橋下徹・櫻井よしこ激論「米中・朝鮮半島など100年に一度の大変化が起きている。日本はどう備えるのか?非核三原則も見直しが必要だ!」

9/9の台風で屋外の光ケーブルが断線しネットが使えなくなり、ブログ更新が滞ってしましました。見に来て頂いた方、すみませんでした
回復しましたので、これまでのペースで更新していきたいと思います(汗


9/15 フジ系 日曜朝の報道番組に生出演
「櫻井よしこ X 橋下徹 が“世の問題”にズバズバ切り込む!韓国の反対世論を押し切り“疑惑のタマネギ男”チョ・グク氏が法相就任。一族の疑惑捜査の行方は?今後の日韓関係は? 」

まだの人は是非!


(※動画がすぐ削除されてしまうと思います、ご視聴はお早めに…)
<<下に続く>>

(略)今回の韓国大法院の徴用工判決には、それなりの法的理屈があることを本メルマガで詳論してきた。1965年の日韓基本条約・請求権協定があるからハイ終わり、と簡単に言えるものではない。お互いに解釈の余地が…

最新刊!「トランプ式交渉術」をわかりやすく刺激的に解き明かす!

トランプに学ぶ 現状打破の鉄則
橋下 徹
プレジデント社

橋下さんの公式メルマガ
橋下徹の「問題解決の授業」公式メールマガジン|PRESIDENT Inc.

amazonで公式メルマガのバックナンバーを販売しています!

販売中メルマガ一覧
http://amzn.to/2ApBkaE

【amazon Kindle Unlimited】月々980円で書籍も雑誌もマンガも読み放題!PCでもスマホでもタブレットでも読める。(初めての方)30日間無料お試し実施中!

コメント

  1. 仲井 より:

    この番組も見たし、最近の他も、そしてネットの中の内容も見た。
    橋下さんの発言内容について、ちょっと判断基準がわたしとは違うと感じた部分、

    それは、
    橋下さんは日本が朝鮮半島を併合した当時、日本の総督府をソウルのあの館に置いたといっている。
    朝鮮民族にとってそれは許しがたいものだったはずだと。
    日本に置き換えてみて日本の皇居に米軍が日本統治の司令本部を置いたら、日本人はものすごく怒るだろうと、それを付け加えてそこを例に例えてこれは怒る気持ちがわかるなどと、こういって説明をした。

    思い出してほしいし実際の当時のソウルの街並みの、あの併合した時のソウルの街、日本国家が朝鮮で初めて総督府を置いたその場所のその時のその置いた場所の周辺のソウルの街並みの状況、風景を橋下さんは見たことがあるのだろうか、知っているのかねえ。

    私の親父の弟の一人は、少しの期間だけであったが実際に朝鮮半島に短期間だけ国からの命令でしばらくの間居てたことがある。
    その後戦地である地域を転々と移動させられ最後終戦間際にはあの最大の苦闘の戦場であったビルマ戦線へといったんだが、ほんと運よく生きて帰ってきた。
    終戦後に我が家に帰ってきて、当時の話はもう何度も皆からも聞いていたが、当時の朝鮮のソウルでの住宅と呼べるのかどうかも分からんぐらい酷い状況がそこには見受けられ(日本の掘立小屋の豚小屋以下であったと言っていた。
    こんなところでよく皆生きてるなあと、叔父さんはその街中の兎に角匂いの臭さと、そしてよる寝るところのないもうとてつもない状況だったといっていた。
    そこに行かされたわけで、叔父さんは行ったその日に、もう日本に帰りたいと思ったそうだ。
    つまりまともな住居といえるものなどは周りを見渡してももう家と日本でいう家と言えるものなどほぼほぼなかったといっていた。土埃が屋根と思しきところから全体がもうかぶさったような掘立小屋ばかりだったといっていた。到底人間がそこで寝泊まりできるようなそういう住居らしきものはほぼ見たことがなかったほどだったといっていた。

