橋下市長 近現代史博物館を新設へ

記事をシェアして頂けると嬉しいです

引用

大阪市長、近現代史博物館を新設へ

 大阪市の橋下徹市長は11日、府市が運営補助金を支出する「大阪人権博物館(リバティおおさか)」(大阪市浪速区)と、府市が出資する「大阪国際平和センター(ピースおおさか)」(同市中央区)を統合させ、子どもが近現代史を学べる博物館として新設する考えを明らかにした。展示内容は、「新しい歴史教科書をつくる会」や、同会の元会員などに助言を仰ぐという。市役所で報道陣に語った。

 橋下市長は「なぜ中国から歴史認識を厳しく批判されるのか。国際情勢を正しく認識するには、近現代史(の教育)が外せない」と述べ、国によって歴史観が異なる近現代史について、それぞれの考え方を学べる展示を行う考えを示した。実現時期については「(2015年までの)任期中にやりたい」と語った。

 大阪人権博物館については府市が運営補助金の打ち切りを決めている。
(5/12 読売新聞より)

全く、同感です!

私も学校で学んだ歴史は、第二次大戦まででした・・・

お恥ずかしい話、世界情勢のニュースを見ていても、なぜそんな事が起きるのか?
いまいち理解出来ない事も、しばしばでした。

最近、ようやく近現代史と宗教について、触れるようになって、ニュースの理解が間違いなく進みました。
もっと早く学んでいればと痛感しています。

 

「維新」「借金減らし増税なし」で大阪でやったこと
・私立高校無償化
・幼児教育無償化
・小中学校給食を無償に
・中学生塾代助成制度(月額1万円)
・0歳から高校生まで医療費1日500円(3日目から無料)
・大阪府大・市大授業料無償化
・授業用タブレット導入とクーラー設置
・水道料金値下げ
・特別養護老人ホームの整備促進・入居枠大幅拡大
 など
「維新の会」が、これまで行ってきた改革の数々

日本維新の会 – 未来共創ラボ produced by 日本維新の会 – DMM オンラインサロン
「未来共創ラボ」は、参加者が国会議員、首長、地方議員らと一緒になって日本の課題解決のための政策をつくり、実際に議員立法や国会質問を通して国会に政策提言をしていく日本初の新しい政治参加の仕組みです。

ブログランキング参加中、応援クリックが励みになりますm(_ _)m
にほんブログ村 政治ブログ 政治情報へにほんブログ村

記事をシェアして頂けると嬉しいです

ブログ・SNSをフォローする

コメント

  1. 匿名 より:

    実際は中韓の学者呼んで向こうにとって都合のいい歴史博物館作るようですが…
    若者に偏狭なナショナリズムが蔓延してるとかで

  2. 先憂市民 より:

    名無しさん?
    コメントありがとうございます。

    > 実際は中韓の学者呼んで向こうにとって都合のいい歴史博物館作るようですが…
    > 若者に偏狭なナショナリズムが蔓延してるとかで

    歴史に関しては、見方・解釈で、正直「正解」が無いのではと思い始めてます。
    色々な歴史の側面・見方を知る事が大事ではとも思います。

トップへ戻る