橋下市長「MBSのちちんぷいぷいの頭の悪さは群を抜いている。7月24日の放送もひどかった。」7/25のツイート

記事をシェアして頂けると嬉しいです

【自民党は市民を騙したのか?大阪会議は都構想の対案では無い!】第1回大阪戦略調整会議 2015.7.24

橋下市長 twilogより引用)
しかしMBSのちちんぷいぷいの頭の悪さは群を抜いている。7月24日の放送もひどかった。まず石田氏。大阪会議は都構想の「対案」ではなく「代案」だ、と。都構想はなくなったから対案ではなく、代案なんだと。ほんと下らないコメントの典型だ。そんなのどっちでも良いよ。代案なら代案で。

なぜ規約に都構想の対案、代案と明記しなければならないかと言えば、今の条例や規約では、二重行政の問題、これまで大阪府、大阪市で解決できなかった問題を扱わないことだってできる。もう少し国語の勉強をしろよ。今の条例と規約では、扱うことが「できる」にしかなっていない。

そこを必ず扱わなければならない、と義務規定にしようとしているのが今回の規約改定の問題提起だ。そもそもこうなることが分かっていたから僕は大阪都構想を提案した。大阪市役所、大阪府庁の一本化。大阪会議の事務局も今はバラバラ。大阪会議すら回らない状況。これがこれまでの大阪問題の象徴だね。

大阪全体の意思決定ができなかったことが大阪低迷の最大の要因。ゆえに大阪都構想で大阪全体の意思決定ができるようにしようとした。自民公明民主反維新は、大阪会議で大阪全体の意思決定ができると言い続けた。大阪都構想の対案として。だったら対案でも、代案でもいいからそう明記すべきだ。

MBSのちんぷいぷいでもっともらしく解説する司会者にコメンテーターに記者。もっと国語の勉強をしろ。「できる」規定と義務規定は違うだろ。大違いだ。しかも自民公明は二重行政問題や、大阪府大阪市が解決できなかったような難案件は取り扱わない方針だ。だからこそ今回の規約変更は最重要なんだよ

大阪会議で皆でサロンのような意見交換をしても大阪のためにならない。そんなのは府市共同設置の事務局を作れば良いだけ。大阪府、大阪市、堺市の枠組みでは解決できなかった難案件を解決するにはどうしたら良いか。その一つの提案が大阪都構想であり、その対案が大阪会議だった。

だから大阪会議では、大阪府、大阪市、堺市の枠組みで解決できなかった問題を解決する義務がある。大阪府議会の自民党と大阪市議会の自民党で言っていることがバラバラのことも多い。そこを調整するのが大阪会議だ。それをはっきりと明記せよ、というのが今回の問題提起だ。

テレビ大阪のニュースリアルはまともな解説だった。今の規約では二重行政の問題などを扱わないことができることを指摘していた。だから僕は義務規定にしようとしている。ただ長谷川キャスターは一つ誤解がある。住民投票で否決されたのは特別区設置という行政の仕組みについて。

維新の会が掲げていた二重行政の解消や、これまで大阪府大阪市で解決できなかった大阪問題を話し合うことまで否定されたわけではない。その解決手法としての大阪都構想という行政の枠組みが否定されただけ。だから自民公明反維新が主張した大阪会議という枠組みでやりましょ、と提案しただけだ。

そもそも大阪会議の準備会合を否定し、府市共同設置の事務局を否定したのは自民公明。これじゃ大阪会議など回りませんよと僕は言ったのに彼らは無視。会議を運営したことがない地方議員の浅知恵でポンコツの大阪会議ができあがってしまった。

4年かけて完璧に行政的に詰めきり、中央省庁のチェックも受けて総務大臣のお墨付きを受けた大阪都構想と、こんなお粗末なポンコツ大阪会議が同じ土俵で語られたのが情けないよ。メディアも、大阪会議が大阪都構想の対案だと報じていたんだからしっかり検証しろ。

ちちんぷいぷいの石田氏が言うように都構想の代案でも何でもいいよ。そこが問題じゃない。大阪会議でしょうもない意見交換で無駄な税金が使われないように、政治家に責任を負わせようとするのが今回の僕の提案だ。これまで大阪府議会、大阪市議会が逃げまくっていた課題に取り組ませる。