    つまり日本が朝鮮半島を併合した当時、人間が日本で住んでいるような住まいなどソウルにはなかったといっていた。
    それがあるから日本はまずとりあえずはまだ住居らしき構えができていて住まいとしても指令室としてもかろうじて使えそうな館といえば、あの日本が総督府を置いたあの館しかソウルのあの建物しか見当たらずにそこに決めたわけであり、何しろ人間が住めるような建物や住居自体がソウルにはあそこしかあの建物しかなかったといっている。
    併合した当時、そんな一国の総督府を置くような館など一切ソウルには建ってもいないし存在すらしていなかったといっていた。
    それぐらいあの朝鮮半島というのはその当時は、もう人間が住み着くような状況にはなっていなかったようだ。

    今の人は世界を見渡してもそういうそんな地域などありえないと、多くの人間がそこで生きていた以上それなりの館だとか水の配備だとか農作物の生産体制だとか、それらは最低限備わっていてそれなりの人間の生活ができる状況になっているもんだと思いがちだがまあ信じられないかもだが叔父さんらが朝鮮での実際に行ってみてきていた者は日本人では想像を絶するぐらいとにかく人間が生きるうえで最低限どころかもう考えられないほど食べることも水を飲むことも作物を作ることももうほぼほぼ何もやれないただそこに居てるmののがとにかく子供を産んでその子供を売り飛ばしてそれで生き延びていたとしか思えないぐらい人間のいてるところじゃあなかったと叔父さんらは言っていた。
    テレビドラマで見るとまあ100年前200年前だとされる嘘のでっち上げた立派な建物が出てくるがもう嘘のここまで作り上げてでっち上げるかと思う程に人間そのものが特に日本人がそこに行ってすぐに毎日生きていくなど無理だと誰でも応えるほどに北ないし臭いし家らしき者もないしもうどこから手を付けるかと思う程に何もないただそこらじゅうで汚い皮膚病や道らしきところで普通に寝っ転がって空腹で苦しんでいたりで、見た目は目が開けられないぐらいの絵図であったと、もう地獄のような状況だったといっていた。

    問題の、この日本が急遽初め置いた総督府が、ソウルでも一番大事な館だったのでそれは朝鮮民族にすれば日本は何という酷い国だと思うのが朝鮮民族にすれば当然で当たり前だなどと橋下さんは言うが、だがソウルでそこしか当時のソウルで他になどどこにもなくてそこしかまとも?そうに見える館らしき建物もなく、ほかはみなバラックのとんでもない住居とは到底呼べないようなものばかりだったといっていたので、そこにしか総督府は置けなかったというのが多分事実だったろうと私は思う。

    その後に日本は徹底的にこの国を日本と出来ることなら同じくらいの国にしてあげようと、もう日本の国家を上げて莫大な予算を日本国内へよりもこの朝鮮に、より莫大な投資の予算を投じて学校から文化から鉄道、灌漑用水設備、、ダムまで建築し、しかも電話をはじめ、多くの産業も大きく作り出しそれまで木の根っこまで食料にして食い物にして山の木という木まで食いついて食ってしまい木も生えていないところにものすごい数の植林までして一つの国家建設の、世界にモデルとなるかぐらいの手助けでの建設をやった。

    だから日本が統治してから数十年後の朝鮮は、特にソウルは、ヨーロッパ風の建物がレンガ造りに建てられ豪奢で或る意味日本の国内の当時の建物よりもおしゃれな街並みにソウルはなっている。
    こんな町並みなどあの日本が統治するまでのソウルになど想像すらできないもうそれらしき住居すら存在しないまるであのシリア難民やパレスチナの難民が行き場をなくしてテント住まいの光景がニュースで流れるが彼らのテントにはいつも強風で舞い上がった土埃がテントを覆いかぶさるように埃りまみれになっているがまさにあんな状況が日本が朝鮮を統治するまでのソウルの実態だった。
    あれとあまり変わらないぐらい見た目、人間の寝泊まりさえ不自由なほどの状況であの朝鮮という国は奴隷をこき使い両斑が好き放題でやっていた正に奴隷の島といっていいほど何もない何にもないとてつもない貧しさの状態であった。
    街並みらしきものの内容、風景を叔父さんらからも何度も聞いているが当時の朝鮮半島のソウルという一番最大の街でありながら叔父さん曰くでは、人間が普通に暮らすような状況の町などではなく、まるでそこらじゅうが土埃で住居らしきものに泥土の粉を上からまき散らしたような誇りまみれのバラックの住居らしきものしか見当たらなかったとこういっていた。

