橋下氏「(25万外国人実習生が事実上コンビニ等の主戦力)もう、ごまかしは限界。真正面から制度化すべき」12/13のツイート

(橋下徹氏twilogより引用)


(出典:https://twitter.com/tnatsu/status/940752181099085824)

もうごまかしは限界。技能実習制度は外国人実習生が帰国して母国で技術を拡めてもらうことが目的。日本の労働力確保は目的外。介護実習生は完全に日本の労働力確保。外国人労働力を真正面から制度化すべきだが保守というものに恐れて動かない政治家ばかり。野党にとってチャンスなのに維新も動かない。

北朝鮮の核開発にともない米朝間の軍事的緊張が高まる一方、核廃絶を目指す国際NGO「核兵器廃絶国際キャンペーン」(ICAN)の活動が2017年…

大衆居酒屋などでも、随分前から当たり前の光景ですね
恐らく、ほとんどがそういう方々なんでしょうね・・・


政界引退後初めての本、絶賛発売中!


橋下さんの有料メルマガ
橋下徹の「問題解決の授業」公式メールマガジン|PRESIDENT Inc.

amazonでバックナンバーを販売するようになりました!

販売商品一覧
http://amzn.to/2ApBkaE

コメント

  1. 京都の住人 より:

    今の小学校、中学校にダブルの子供が通っていないところってないでしょう。平成は終わろうとしているのに、治安が悪くなるとか日本人労働者が圧迫され支障を来すとか、四の五の言ってる禿げ親父のまあ多いこと。オリンピックでも相当数のダブルの子が日の丸背負って頑張っています。伝統文化的なことが後世に曲がって継承されかねないとか、訳の解らないことを言ってビザ発給緩和に反対していた代議士もおりました。今でも入管法はある意味笊法。職員不足を良いことに違法滞在者に目を瞑っている現状こそが危ないのです。ちゃんと在留期限を決めて、税金納めさせる方向で事を進めば問題はありません。2030年問題、深刻なんですけどね。でも、すんなり行かないようです。国体や血筋云々言ってる人、まだ維新にもいますから(笑)

  2. 仲井 より:

    日本における戦後から続く隠された内容、
    日本のここ40年ほどの状況は、戦後に日本国籍に入れ替わったものからつないだ子供ら、この違法移民が日本の国籍をだましてつかんで以降に生まれた子供たち、この彼らの子供たちがそこから日本のあらゆる社会に日本人として入り込んできた。

    戦時中も、戦後においても、日本の全国の朝鮮民族のみが住んでいたそういう隔離状況で住んでいた彼らの地域から、或る時から、日本の国籍にだまして入れ替わったとたんに、その地域には日本の国籍になっているのでもうその朝鮮民族のみが住んでいた地域には当然住めなくなり、また意識としても日本にやってきた当時から常に日本人になりたい願望が強く、そこであらゆる手段を使い違法であるがまんまとうまく日本の国籍のそれを手にし、その状況でその地域には当然住みたくなくて、そこの住宅地域から一斉に抜け出し、抜け出し突然に日本人住宅地域や、日本人の働く現場、職場へと彼らが日本の国籍の日本人として混ざって入りだしてきた。
    入り込みだした。
    日本国籍の日本人として。
    まあ完全に違法行為の果ての仕業なんだが。

    日本人と称する連中が日本の都心にも集中してはいたが、そのうち奪い取った日本人の財産である土地まで勝手に自分名義で登記をし、自分のものとしてしてしまい、その犯行がそれがバレないうちに売り飛ばし、その時点で、朝鮮では全くできるはずもなかったほぼつかめるはずもなかったそこそこの大金を、これをこの渡ってきた日本でもろ手に泡でわしづかみで奪ってつかみ、それを支度金代わりの元手に日本国内の適当な地域で日本人として姿を変えて住み着き、そこそこの生活の糧になるものをやりだしたのだ。
    利口なものはその支度金を元手に何か事業をやり、大体は食べ物屋か、水商売が多かったが、朝鮮で農業をやっていたものなどは地方や都会の農地のある場所を、そこでもう奪い取って強奪したり、支度金で買ったりしながら、それらを日本で手にし、そこで日本人としてもう朝鮮では、奴隷の身分では想像もしていなかった【人間の生活】を、この違法にわたってきて日本の国籍をだまし取り日本の財産を勝手に日本人から奪い強奪し資金に変えて、それを元手に日本で生活をやりだした。
    そうやって彼らは日本人としてそれ以来住み着いていった。

    全く知らない地域に移ることで、本当の素性の身元の確認が、移った先のその地域の住民らからはできないようにして。ただ単にそこに違う地域から移ってきた日本人という具合の設定の芝居をして、まんまと日本中に住み着きだした。

    現状どこを見てもわかるが世界中の戦争地域、政治的混乱地域、ここから逃れて祖国を捨てて他国へ難民状況で違法に入国してきたものというのは、どこも同じだが国を出るときには大体は持っている資金もしばらくすると底を突き、その日の生活にも資金はなくなり苦しみ、しかも住居のようなものなどどこからも提供されないし、大体はテントを張ってそこで野宿というのがほとんどである。

    戦後の日本のように、世界にも類を見ないような働くものは確かに給料は安かったかもだがとにかく寝る量だとか寝具だとか食糧だとかはすべて働くところの経営者がすべて用意して支給してくれていた。

    日本全国ほとんどがそういう構造で成り立っていたので、日本に密入国でわたってきて日本に誰一人身寄り、知人もなく、その日のごはん、寝るところもないものでも、違法移民が野外でのテントで野宿などしないでも、どこかで働きさえすれば、日本ではあの時代の当時でも必ず寝てご飯を食べさせてもらえてそのまま仕事ができるという、そのうえ給料がもらえるというもう奴らの祖国の朝鮮では考えられない待遇で、彼らにすれば奴隷たちはおそらくここは夢の国かと、とんでもないほど恵まれた環境であった。