二重行政の解消、鉄道路線の優先順位づけ、広域事業の費用負担の在り方。大阪府議会、大阪市議会、堺市議会では解決せずに放置していることが山ほどある。これが大阪停滞の最大の要因だ。これらの課題に取り組ませる。議論できるじゃなくて、きちんと解決させる義務規定へ。これが僕の問題提起だ。
(引用終わり)

長谷川キャスターの質問があった
第1回大阪戦略調整会議後の囲み取材 2015.7.24

 

「維新」「増税なし」で大阪でやったこと
・私立高校無償化
・幼児教育無償化
・小中学校給食を無償に
・中学生塾代助成制度(月額1万円)
・0歳から高校生まで医療費1日500円(3日目から無料)
・大阪府大・市大授業料無償化
・授業用タブレット導入とクーラー設置
・水道料金値下げ
 など
「維新の会」が、これまで行ってきた改革の数々

日本維新の会 – 未来共創ラボ produced by 日本維新の会 – DMM オンラインサロン
「未来共創ラボ」は、参加者が国会議員、首長、地方議員らと一緒になって日本の課題解決のための政策をつくり、実際に議員立法や国会質問を通して国会に政策提言をしていく日本初の新しい政治参加の仕組みです。

ブログランキング参加中、応援クリックが励みになりますm(_ _)m
にほんブログ村 政治ブログ 政治情報へにほんブログ村

記事をシェアして頂けると嬉しいです

ブログ・SNSをフォローする

コメント

  1. 匿名 より:

    橋下市長の怒り、悔しさが良く分かるツイートですね・・・詰めに詰めて「お国」からお墨付きをもらった大阪都構想がツブされ、こんな時間の無駄なのが分りきってる会議に出席するのは、それはもう大変なストレスを感じることでしょう・・・

  2. 椿 より:

    [太字]
    あんな「[色:0000FF]八百長選挙[/色]」でも、
    とにかく勝てば、言いたい放題、やりたい放題、
    我儘し放題が出来るってことですね。

    実際、現在進行中に審議されていた件は、
    問題アリアリなのは明白なのに、それさえも「[色:0000FF]ねじ伏せて[/色]」しまうほど、奴ら([色:0000FF]敵[/色])に、力を持たせるんですね?!

    こう言っちゃあ、失礼だとは分かりつつ、言わせて頂きますが、
    それなら維新の党も、何故もっともっと、「[色:FF0000]死に物狂い[/色]」で、抗議デモでもしなかったのでしょうか?

    涙流してでも、[色:FF0000]勝利に喰らいつかなかった[/色]のでしょうか?!
    一応、維新も政治のプロでしょう?と思ってしまうんです。 

    一般庶民でさえも、もしかして「[色:0000FF]八百長選挙[/色]」をやるかも・・・って、一瞬頭をよぎったのに、
    何故、奴らの「汚い八百長選挙」が分かってて、
    何で、突然お上品ぶった選挙を展開したんでしょうか?!

    なんだか、いつもの“[下線]橋下市長らしくない戦い方[/下線]”だと思いましたよ。
    その事を考えると、私は今も“[色:FF0000]疑問[/色]”ですし、“[色:FF0000]猛烈に悔しい[/色]”です!!![/太字]

  3. ヒロ爺 より:

     テレビ番組「ちちんぷいぷい」の放送内容は、偏見で聞くに堪えない発言が多く、公平であるべき放送局の態度を疑わざるを得ない。
    コメンテータ石田、アナウンサー西、山ひろ、誰もが面白おかしく人を非難し、悪口を言うのを見せられると、テレビを見たく無くなる。
    そこで提案
    ①「ちちんぷいぷい」スポンサー企業に実態を知ってもらうよう働き かけよう。メール、電話、ファックス等で
    ②100名の賛同者が疑問をぶつけることで、少しは変わるかも。
    情報の提供
    ①スポンサー企業のメールアドレス、電話番号、ファックス番号の
     提供をお願いしたい。
    経過
    ①疑問をぶつけるにとどめ、悪口は避ける。
    ②しばらく様子を見て、次のステップへ

  4. 仲井 より:

    テレビ局ではなくてスポンサー企業に対した私がやったことで、
    他の内容で、実は思う方向に替った事案があります。

    企業のコマーシャルですが或るタレントがそのCMに出だして私は唖然としたのでそのスポンサー企業に連絡しました。

    一体お宅の企業としてのコンセプトは、どういう趣旨でやる企業なのかと正したんですが、
    この企業の或る飲料のCMに、或る男のタレントが出ていたんですが、
    【このおいぼれのくそじじいがっ!】
    【ボケたれが何抜かしとんねん!このボケたれがなんやねん!】
    って、若いもう娘さんの世代よりまだ下かと思うほどのくらいの年齢の差がある美人の嫁さんをもらった或るタレントの旦那さんに対して司会の彼が番組の中で、
    彼が真っ赤な貌をして本気モードでこう言って叫んだシーンを見ていた私は、この飲料メーカーに翌日すぐに連絡をした。

    【こんな下種な、程度の質の(タチ)悪いタレントなど企業としてつかうなよ!すぐに辞めさせなさい】と伝えた。

    そこから2週間もせずに、この彼のCMはテレビ画面から消えた。

    ここで解ることは、良識のある凛とした組織であれば、自浄の意味を解り、自分を冷静に見えるが、
    毎日系というのは、自分らがすべてゆだねられている不埒な目的だけを決めていて、その目的のためにつんのめりで薄ら笑いを浮かべながら、やったことが陥れ対象に対して効果があったぞ!って喜ぶこんな薄汚いタチの悪さが朝鮮流そのままに下品の極みのようなテレビ局新聞社。

    日本でもここまでタチが悪く程度の悪い下種極まりない人間とも思えぬくらいに犬や豚のレベルの行為にふけっている。

    自分でその臭さに気づけぬ、自分で自分の行為が人間の行為ではないことにまだ気づけぬ輩、
    ここが日本人と朝鮮人で大きく違う所。

    朝鮮人はこういう行為は絶対にやめません。

    相手を陥れることが、そのことが彼らの生きる人生のすべてであり、彼らの人生で最大の目的であり、それを一番喜びとする民族なのだ。

    日本人から見て彼らを絵で描くなら、彼ら朝鮮人にはそれしかないと思っていい。

    欲の赴くままに、相手に脅され、
    欲の思うままに相手を脅し、
    この日本人の頭や感情の中では考えもつかぬ方向の卑劣な内容ばかりを探り探し、それを欲のネタに使うだけの民族。

    これが日本で今存在している朝鮮人2000万人の実態なのだ。

    こんな奴らが、日本の国籍を騙し取れたとは、もう慙愧に堪えない思いである。

    日本の戦後に於いて、あの戦争での一番の日本国家の悲劇は、
    日本の国家にこの卑劣な策略しか人生で思いつかない民族の、この卑劣で下種な朝鮮人2000万人に日本の国籍をいとも簡単に騙し取られたこのことだ。

    本当に当時の役所はいったい何をしていたのか!

    こんなことがあるから今こうして日本の国内で国家予算、自治体予算、このもの凄い割合で奴らが食い物にして略奪して、しかも大きな顔をして偉そうな顔をして朝鮮流薄ら笑いを浮かべながらの獣がテレビ局まで運営経営までやれているこの不思議な国日本という国の、本当に一言で、愚か、と、酷さ、と。

    野中弘務が日本で国家公安委員長、官房長官という役職に就いたことが、このことが戦後の日本の一大災難としか思えないくらい大きい。

    彼が長官、委員長時代に、彼の席でだけ見られる、目を通せる、知ることが出来る、このあらゆる人物らの本人における素性の明細の記録事項、朝鮮人が絶対にバレたく無い国籍違法取得に関する身元の素性、彼らにすれば絶対に知られたくない機密事項、
    本人の身元素性、これを立場上ですべて握ってしまえば、これを公にされることを怖がる日本人に化けた朝鮮人は、この日本に日本中に存在する。

    朝鮮流はたとえ彼が死んでも、きっちりと野中の遺志を受け継ぐすぐに後を引き継ぐ奴が出てきて、その内容をまた掴んでそのまま同じように引き継いでしまうのだ。

    韓国朝鮮を見ればわかるでしょう?