    そういう状況だった朝鮮半島で日本が併合し、その折にソウルにはごく民間人が住まいに日本でしているような当時の日本の館らしき建物すら建物が無くて、自分以外も相当愕然としていたし、後に朝鮮に入った当地の日本からの者らも、恐らく一寸これをやり替えるの?こんなひどい国をどうやって日本並みにするの?って、無理だよ!って誰もが戸惑ったであろうといっていた。

    何処に総督府を置くべきかを。
    とりあえずソウルのあの門構えがあるあの館しかあの地域にはあそこしか見当たらなかったと思える。

    そういう状況があったことまで、橋下さんは目にしたり聞いたり実際に当時の日本が総督府をどこに置こうかと考えた折のソウルっていったいどんな状況の町並みになっていたかを、ご存じなのかをちょっとそこがわたしにはわからない。もしもそんな酷い状況だったのかとそこを知らなかったのであればそれは仕方がないがでもそこはもうネットの時代調べれば誰でも判るだろうし私のようにもう70年も80年も前に叔父さんから聞いていた内容と、現地朝鮮半島にその統治併合当時にその当時の以前から直接出向いたものからの内容も含めて、すでに私がじかに家で多くのもの、親族らを含めて聞いたことのほうが、私は自信を持っていえるが。

    兎に角ソウルという朝鮮ではまあ一番まともで人口も当時ここが多かったそうだが、それでさえこの住居らしき日本人が寝泊まりできるようなねぐらは見当たらなかったほど。
    いかに日本から現地に行きあの国をここまで発展させる土台作りに頑張ったかが奪づけるはず。
    まあ百歩譲れば、
    まあもともと何にもないところ平地から創っていくのでまあ言えば現代のように立ち退きの交渉などは必要なくただそこら辺の荒れ地に何かを立てたり皮をきちんと整備したり住居を街並みらしく立てて行ったり道路をきちんと車の走れる道にしたり、空現代よりもスピード感は早く思い切った都市構造を計画的に作れたと思うのでそっちは結構速いペースで出来上がっていったのかも。
    何かあるところを壊して同のではなくてむしろ何にもないので作っていく苦労はこっちのほうが楽だったかも。

    出も莫大なお金が必要だっただろうし頭のいい都市づくりのプロがそこにいないとできないのでインフラを含め相当な技能と技術と能力と設計技師らこれら日本人の極致を費やして朝鮮という国を作ったことだろう。

    それを被害者だなどと、
    しかも日本に対して此畜生などと、
    よく言えたもんだよなあ!

    私の叔父さんなど兎に角あのソウルに、そこに居てるだけであの異様な耐え難い臭い匂いには耐えられなかったそうで、これだけはもう我慢できなくて、早々に朝鮮から地域移動をさせてもらい、短期間で朝鮮を離れたといっていたが。

    それを考えると日本がソウルのあの館に司令部でもある当地の総督府を置かざるを得なかったのでは?
    まだあそこによく置いてくれたと感謝されてもいいほど。
    臭くて我慢できなかったというおじさんが居てたぐらいなのにまだそれを我慢してまでソウルに総督府を置かざるを得なかったんだから感謝されるぐらいの内容だと思うが。
    叔父さんなど逃げたもんなあ。絶えざる匂いに、それが臭くて。

    とにかく朝鮮に一度足を踏み入れたおじさんの話ではとにかく人間が寝泊まりできる状況の住まいらしき屋形はソウルにも見当たらなかったといっていた。
    これでいったいここをどうやって日本みたいにするのかともう、その難しさに途方もないことのようでちょっと愕然としたそうである。