    現にまだ少年の時に朝鮮から金沢の地に違法に渡ってきて、たまたま自分を見つけてくれた地域の住民がかわいそうにと家で生活の面倒を見てくれてその後学校を卒業後に板金工場で働きそこで覚えた技術dせ自分で独立して板金の工場を経営しているある人物が新聞で語っていたことが或る。もう30年以上前だったと思うが。

    朝鮮でこんなことは全く考えられない内容だと、とにかく犬豚扱いでただ食べるものも残飯で人の親切心などというものなど自分はまだ子供なのに、あの朝鮮でそんな自分以外を助けるとか、周りのためだとか、などということなど自分の家族や周りでも見たこともないし、ただやらされ、いつ売り飛ばされるかおびえながらそんなことなど親も含めて考えられなかった地域であり、国であり、そういう周りの者らだったと、自分は日本に来て、こんなところが本当にあったんだと、今でも信じられないぐらいだと、地球上にはこんな国が、こんな人間が本当にいてたんだと、もうまったく信じられない気持ちだったと彼は語り自分はたしかに違法に日本にきているが、子供のときでありそこは許してほしいともいっている。

    違法にわたってきたとき手を差し伸べてくれて食べ物や住まいまで自分を助けてくれた日本人には、恩返しを死ぬまですると語っていたが。人間という者の本当の姿が日本にあったと彼は思ったといっている。

    彼が言っている。
    朝鮮でそんな人らを見たこともないし、祖国では考えられないと、聞いたこともないと。
    微塵も親からも親族からも周りからも人のためになどということは、感じたこともないし、奪い取ってでも自分で食えと、とにかく働いて稼いでこいだけであったと。

    戦後のあんな時期でさえ、日本はそれが工事や炭鉱の飯場とかでさえもが、企業という企業や商売をやってるものが必ず従業員の寮を持ち、仕事の作業には作業服から何から何まですべて働くところが支給し、とにかく食料と寝るところは、日本の職場はほぼ完ぺきに必ずそろっていた。
    それが日本での働くところの経営者がやる条件になっていた。

    だから日本に入ってきた朝鮮民族は日本で働く場所さえ見つければいつでも普通に生活ができるように整えられていた。
    こんな国は世界中どこにもないと思える。
    今では企業や商売人の経営者がもう朝鮮民族に入れ替わってしまい、働くものへの考え方がすべて朝鮮流になり、そんな従業員用の寮をもってだとかは奴ら朝鮮民族は元から考えてもいないし、職場での作業服まで個人負担でのクリーニングをさせたり、もう無茶苦茶である。
    会社での働く決められたその作業服もほとんどが二枚だけしか支給せずに、しかもこの洗濯まで、すべて従業員負担でやらせている。支給枚数が少ないので冬など一日ですぐに乾かずに個人負担は大変である。

    日本人経営と、朝鮮民族経営者の大きな違いは、こんなちょっとした従業員への助成、人間への思いやりという部分、まずはここで朝鮮民族はこんなことなど目にも入っていない、こういう小さなことで、自分の会社のトップや上司が朝鮮民族か日本民族化はすぐにわかる。
    日本の土地財産を一瞬で奪い取り、戦後のあの時期に無一文で日本にわたってきた奴隷の連中が、彼らが祖国朝鮮では手にもしたこともない、見たこともない大金をまんまとつかみ、そこそこの支度金のような金額を彼らはこの日本でドロボーで手にしたのだ。

    もうここに私が大体のことは書いてきているので、日本で今現在、どのくらいの違法移民が存在しているかは、ほぼ認識の中に入ってきていると思っています。
    最低でも、7~8人に一人、また、単純にいけば、夫婦の4組に一組は朝鮮民族が旦那か奥さんのどちらかに混ざっている確率になる。

    ここテレビで【警察二十四時】という日本全国の現場の県警の警察官らによる犯罪の取り締まりをドキュメントで知らせている番組があるが、最近の番組で出てきた沖縄県警、三重県警ほか多くの県警本部、府警本部が出てきてるが、そこに出てくる警察官の氏名を皆さんその使われている漢字の並び順と漢字そのものをよく見ておいてください。
    ★まあ日本人を探すのに苦労しますから!!!!!

    そら、遺伝子捜査をやるのが、今東京警視庁だけしか今やっていない理由が、実はそこにあるようだ。尼崎コンクリート殺人事件の犯人角田美代子の朝鮮からの本当の身元の捜査には絶対に触れようとしなかった兵庫県警のこの異常さはそこにある。

    このことでだれが被害を被るのかといえば、もろに日本民族がそのまま被害を受ける。被害を受けても、こういう場合には警察の捜査自体が、中途半端になる恐れがあるからだ。
    それともう一つ面白いのは、
    あの米軍基地のある沖縄って、全国と比べて二倍ほどの飲酒運転違反逮捕者が出ている県だってねえ。ここの県民って、本当に日本民族かどうかの真偽を確認させないとね。

    沖縄県知事が偉そうに米軍に対して飲酒はとんでもない、基地は沖縄から出て行けとえらそうに言ってるが、自分が票をもらってる自分の地域住民のほうがもっと悪質じゃあねえかよ!って。そっちに先に法律を守らせろよ!
    ばか!
    地元の沖縄住民に先に言えよ!
    地元の朝鮮民族のほうが、実際にはもっと悪質で、もっと飲酒運転の違反で逮捕されてるじゃん!って。
    ふざけるな!、

トップへ戻る