【橋下徹×田村厚労大臣】課題山積、ワクチン接種。人員・場所の確保は?接種情報、時間や手間のかかる紙管理でやるのか?

記事をシェアして頂けると嬉しいです

(ワクチン接種情報のデジタル管理)
橋下徹「厚労省は、新規でやるのは負担になるから『やめよう』と言う声が強いと聞いている。新しいシステムは作るのか?

田村厚労大臣「時間的な制約があるが、作っていく事で検討している。厚労省はこれに対して反対していない

2/7 フジ系 日曜朝の報道番組

埼玉県・大野知事も出演

※残念ながら動画は削除されました・・・

<<下に続く>>


ワクチン接種情報のデジタル管理
もう結果が見えている気がします・・・

「デジタル管理をするつもりでいたが、システム完成を待つと接種開始が遅れてしまうので、今回は難しい・・・」

として、その後コロナが終息してしまえば、うやむやにする戦略ではないかと・・・

2021年は新型コロナ感染症の第3波を受けて、飲食店の営業自粛などを柱とする2度目の緊急事態宣言発出で始まりました。しかし1度目の緊急事態宣言とは異なり、負担を押し付けられる形の飲食業界からも公然と反発の声が上がっています。橋下徹氏はどう考えるか。オンラインサロン《橋下徹の激辛政治経済ゼミ》でのやり取りから一部をご紹介...

橋下さんの公式メルマガ
橋下徹の「問題解決の授業」公式メールマガジン|PRESIDENT Inc.

amazonで公式メルマガのバックナンバーを販売しています!

販売中メルマガ一覧
http://amzn.to/2ApBkaE

【amazon Kindle Unlimited】月々980円で書籍も雑誌もマンガも読み放題!PCでもスマホでもタブレットでも読める。(初めての方)30日間無料お試し実施中!

 

「維新」「増税なし」で大阪でやったこと
・私立高校無償化
・幼児教育無償化
・小中学校給食を無償に
・中学生塾代助成制度(月額1万円)
・0歳から高校生まで医療費1日500円(3日目から無料)
・大阪府大・市大授業料無償化
・授業用タブレット導入とクーラー設置
・水道料金値下げ
 など
「維新の会」が、これまで行ってきた改革の数々

日本維新の会 – 未来共創ラボ produced by 日本維新の会 – DMM オンラインサロン
「未来共創ラボ」は、参加者が国会議員、首長、地方議員らと一緒になって日本の課題解決のための政策をつくり、実際に議員立法や国会質問を通して国会に政策提言をしていく日本初の新しい政治参加の仕組みです。

ブログランキング参加中、応援クリックが励みになりますm(_ _)m
にほんブログ村 政治ブログ 政治情報へにほんブログ村

記事をシェアして頂けると嬉しいです

ブログ・SNSをフォローする

トップへ戻る