胸や肩にリボンをつけて喜んでいるのかと、

    このどう考えても普通ではない、狂ったこの感覚、

    日本国民は、現在でもまだこんな連中が日本の政権の一役に存在する異常さを、ああいうシーンをよく見極めるべきだ。

    昔あったよな、同じような光景のシーンが。

    旧ソ連のあのクレムリンのバルコニーに序列ごとに並んで立ち、作り手を振り見せる幹部連中の胸に光るもの、

    旧東ドイツでもホーネッカーの胸にも、

    独裁的左翼共産主義社会国家だった当時の、
    ルーマニアをはじめ
    チェコ、ハンガリー、旧トルコ、
    現状のアルバニアでも、、
    現状の中華人民共和国、
    また、
    ドイツナチス時代にも、

    北朝鮮でも行われていたし、
    南朝鮮の、全斗煥までの時期にも、

    北ヴェトナム、
    シリアでも、

    ついこの間までの、
    ミャンマー、カンボジアでも、
    アフリカスーダンも、コンゴも、

    まあ、中でも朝鮮だけは、今のこの時代でも、ドロボーの物貰い組織のコソ泥国家の状況。

    舛添がこの間辛坊の番組のテレビで、

    現状も昔からも、南北朝鮮のことを指して、
    【お互いがドロボー同士で、ドロボー同士が騙し合いをやっている国同士だ】と、のたもうた。

    日本国民は、それを見て、お前さんに対してたぶん言ってるはずだぜ!、
    【あんなことをしでかす同族のお前みたいなやつには、それは言われたくないよ!】と、

    私もその時、テレビに向けて思わず口から出たが。

  11. 仲井 より:

    寒い日が続いていたので外出を控え、このところはひたすら毎日柑橘類を頬ばってる日々を過ごしていたんだが、今日は久しぶりに外に出てみた。
    そしたら、
    まあ相も変わらずにおどろおどろしきいかにも他国の民族だとわかる風体で、大勢の朝鮮民族が例のごとくおどろおどろしき赤や灰色の文字文言の、怨念のような文字を連ねてのプラカードを掲げて、手にはおどろおどろしきチラシを手に持ち徹一般人や府庁出入りのものらにどんな薄汚い手垢がついてるかもわからん手を伸ばしてきて、手渡しで大阪府庁と国際がんセンターの入り口付近からその敷地の中にまで入って、朝鮮学校への行政からの、つまり日本国民の納税したその税金からの、金銭的な公的行政補助を要求する不埒極まりない活動を行っていた。
    おどろおどろしき風体の連中があんな近代的建物の中の玄関で、おどろおどろしきチラシを配っていた。
    ★★★★

    【この状況で北朝鮮に日本から補助金を出せとは、お前ら頭狂ってるのかあ?】って、第一声を投げかけてみた。

    【お前ら何でお前らの祖国北朝鮮や大阪の朝鮮総連本部に向けて、北朝鮮よ!はよ金出せって、なぜ要求しないのか!】

    【お前らが叫んで言うべきは日本に向けてではなくて、お前らの祖国北朝鮮に向けてだろうが!】

    【はよ金出せ!苦しいんだよ!って、祖国に向けて言えばいいやろが!】

    【俺は北朝鮮から殺害予告を受けたことがある、そんな山賊の人殺しの国になどなんで日本が金まで恵んでやらなあかんのや!】」
    【あれだけドロボーで稼いでも、まだ恵んで欲しいのかあ?どこまでお前ら日本の金が欲しいのか!】

    【それはそうと、お前らここは不法侵入と違うんかあ?警察に連絡しようかあ?不法侵入やろが。
    ここは国際がんセンターや府庁の敷地内やで!お前ら不法行為やっとるで!許可を取って敷地内に入ってるのかあ?取ってへんやろが!日本人がおとなしいことをいいことに、他国から来た違法民族が調子に乗って大阪で好き勝手したらあかんやろが!】

    【違法移民が違法行為をやってるで!】

    って目の前で告げたら、

    【あっ、すみません】って、そこらにいてた連中が慌てて敷地内から公道の道路上に出ていった。
    私が、その場で告げるだけ告げて、その場から私が離れだして、そこを通り過ぎながら、遠目から奴らに文言を投げかけた。
    【お前ら今すぐに朝鮮総連に行って、金出せ!って叫んで来い!】って、言ってやった。
    そいつらがそこから場所を離れて散っていった。

    奴らが手に持つ大きなプラカードには、
    大きく、

    【民族差別をなくせ!人権侵害だ!】
    【朝鮮民族学校への教育費無償化の公的補助を要求する】という文言が書かれていた。  
    んっ??何?
    誰が?誰に人権侵害を?
    誰が誰に民族差別をしたって言うんだあ?