    橋下さん!
    当時の日本併合した当初のソウルで日本が総督府を置くような館があそこ以外で何処にあったのかをそれを出してみてもらいたいぐらいです。
    叔父さんの説明ではまあ建物らしきものはあそこしか当時のソウルにはなかったそうですから、あそこしか置けなかったんですよ。

    日本が乗り込んで併合し、国家自体を日本の手で開発して以降は、そこからは一気にソウルは発展した都市へと変貌しましたが、清潔な街にもなっていき、日本の開発の力が、それが無ければ、今でもまるで掃きだめの汚いにおいのくさいとんでもない地域のままだったでしょう。

    日本が併合していなければ、朝鮮半島は今の今でも恐らくはどうせ奴隷が今でもこき使われ売り飛ばされ匂いの臭い中で娘も身ごもらせて売りに出される国家が存在していたのでは?

    橋下さんの発言にちょっと異論を出してみます。
    事実と、当時の状況はそんなもんではなくて、奴ら朝鮮民族の感情はちょっと違うと思えたので。
    本当はたぶん日本のことをものすごくじつは感謝してるはず。
    でもそこは犬と同じでオンなど獣は忘れてしまいあうとやっぱりかみついてきます。
    人間ではないのです、連中は。
    人間なら日本に感謝しかないはずです。

    マーズ、サーズ、トンコレラ、
    さてさて、
    ★人間と言われている生き物で、誰が感染するのか!

    日韓議連の連中は一斉にこのマーズサーズが朝鮮で流行している最中に、短日間などと言わずにゆっくりと一週間ほど朝鮮半島の各地を回ってぜひとも行って滞在してきてほしいねえ。

    頑張れウイルス!
    証を作れ!

  2. 椿 より:

    うーん、やっぱり橋下さんは歴史を見直してほしい…。
    図書館で「左寄りの歴史本」や「韓国の捏造本」を読むよりも、
    一度でいいから【嫌韓本】と言われてる本を一冊か二冊読んでみてください。

    それが嫌なら、韓国人学者らの著書でも良いと思います。
    ・呉善花(オ・ソンファ氏)
    ・シンシアリー氏
    ・チェ・ケイホ氏

    韓国人の視点で見た「日韓関係」を語られているので、
    とても参考になると思います。

    それから「韓国の王宮に日本の朝鮮総督府を置いたのは無礼」
    というような事を仰ってましたが、
    当時、日本ほど格下の国(あえてそう言わせてもらいます)に、
    親切すぎるほど親切にした国ってありませんよ!
    当時の常識なら【韓国の王族なぞ根絶やし】にされても文句は言えなかったんです!

    もちろんご存知だと思いますが、フランスがベトナム王族に対して
    「何をしたか知ってますか?」
    英国がビルマやインドの王族にどのような仕打ちをしたか知ってますか?

    欧米列強に「負けた国の王族達」は、本当に悲惨な運命を辿らされたんです。

    しかしながら、日本は韓国の王族を潰すどころか【準皇族】として扱い、
    皇族の血を引く姫君(昭和天皇陛下のお妃候補でもあった)
    梨本宮方子様を李垠(リ・ギン殿下)に嫁がせたんですよ!

    欧米ではありえないことです。欧米が「植民地の王族」に
    自国の姫君を嫁がせるなんて、天地がひっくり返ってもありえない事だったでしょう。

    その一つをとってみても、当時の帝国主義の時代、
    日本は「力弱き朝鮮」に対して、あり得ないほど「人道的に扱って」いたんです。

    また櫻井氏の仰るように、当時の常識や倫理観を無視して、
    今の常識で日本を裁くことは無意味ですし、ある意味「卑怯」です。

  3. 仲井 より:

    管理人さんもさすがにいつも挟むコメントも出されていないようで、この件でのコメントは控えられたようですね。
    お気持ちはわかる気がします。

    ことこの朝鮮半島の件においては、いろいろな内容が、それが朝鮮が発する内容において、歴史に、事実と合わない、日本と朝鮮の間で起きていた事実、真実、起きた事案において、奴らは、日本に向けてよくここまで嘘が並べられるなあと、日本人から見ればもうあきれるばかりに恥も知らず嘘とでたらめとでっち上げと偽装工作が蔓延して普通に毎日のように流されっぱなしできた。
    それを日本のテレビ新聞が後追いや先行してその朝鮮が発する嘘の内容を、その嘘を確定させて真実かのように書き日本で日本の報道機関がそれをやる。
    恥も知らず、もう一つ言えば朝鮮で話題にもなっていない内容を捏造してまで日本の悪辣ぶりを日本でねつ造して朝鮮国内でそれを煽らせでっち上げていく。

    こんな国は日本しかない。
    なぜこれが起きてきたのか。

    それは日本民族に朝鮮民族が化けて成りすましているからだ。
    そのことに若者を含め中年代の日本人も皆騙されて気づいていない。

    顔や名前の漢字、及び名前の発音の音程の読むときの音のイントネーションの並び順、を見てて、今の若者はそれが日本民族か日本人に化けた朝鮮民族が付けた者かをその見分けができないのだ。
    通名とか日本人と朝鮮民族を混ざらせて如何にも皆日本人のようにして朝鮮民族が学校の時点からだまして朝鮮人を日本人に見せかけることを学校の朝鮮人教師がすべて仕組んでそれをやってきたために、現在50代ぐらいまでの人らはおそらくパッと見ただけでこいつは日本人か朝鮮人かの判別はたぶんできないだろう。
    我々世代はもう間もなく消えていくのでそこが一番心配である。
    まあ遺伝子判別という科学の粋が出てきて解析の解明は科学的には民族的区別は現状できるようにはなってるが。

    だが今は、日本人に化けていることをひたすら隠し、その中にはスパイ也破防法にかかわるそういう連中がひそかに日本人に化けてこの日本のそこらじゅうの町並みに潜んで存在しているこのこわさを日本人は日々認識すべきだ。
    犯罪の8割近くが朝鮮民族の手で発生している現状を日本はもっと重要問題としてここを根絶させるための方策に、民俗的区別の検査、遺伝子検査というものを国民すべてに義務付けるべきである。
    そのうえで大丈夫な人と危険行動を行っている者らを区別して国は掴んでおくべきである。
    そうすればたぶん日本の大学の教授クラス準教授クラスの半分どころか7割ぐらいがこれに引っかかってくるのでは?特に国公立の名誉教授まで行けば。

    まだバレていないと高をくくって奴らは自分がいかにも日本人だと見せかけてそこで言論の自由だなどと日本人が言うセリフを日本人に化けた朝鮮人活動家が叫んでいるのが今の日本だ。
    危ないことこの上ない現状である、日本は今。
    騙せてると思い込んでるテレビ局は、そこを最大限生かしてテレビではそれをまんまと日本人が喋ってるかに見せて日本の国民をだまし報道を続けてここまで来た。
    空今のように朝鮮から出てくる嘘の発信にも、こいつら真実に見せかけて報道するはずだよな!
    世界中で朝鮮民族がほかの国の民族に化けて成りすますこと、まず絶対にできない。
    だが日本ではそれを平気でさせてきて、年配の我々世代は皆わかっていても、それを私などはテレビ新聞に伝えて、
    【番組ぐらいは日本人出演で報道させろ」と要求しても、全く朝鮮民族が報道をやっている。
    だから日本の若者たちは日本の日本人がテレビや新聞で報道しているからと思い込まされ、それにまんまと日本人が言ってるんだからと、だから朝鮮とは仲良くだなどと、日本が悪いだとかを平気で思い込むものも騙されて出てくるし、ここまでネットがない時代にはこれをもう何十年と日本人は朝鮮人テレビ局新聞に騙され続けてきた。
    まあ私は40年以上前から日本のテレビ新聞には日本人に化けた朝鮮民族記者をなぜ使ってるのかとテレビにも新聞にも抗議は常にやっていた。

