吉村大阪市長「慰安婦像、受け入れられぬ」米代表団に抗議の意思を伝達。賛同しない大阪自民に百田尚樹激怒!

記事をシェアして頂けると嬉しいです

「慰安婦像、受け入れられぬ」 大阪市長、米の代表団に:朝日新聞デジタル

 大阪市との姉妹都市提携60周年を記念し、米サンフランシスコ市の代表団の表敬訪問を受けた吉村洋文・大阪市長は23日、旧日本軍の慰安婦像を市営公園に組み込むサンフランシスコ市の計画について「大阪市としては受け入れられない」と抗議の意思を伝えた。

 吉村市長は、像設置の再考を求めてサンフランシスコ市のエドウィン・リー市長宛てに書いた書簡を、代表団のキャスリーン・キムラ姉妹都市協会共同委員長に手渡した。キムラ氏は「私たちは友好関係を続ける義務がある」と答え、慰安婦像の是非には言及しなかった。

 両市は1957年10月に姉妹都市提携を結び、市民の語学交流などを続けてきた。慰安婦像は今年9月、サンフランシスコ市の市営公園に隣接する土地に民間団体が建て、同市が今後、市営公園の一部にする方針。吉村市長は先月末、リー市長に「慰安婦像が公有地に置かれるなら、関係を見直さなければならない」との抗議文を送っていた。

 吉村市長は代表団に「皆さんの草の根活動を存じ上げているので、ぜひ関係を続けたい」とも述べたが、「慰安婦像の設置は日本人にとって大きな問題だと市長に伝えていただきたい」と強調した。

「内容」 ・保育士宿舎借り上げ支援事業の対象者要件を拡充します ・大阪市ICT戦略室 理事(最高情報セキュリティ責任者)と情報システム強...

9月に送った抗議文に続き、抗議の意思を伝えました

もっとメディアで取り上げて、日本全体で問題意識を広め共有して欲しい所です

だが、しかし

昨日の報道 過去の橋下氏発言後の対応理由に…米SF市の慰安婦像設置再検討決議、自公大阪市議団が反対…否決へ(1/3ページ) - 産経W...

日本人の名誉より、

自身の身分を守る為、都構想反対の結束を優先した大阪自民

このふざけた、この大阪自民の対応に納得できない方

自民大阪市議の事務所に連絡して文句言ってやりましょう!

 

「維新」「増税なし」で大阪でやったこと
・私立高校無償化
・幼児教育無償化
・小中学校給食を無償に
・中学生塾代助成制度(月額1万円)
・0歳から高校生まで医療費1日500円(3日目から無料)
・大阪府大・市大授業料無償化
・授業用タブレット導入とクーラー設置
・水道料金値下げ
 など
「維新の会」が、これまで行ってきた改革の数々

日本維新の会 – 未来共創ラボ produced by 日本維新の会 – DMM オンラインサロン
「未来共創ラボ」は、参加者が国会議員、首長、地方議員らと一緒になって日本の課題解決のための政策をつくり、実際に議員立法や国会質問を通して国会に政策提言をしていく日本初の新しい政治参加の仕組みです。

ブログランキング参加中、応援クリックが励みになりますm(_ _)m
にほんブログ村 政治ブログ 政治情報へにほんブログ村

記事をシェアして頂けると嬉しいです

ブログ・SNSをフォローする

コメント

  1. 椿 より:

    吉村市長!!!!本当にありがとう!!!
    頑張って下さいね!!! 応援しています!!!

    以前に大阪市に「慰安婦像設置」について電凸をし、
    「慰安婦像の維持費は国民の税金が使われるのでしょう?」と尋ねましたら、
    市役所の人は「私営地ですので、国民の税金が使われることはありません!」と
    キッパリ仰ってたのですが、本当でしょうか?

    >同市が今後、市営公園の一部にする方針

    市営公園になるのなら、慰安婦像の維持費は
    日本人も支払わなければならないのではないですか?
    これは許せません!!!!

    私、大阪の自民・公明・共産に対してもクレーム入れさせてもらいます!!!
    日本人の生命・安全よりも、
    韓国や中国の友好(ご機嫌)を取るなんて、あり得ません!!

    ★ ただすごく心配なのが、吉村市長が”言説を翻す”と、
    「それ見た事か!」と言うように、中韓に逆ねじを喰らわされます!
    「あんなにクレームを入れていた大阪市だけれど、
    やっぱり、真実には勝てなかった、だからヤッパリ折れて、
    姉妹都市関係は解消しなかった!やはり真実は勝つ!」等と、言われないようにして下さい!

    こういう事↑になったら、「座ってかく恥、立ってかく」となり、
    他県からも「余計な事を!」と言われるし、
    また、在米日本人の方達の『日本人としての誇りがズタボロ』になってしまいので、

    絶対に言説(姉妹都市解消)は撤回しないで下さい!!!お願いします。m(__)m。

  2. 京都の住人 より:

    彼はフィクション作家でありながら、故たかじんを愚弄する本をノンフィクションであると堂々と言い切った挙句、ネットで四方から突っ込まれると子供染みた言い訳に終始していた男です。「都構想には賛成」を切り札に松井氏や吉村氏と翻意にしてるようですが、東京では相手にされない(自業自得である)ので大阪で延命するには?と考えた挙句、流石に素晴らしいアンテナをお持ちなようで、大嫌いな左派思想ではないであろう維新に擦り寄っているだけなのです。自民の総裁から架電が有ったことを自慢げに話していますが、ほんまは自民大好き人間、だから大阪自民が歯痒くて堪らないのです。がしかし、総理総裁に大阪自民の実情を彼があの饒舌さを持って話せたのなら、信頼に値する者と認めましょう(笑)

トップへ戻る