    金を渡してもみ消したと思えば、すぐに身代わりの同じ内容で脅しをかけてくるこの朝鮮流独特の手法、
    これは一度情報がつかまれれば、持っている者側からすれば彼らの手から絶対に消えることはない。
    絶対に手放さない彼ら朝鮮人にすれば、これは金の成る木の宝物に値する。
    こんなありがたい宝になる内容は無いはずだ。
    朝鮮人がこれを握ればもうこれは最大限利用されて死ぬまでこの件が付きまとうであろう。
    結果犬となり狼にもなるのだ。

    新聞社、テレビ局、週刊誌、外務省、財務省、ここらは一番そのことを怖がる者が屯して、常にそれをバラすどうのこうので当事者同士は条件闘争をやっていると思える。

    奴ら日本の国籍を騙し取った連中らにすれば、この誰にも知られたくないこの内容を、内容を挟んでのこいつらの攻防は、ひたすら水面下で常に行われているのだろう。

    お互いの利益の分捕り合いで出されるこの国籍に関する知られたくない情報、これを目の前で匂わせ、出されて、全てが犬にならされる者がこの日本に一体何人いてるのかねえ。

    だがひとつ朗報もあるにはある。
    こういう朝鮮流脅しが効いている県でのその抑止にもなるように彼らの先にその戸籍記載内容の真偽を先に当人と談合する可能性がある。

    結果脅し行為よりもこの警視庁の権力が勝り、それに怖がって朝鮮流脅し戦略が使えなくされる可能性がある。
    またそういう脅し行為自体を今度は逆に刑事犯罪行為として機密裏に警視庁自体が脅している側を逮捕案件として取り上げだすかも。

    東京警視庁がこの戸籍謄本内容をその記載事項の徹底審議確認の作業をもう生半可では無く徹底捜査で実在した記録かどうかの操作をやっているという朗報もある。

    欲と陥れの卑劣な攻防での結論を持ちつ持たれつで結論を共有し終わらせるこの卑劣な工作を企み、互いが条件掴みでの取り合いの状況が国民になどは一切見えないところで行われているのだろう。
    日本の戦後のここまでのまさに闇は、昭和の50年代から急速にやりだし、実は日本という国のここまでのすべての暗部の、政治、行政、刑事事件、これらの行為は、根本をたどればすべてそこにたどり着くというほどここから始まっているといえる。

    元はと言えばすべてが日本の国籍を騙し取った朝鮮人のゆがめた工作の動きが日本の国家自体をゆがめて揺らせてきているのだ。
    根っこはすべてここにあるのだ。

    バレたくない、

    バラすぞ!

    の、この攻防なのだ。

    彼らだけに解ることで、日本国民の一般の人には一切わからぬ内容で、奴らは裏で水面下でものすごい醜いもの同士での攻防が日本で何十年と常にうごめいているのだ。

  5. 仲井 より:

    8月になると日本はいつも出てくる内容が有る。

    終戦という日。

    原爆投下されたという日とその事実。

    それともう一つ、
    忘れてはいけないあの不幸な航空機事故の内容。

    私はあの日、田舎に帰って墓参りをした日であったが、其れから日が事故当日から、その夜を経過しだして、経過しだした時、
    テレビの報道を見ていて、もう信じられないことが放送で出ていた。

    その折の画面では、事故による大勢の死者の中で奇跡的に命が助かったであろう搭乗者の一人の、助かったと思える子供の女性がヘリでぶら下がり救出されているシーンが映されていた時、まさにその時に、

    テレビに出演している誰かが、
    【あっ!この子かわいいなあ、この子だったら芸能界で行けるんと違う?スカウトしたらいけるよ!】って、こう語っていた番組出演者がいてた。

    それに賛同するように誰かがそれに乗り、
    【本当や、かわいいで、かわいいなあ、行ける行ける】って叫んで同調の文言を吐いた。

    このタイミングで、これが言えるこの連中のこの神経こそ、日本人では考えられない発想の場面。

    これがその時に、普通に事もなしにすらすらと言葉で出せるこの連中の神経が私にはわからん。
    これが今皆さんの周辺にどこにでも居てる朝鮮流遺伝子だ。
    当然商売でこれが平気で効用される。

