政治活動「原則免職」撤回 大阪市職員条例案が成立へ

記事をシェアして頂けると嬉しいです

橋下氏 「バカですねぇ、ホントにね・・・閣議決定に思う存分従わせてもらいます」で紹介した件の続報です。

(引用)

政治活動「原則免職」撤回 大阪市職員条例案が成立へ

 大阪市職員の政治活動を国家公務員並みに規制する「職員の政治的行為の制限に関する条例案」が、7月市議会で成立する方向となった。提案した橋下徹市長と、公明党市議団は12日、条例違反者は「原則懲戒免職」としていた原案を「戒告、減給、停職または免職処分ができる」と修正することで合意した。

 橋下氏と公明はまた、保護者の声を教育現場に反映させることをめざす「市立学校活性化条例案」についても修正で大筋合意。市幹部らの組織的な選挙活動への関与を禁じる「政治的中立性を確保するための組織的活動の制限に関する条例案」と、労使交渉ルールの厳格化を定めた「労使関係に関する条例案」は、橋下氏提出の原案に公明が賛成する方向で、いずれも7月議会で成立する見通しとなった。

 橋下氏は当初、市職員の政治的行為を制限する条例案について、国家公務員法と同様の罰則規定を設け、条例に違反する政治活動をした職員に刑事罰を科す方針を表明。しかし、政府が「地方公務員法に違反する」との答弁書を閣議決定したため、違反者は「原則として懲戒免職処分」との条例案を提出していた。(朝日新聞 7/13)

残念ですね・・・
公明党は乗れないでしょうね。まあ現実的な所に落ち着きました。
しかし、国家公務員より甘いのは間違いないですから、国会はこの問題を早く解消して頂きたいですね・・・
と言っても今の国会状況では無理ですね・・・

 

「維新」「借金減らし増税なし」で大阪でやったこと
・私立高校無償化
・幼児教育無償化
・小中学校給食を無償に
・中学生塾代助成制度(月額1万円)
・0歳から高校生まで医療費1日500円(3日目から無料)
・大阪府大・市大授業料無償化
・授業用タブレット導入とクーラー設置
・水道料金値下げ
・特別養護老人ホームの整備促進・入居枠大幅拡大
 など
「維新の会」が、これまで行ってきた改革の数々

日本維新の会 – 未来共創ラボ produced by 日本維新の会 – DMM オンラインサロン
「未来共創ラボ」は、参加者が国会議員、首長、地方議員らと一緒になって日本の課題解決のための政策をつくり、実際に議員立法や国会質問を通して国会に政策提言をしていく日本初の新しい政治参加の仕組みです。

ブログランキング参加中、応援クリックが励みになりますm(_ _)m
にほんブログ村 政治ブログ 政治情報へにほんブログ村

記事をシェアして頂けると嬉しいです

ブログ・SNSをフォローする

トップへ戻る