    日本のテレビ局で居てるものらが、日本人だと皆が信じ込まされていたから表でこういうことを周りで喋っても皆が首を傾げたりしていた。
    同級生は皆そこはわかっていて私の言う通りだという意見が普通だった。
    彼等は日本人でもないし彼らは朝鮮民族であり、自国の祖国に利益のために自分の先祖の祖国のためにテレビで新聞で狙いをつけて日本人に化けてやっているわけだ。
    不思議なことにそれが通用していた時期が長年続いていたわけである。
    ネットに初めて書きだしたころも私の書いたことは誰も最初触れないぐらいの状況であった。
    こんな日本人に化けた朝鮮人が日本のテレビ新聞を牛耳って報道はほぼほぼ日本人などいないと書いていたので皆唖然としていた。

    最近では中国の手先にまでなってこの日本人に見た目解らないと思って自分らが朝鮮民族だということを隠し日本人のふりで現在日本のテレビ新聞で日本破壊活動をやっている。
    しかもまだこの期に及んでも自分らが日本人のふりで偉そうに日本の歴史近現代史朝鮮との日本の関係をまあ作って作ってここまで嘘を作ってやるかというぐらい真実などほとんどない状態で報道番組はやっている。

    これが日本に存在する新聞テレビがだ。
    呆れてものも言えない。
    我々も声を出していくべきですね。

  4. 仲井 より:

    https://www.youtube.com/watch?v=nhER4d5RXbU


    こんな動画を過去に出していたなんて全く知らなかった。

    この動画を今日初めて見て、見て私が以前にやったことと、ちょうどその時期が時系列で符合するなあと思える内容があり、その当時の時のことを思い出し、これはその時こういうことがNHK・電通や大手テレビ局関連での起きていたことが周辺であったので、だから私が伝えたことが試験的に警視庁が試しで私の申し出を無下に扱わずに最初は一寸じゃあ調べてみるわ程度だったが、あそこで実際に検証してくれたのかなあと。

    少しダブってくる部分が思い当たり、これを見てそれを強く思い出してきた。
    ああ、当時私の知らないところで、実は警察と密接な間柄であったNHKにおいてこんなことがじつは起きていたのかと。そしてそこに私が以前から何度も申し入れていた内容をその前までの数年間は警視庁をはじめ全国の警察本部総てがこの朝鮮民族にかかわる内容について無視を通していたが、無視して放置されていたが、このタイミングになってようやくそういうことがNHKの周辺で起こりだし、それで警視庁もそのことが頭にもあって、私の内容をではちょっと調べてみようかと、やってみようかとなったのかも。

    当時の東京警視庁の一人の警部に、
    被害対象が存在する場合の事件発生の場合の、被疑者とされるものを見つけた折、容疑者のその本当の民族、日本民族か朝鮮民族なのかを、本来であればまずはそこから、この一番大事な部分の内容を、実は日本の警察は多くの場合日本の国家に自治体に存在している戸籍帳簿・住民票なりを見るだけで、そのしんぎなどほとんどを厳格に捜査・照合をしていないのでは?

    ほとんどがその戸籍自体が国籍自体が本物の内容なのか、でっち上げて嘘で作り上げた内容なのかを、事件ごとで果たしてやっているのか、ほぼほぼほとんどそこまでやっていない場合が多いのでは?
    何故かというと日本国内で発生して要る事件件数のうちの民族的分別で行けば警察発表なり問い合わせても朝鮮民族の起こした犯罪件数がその実態とはかけ離れてその数値がいかにも少なすぎる。
    テレビ報道ニュースで見ていてその犯人とされる者らでそこに日本民族だとほぼほぼ確認できるものはもうほんのわずかしか見受けられない。日本人の我々世代から見て誰がどう考えてもこの人物は日本民族では無いだろうにと思えるものが事件の起きるたびにほとんどだが、日本の国籍を持っているかもしれないが明らかに朝鮮民族だと思えるものが事件での逮捕されたもので多すぎる。
    なのに報道も警察からの公表されたり内部的に漏れ出てくる情報でも、日本で起きている事件、これを起こしている民族区別で行くと、朝鮮民族ってせいぜい40%~50%ぐらいの報告でしかない。

    之っておかしいと思いませんか?
    な訳ないはずだと思いませんか?