    お米に代表される食品における産地偽装、特定品種偽装での他品種混在加装、これらの偽装など、発想がその典型。

    私はそのテレビのその放送を見ていて、それを見ていて、もうあきれ果てて怒りが爆発しそうだった。
    日本のテレビというものが開局の時点でどういう者らが中心で関わって成り立っていたのか、どういう人間が経営し、運営し、放送をしているのかの不信感がピークに達した。

    ああ、こいつらには国民が期待などしてはダメだと。
    そういう部類の人間そういう部類の民族ではないことの確信が持てた。
    それ以降私は日本のテレビ局の子と報道に関しては朝鮮人の思いだったらどうするだろうと先にここを考えながら見るようにしている。

    上西の内容にしてもテレビ局のあの自民議員との関連を思えばあの手法、朝鮮流真っ只中、朝鮮人にしか出てこない発想。

    上西がどうのこうのなど朝鮮流は全く意志の中にない目的をもってあれをやったのだ。朝鮮人があの時期あのタイミングで何が欲しいのかを一番考えればすぐにだれでもわかる。

    朝鮮人議員のつてつながりでの関連で行ったまさに朝鮮流ぐるぐるの塊の手法内容。

    あれこそ朝鮮流の手法。

    社会の悪や人間がかかわる不正を、これを正せるようなそんな素質すら無い連中で、正しいという道など奴らには初めから無いのだ。
    絶対にないと確信した。

    人間の一番大事な絶対にはずしてはダメな部分の、命の意味するものへの人間としての思い、これが人間倫理とでもいうものなのか、あのあの女の子がまさに危機一発で救出されているそのタイミングでこういうものが存在すらしないこいつらのこの組織は、いったい何なんだ!と。
    こいつらは人間の皮をかぶった獣だと、食い物であればどういう状況でも無関係に無条件で欲に食いつくその発想、食いつくものに食いついていくという、このあまりにもの浅ましさを見せられ唖然とするとともに、こんな奴らが人間としてしかもに日本でテレビ局まで運営して存在していることへの恐ろしさと、こいつらはどんなことがあっても、どういうことになろうとも自分さえよければそれでいいというまずは欲で食いつくんだという思いだけで生きていっているのか。

    そのシーンを見てこれを思い知らされた。
    日本という国がこんなことになっていたとは知らなかったと、
    自分はそれなりに世間を見てきていたと思っていたが、日本の中身に於いては実は国民に見えないところで実は中身はここまで浅ましき連中らが日本のこのテレビ局という部分で存在しているのかということに、愕然とした。

    報道はその国の姿を現すと言うが、
    世界でもこんな国はまずないと思うんだが、日本の場合は、報道をやっているのは実は日本人などでは無い他国から来て日本国籍を騙し取って日本人に化けて日本人に成りすました連中らが、日本の報道だ日本の放送だ、日本のテレビ局だ、日本の新聞社だ、とやっている。

    まったく違う。
    日本人などほとんどいないというのが事実だ。

    ここらで日本人はこのことにもうそろそろ声を上げて出すべきだ。

    日本で報道をやっている連中は実は日本の日本民族ではありませんよと、あれはよその国からきた日本国籍騙し取りの犯罪者ですよと。

    だから、日本の報道で非難されたからどうのこうのはもう日本の話ではなくて、本当は実は朝鮮人の思いの話なんだから。

    なんで日本人が朝鮮人の思う批判に国までがいちいち左右された政治行政をやらにゃあならんのか!ってことになるわけだ。

    日本国家日本人にすれば全くもって言語道断極まりない。

    話にならんこっけいな話です。

    改革者よ!
    報道の朝鮮人など気にするな!と言いたい。
    そして日本国民よ!
    報道は日本人の手で行われていません、朝鮮人が報道を仕切ってやっています。
    だから日本の報道と言われていますが、
    あれは実は朝鮮放送で有り朝鮮テレビで有り、朝鮮新聞であるのだ。

    こんなものに日本人が右往左往することもない。
    其れよりも国籍騙し取りのこの案件の公開、公表、これを法務省役人のだれかに公表させて、国民運動で内容をネット上で拡散展開すべきことです。

  6. ヒロ爺 より:

     仲井さん

     色々、情報有り難うございます。
    参考にさせて頂きます。

トップへ戻る