5/12 橋下氏Twilog 「テレビでやられたらイチコロなわけですよ。それでもツイッター、ネットがあってよかった。」

引用

ありがとう! RT @AKBatsuitsu: VOICEの放送みました。中学生ですがMBSの斉加アナウンサーの相手をいら立たせる対応、質問、態度があったと思います。届かない声だとは思いますが僕は大阪の中学生として教職員の方の起立斉唱、口元チェックは当然のことだとおもいます。

まったく。これがテレビの編集なんです。 RT @dolphinpanel: @t_ishin  この間のMBS VOICE すごいですね。驚きました。あの女性記者さんはキレイにカットされてるし、校長先生方の回答率自体そもそもかなり低いし、バランスが悪すぎだと思います。

いやー、皆さんが僕の大人げない会見http://t.co/75ikHCZiを監視して下さったおかげで、だいぶ状況が変わりました。MBSボイスは徹底批判する番組を作っていたのでしょうが、少しは事実関係を入れてきた。校長の口元チェックは教育委員会が認めたという事実。

口元チェックには賛否両論あったが、しかし教育委員会がOKを出したのです。これがこの問題の全てです。そしてボイスは、口元チェックの批判を校長アンケートを持ち出してやってきた。もう番組制作サイドの個人的なイデオロギーですね。客観性もへったくれもあったもんじゃない。

まず多くの校長が口元チェックをやり過ぎだと言っているというこのアンケート結果を番組の軸に据えていたが、160名余の校長にアンケートを出して40名余の回答。回答率は番組でちっちゃく出ていたが26%。回答率26%のアンケートはアンケートとして成立しているのか?

まず統計の基本すら認識していない番組。まああの記者を抱える番組だから仕方がないがあまりにも低レベルなスタッフで構成されていることを露呈した。すなわち74%の校長は回答すら出していない。いろんな考えがあるにせよ、校長が答えるべきでないと判断したのであろう。

そして回答率26%の回答のうち約半数が口元チェックに否定的。結局アンケート結果を冷静に分析すればアンケート対象者の約10%ちょっとが口元チェックに否定的だったに過ぎない。この事実は重いよ。これで校長全体が口元チェックに否定的だったという軸で番組を作った。

回答率26%のアンケート回答の中でも、口元チェックは問題ないという回答もたくさんあった。いずれにせよ回答率26%のアンケートで普通の感覚では、このアンケートでは、校長の感覚がどうのこうの言えるような資料にはならない。それをmbs

回答率26%のアンケートで、そのうちの半数、つまり全体の約10%ちょっとの否定的回答をもって、多くの校長は口元チェックに反対している!と堂々と論を張ったMBSボイスはテレビ番組として失格だろう。メディアの権力チェックの役割は分かるが今回は度が過ぎている。

それと嘉悦大学の高橋教授が言われていたがhttp://t.co/fjdcOk1t、僕と記者とのやり取りが全て可視化されていて良かった。http://t.co/75ikHCZi番組見たらびっくりしたよ。記者とのやり取りは全部カットされて僕は頭のおかしい市長そのもの。

まあ僕の頭も少しはおかしいのかもしれないけど、しかしテレビは怖いね。番組だけ見たら、なんでこんなテンションで答えてんの?となるもんね。http://t.co/75ikHCZiYOUTUBEで皆が監視してくれたので、何で僕があんなテンションだったのか多少は伝わったと思う。

でもあのボイスって番組、夕方番組でしょ。ネットを使わない世代の多くが観ている。そしてテレビの視聴者数ははんぱじゃない。関西で数百万人が視聴。僕はこうやってしこしこツイッターで反論するだけ。テレビでやられたらイチコロなわけですよ。それでもツイッター、ネットがあってよかった。

なんと言っても可視化ですね。これは僕にとってリスクでもある。全てがオープンになるから失言なんていくらでも生じる。それでも僕の立場だったら最後は有権者の判断に資するわけだからこれからも全てをオープンにしていきたいと思います。http://t.co/75ikHCZi

昨日の記者会見も2時間やりました。毎日朝夕も囲みをやっています。http://t.co/75ikHCZi市の重要な会議も全てフルオープン。ツイッターでも僕の考えを述べています。にもかかわらず、エセインテリは橋下の考えていること、国家観が分からないって。

こういう似非インテリは国家観が分からないというフレーズで飯を食っている。分からないではなくて分かろうとしないだけ。大阪府・市のHP、記者会見http://t.co/75ikHCZi、ツイッターなどでかなり述べていると思うんだけど。5月11日朝の囲みでは外交についても述べました

僕は囲みは問われたことに答えるスタイルを採っているので、自分から国家観を延々述べることはしません。しかし記者からの質問に答える形で全てを述べています。5月11日は外交、近現代史について質問に答える形で述べています。http://t.co/75ikHCZi

なぜ日本の似非インテリが弱いのかと言うと、具体的な批判が何もできない。抽象論、思想論の範囲での批判のみ。市長就任からの約5カ月で市政改革プランをまとめました。もちろん市役所組織の大活躍だが、この具体案について批判をして来いって言うの。http://t.co/75ikHCZi

外郭団体改革、給与構造改革、そして大阪府との府市統合改革などなどさらに6月までにまとめる。加えて大阪都構想も進めている。このような改革案件について似非インテリは何も批判できない。それは何も勉強しないから。そして民主主義に反する、国家観がない、そのフレーズの繰り返し。楽な商売だ。

posted at 12:04:35

(橋下氏 twilogより)

問題のMBSボイス動画↓
例の「5/11 MBS ボイス 特集『国歌起立斉唱 揺れ動く声』」 動画

「維新」「増税なし」で大阪でやったこと
・私立高校無償化
・幼児教育無償化
・大阪府大・市大授業料無償化(2020年度より)
・中学生塾代助成制度(月額1万円)
・中3まで医療費実質無料(高校生は1回500円)
・授業用タブレット導入とクーラー設置
・水道料金値下げ
 など
「維新の会」が、これまで行ってきた改革の数々

日本維新の会 – 未来共創ラボ produced by 日本維新の会 – DMM オンラインサロン
「未来共創ラボ」は、参加者が国会議員、首長、地方議員らと一緒になって日本の課題解決のための政策をつくり、実際に議員立法や国会質問を通して国会に政策提言をしていく日本初の新しい政治参加の仕組みです。

ブログランキング参加中、応援クリックが励みになりますm(_ _)m
にほんブログ村 政治ブログ 政治情報へにほんブログ村

記事をシェアして頂けると嬉しいです

ブログ・SNSをフォローする

コメント

  1. まとめwoネタ速neo より:

    まとめtyaiました【5/12 橋下氏Twilog 「テレビでやられたらイチコロなわけですよ。それでもツイッター、ネットがあってよかった。」】

    引用ありがとう! RT @AKBatsuitsu: VOICEの放送みました。中学生ですがMBSの斉加アナウンサーの相手をいら立たせる対応、質問、態度があったと思います。届かない声だとは思いますが僕は大…

トップへ戻る