    これを私が全国の警察本部に声掛けをして初めてやったのは、もう多分18年前後位前の時期だったと思う。
    だから立花さんが語っておられるその起きていたとされる時期、こうやってNHK内でこんなことが起きだしていたと、気づいたというのが(電通に乗っ取られるという状況が=韓国に)15年位前(立花さんがその真相に気づいたのが2008年で実際に起きていたのはその前の2005年ぐらいだったといっている)だと言っているので、私が警視庁に孟男馬手伝えた時期が18年ぐらい前なのででも警視庁は伝え続けていたが実際にはそれをやってくれなくてそれからも数か月ごとぐらいに何度も何度も繰り返し伝え続けていたら当時異動でその部署にやってきた警部がおもしろいと言ってくれてじゃあ一つとりあえず何喧嘩でそれをやってみようということになってくれた。
    それが2008~2009年ぐらいだったと思う。
    伝え始めてから3年以上は警視庁は何もしてくれていなかったが、そのタイミングでその替ってきたばかりの警部がやってみると言ってくれた、警視庁だけがまあ私の内容を実際にやってくれることになった。

    今日立花さんのこの動画を初めて見て、ああちょうどこんなことがあの私が警視庁とのやり取りをやっていた時期に起きていたのかと、我々の知らないところでと、日本でいつ日本に入ってきたかもわからん状態の連中が、それら朝鮮民族と電通という民族的にも内容的にも一体のような組織が暗躍して動いて、其れと直接つながる接点でのNHKと警察というこのつながりというこのトライアングルの異常な関係部分も、これを見ると、これら連中のそれぞれの利害がそこにかかわり、醜い相関図がと、或る意味納得した。

    あの時までどこの警察本部も動いてくれなかったが、あのタイミングでようやく動くことになったのは、もしかしてこういう背景が我々には知らないところで警察内部にも関係する状態で起きだしていて、そこに気になりだした警察が、このまま放置せずに情報収集という意味合いでの私からの提言内容をここにきてようやく受けてくれたその訳がちょっと分かったような気がする。

    警察にも別の意味の正義感というか日本人という立場でのそれまで放置させてきていたことを、これはやっぱり放置は駄目だと、ちょっと意識変化が起きていたのかも。

    誰が見てもこれは朝鮮民族だとわかるようなものを、ただよく調査もせずに、戸籍の登録された帳簿だけでこれは日本民族にちょる、日本人による犯行だなどと簡単に判断するのはおかしすぎませんか?

    終戦時期のあの昭和20年代や関東大震災時にも、いったいどれだけの朝鮮人が日本人に国籍戸籍ごとすり替わって(併合で朝鮮人でありながら一応日本人になったというのではなくてそもそも初めから日本民族だと登録されている)日本人に日本国籍に入れ替わってしまってるかをご存知ですよね。
    それを解っていてなぜそういう犯人を拘束した折その本人の国籍の真偽戸籍住民票の真偽についてもっと徹底して調べないんですか?と、警視庁の警部に問い詰めた。

    ただ私はこの時もう一つ警察が捜査の上でちょっと楽になる捜査手法というものを伝えた。
    これが多分彼らが私の伝えたものをやってもいいよというように動いた一番初めに感じた内容だろうと今でも思っている。
    それはここにも書いてきたが、
    犯人・被疑者として身柄を取ったその者の、彼らの両親及び祖父母とされる人物らのその日本国内での学校就学記録、明治時代のその時の小学校はどこに行ったとされて記録に有るのか、戸籍に記載されている幼少期の小学生時代にその時期の明治時代にどの地域で生まれそのことで何処のどの小学校に就学した記録があるのかを、ここを調べれば逮捕した本人の民族的判別は大体9分9厘判明しますのでと、身元はすぐに判明するからと、こう伝えた。まだその時には遺伝子による民族判別は証明されておらず学識発表もちょっと頼りないもので革新の持てない者であったためその件はこの時には警視庁には言わなかった。
    だがその後遺伝子で民族判別ができることが分かったので警視庁はすぐに全面的に遺伝子での判別をやっているが、でも全国となるとまだ全部とまでいかず、今では全国の多くの警察本部内ではやりだしている。