    しかもこのいまの状況で、日本国民の税金から朝鮮民族に補助しろってえ???

    ???????????????????????????
    頭がくるってるとしか思えん民族。
    もうドロボーの域を超えた民族だねえ。

    しかも、金を出さないから北朝鮮民族への差別??

    おかしいだろうが!って。
    お前ら民族って北朝鮮も南朝鮮も同じだろうが!
    何を北朝鮮だ韓国だ韓国語だ韓半島だなどと、都合よく勝手に造語での文字をすり替えて表現してんだよ!

    最近報道でよく出てくるあの韓半島、韓半島?????
    お前らバカかよ!
    何が韓半島だよ!
    普通に朝鮮半島だろうがよ!

    韓国語?
    ふざけんな!
    普通に朝鮮語だろうが!

    何をごまかそうと調子に乗ってんだよ!って。

    在日コリアン?
    ふざけんな、普通に朝鮮人だろうが!

    オーストラリア国内で普通にあそこの国民が会話しているあの言葉を、
    【オーストラリア語】っていうのかあ?
    違うだろうが!
    空地域で少しは訛りらしきものはあって発音がずれたりはしたとしても基本やっぱり普通に英語だろうが!

    ドイツが分裂していたあの時期でさえ、別れたいたあの旧東ドイツの場合でも、合体していなかった時期、世界中が東ドイツ語なんて言ってたのかあ?
    バカじゃあねえの?
    どっちも、ドイツ語だっただろうが!

    それから並べてみても、
    徹底した奴隷制度のままに国内を弾圧で縛り付け、差別だとか人権を損なう行為だとか、強制労働、虐待虐殺などのあらゆる残虐行為鵜を繰り返している国のお前らが日本で民族差別だなどといえる立場かよ!って。
    お前らの時刻である北朝鮮に向けて叫べ!
    違うのか!って。
    日本に向けて列島ごと沈めてやるなどと言ってきている北朝鮮という山賊愚連隊組織、こんなドロボー集団の国からきて活動しているものに対して、日本の国民から集めて生まれた税金を、それをごそっと北朝鮮に貢物で貢げとは、こういうことを言ってきてるこれら今日のチラシを配って活動やってる北朝鮮の手先で動く連中らや、大阪には少なくとも1万人近い連中が北朝鮮指示で日本国内のこの大阪だけでさえ直接活動で動ける実働部隊であり、存在在住し、しかも日本国籍をだまし取って日本人に成りすましている大阪にいてる北朝鮮民族は、その数は、百万単位存在する。

    こういう日本から税金、公的資金をだまし取ったり、搾取、恐喝、ドロボー集団のこいつら、こういう運動活動などしている連中こそ、日本の警察庁、公安調査庁、全国の警察本部、これらがスパイ防止法なるもので縛り上げて、今すぐにでも日本からたたき出すべきである。

    こんなならず者は日本からたたき出すべきである。

    北朝鮮が自国の民を、同胞を、虐殺虐待して弾圧しているこの行為は、これはいったい今日のチラシを配っていたこの連中は、こいつら北朝鮮民族らは、現状まで、十年間で金正日政権時に自国の民だけでも500万人を虐殺しているという米国CIAからの北朝鮮情報として報告もあるほど、ではこの民族差別を日本がしたどうのこうのというなら北朝鮮が行ってきたこれらは民族差別ではなくて人権侵害でもなくて殺人でもなくていったいどういうことになるのかねえ。
    教えてほしいぐらいだ。
    言葉で表現できない。
    人間の文字にはない生き物にしかわからん音での伝え方があるのかも!

    【ウー!ウー!ワオッ!】て、

    鬼歯の犬歯の牙でも出してよだれでも出して、それをむき出しで、唸るのかねえ。

    あれは人間の言葉で行けば、どういう文字で説明になるのか!って。
    今度遭遇したら、チラシの配る手を休めさせて、きちんと聞いてみよう。

    ★【北朝鮮のああいう状況は、お前ら同じ祖国を持つ同胞から見て、金正恩のあれは、人権侵害とは言わないし、虐殺弾圧だと言わないのかあ?家畜の、生き物侵害だとでもいうのかい?】ってさ。

    まあ金正恩は平気な顔してこう言うかも。

    【俺は自国民を殺してるだけだ、奴隷を殺しただけだ、他国からとやかく言われる筋合いなどない!殺してるのは同胞の奴隷だ、民族差別などしていない!】とね。

トップへ戻る