    これをやってもらえるように私がやったのは、
    【被疑者が黙秘や否認を続けて白状しない自白しないということが起きたらこの民族判別の内容を被疑者に突き付けそこで被疑者がもしも日本の国籍を持っていたらそのことで追及ができるからそれで被疑者を追い込めばこのことが(最悪親族もろとも全員が国外追放処分=法的には)怖くなって否認していた被疑者はすぐにげろ自白するはずです。
    暴力やきつい問い詰めでの事情聴取などいりません、これをやさしく本人の目の前に突き出してやるだけでほぼ自白するでしょう、だからこれは捜査を楽にもしてくれるし短期間で自白が撮れるし刑事さんにすれば非常にいい提案だと思いますがと伝えたらようやく警部がそれを受けてくれて今ではもう東京警視庁すべてどこの所轄でもこれをできる体制ができている。

    だから否認している黙秘しているという事件が逮捕当日はそう報道で伝えられるがもう3日もすればすぐに自白しているでしょう?
    あれはこの手法で刑事は被疑者にこの民族判別とお前の家系は挑戦民族なのにどうやって日本の国籍をどうやって手にしてるのかのいきさつだけを問い詰めて聞けば、一様に皆素直になりだしみな白状して罪を認めてしまうのだ。
    大阪の後妻業事件、
    全国で起きている子供虐待死事件、
    幼児・児童、性的暴行虐待および殺害事件
    病院内での患者不審死事件
    保育園での園児不審死事件、

    証拠を取りにくいこういう事件も、被疑者とされるものが否認や黙秘をしているとテレビで報道されたら私はすぐにその県警の警察本部にも連絡しているし、起きた県警本部の管轄の所轄にも、その扱っている所轄に私が連絡したら、これでやったらすぐに白状しますよと、大体はその翌日にはすぐに下呂し、自白したという事件は、ここ数年、全国でものすごくある。

    其れと東京警視庁管内で発生している事件の約8割ほど、凶悪事件及び金銭を奪うほうにあたる、金銭を取られる事件での犯行、脅迫・恐喝・暴力・暴行・虐待等で起こす犯人の事件については、もうほとんどが朝鮮民族による犯行で、いわゆる中国人・アジア系・インドネシア、中近東系アジア人、の物とは犯行の種類が違うという。

    日常そこらじゅうで発生するような強盗、窃盗、痴漢行為、暴力・虐待、詐欺、脅迫、恐喝・殺人、
    これらについては日本で発生している事件の殆どが遺伝子での判別をしだしたらほとんどが実は朝鮮民族の犯行が殆どだったと言っている。

    今日本は表向きおとなしく着飾り表装飾で姿を偽っているがもとをただせば実は終戦時期にはあれだけ日本国内の都会で略奪強奪強姦脅迫暴力、もうあらゆることをやっていた民族のその家系の者らが今こうして普通に世間でそこらじゅうに居てるということを忘れてはいけない。
    電通を攻撃して事実を出したら立花さん命大丈夫ですか?と聞かれること自体がここはもう日本ではなくて或る意味終戦時期にあの昭和20年代に今日本は戻っているといっていい。

    周りの動きは常に見渡しきちんと人間を見極める力を養いましょう。
    こんな連中に支配されいずれ日本が奪われたら我々日本人は一瞬で奴隷にされる運命になっている。
    中国朝鮮半島の民族はそれを繰り返して歴史を記vザンデ来た民族。
    あれらは人間の細胞ではなくて生き物の人間とは違う細胞まで持っている生き物です。
    気を付けるに越したことはありません。
    でも戦わないと日本は奴隷国家にされてしまいますよ!

トップへ戻る