橋下氏「結局、弁護士会も日大も同じ。同じ価値観を持った者が集まった閉鎖的な集団」5/24のツイート

記事をシェアして頂けると嬉しいです

(橋下徹氏twilogより引用)

<森友交渉記録>「安倍晋三小」14年認識 近畿財務局(毎日新聞) - Yahoo!ニュース

記録は重要だ。記録がなければ霞が関の役所は嘘をつき通す。僕が国から大阪府へ強い働きかけがあったと主張したら、自民党西田昌司参議院議員が猛反発。国は何も悪くなく、すべて大阪府の責任だと国会で言い切った。この記録をしっかり調べろよ!


業務妨害に関連するアーカイブ一覧 - Yahoo!ニュース

①今回の懲戒請求は全く正当。たいして金に困っていない弁護士が、自分が原告になる訴訟において訴訟費用名目で多額のカネ(現在で700万円以上)集め、裁判に負けても何の負担もないリスクヘッジを行い、さらに負けても弁護士報酬分は黒字になり得る手法を採った。

②最高裁判決平成19年4月24日、平成23年7月15日を普通の弁護士が読めば、弁護士の助力を得ずに懲戒請求を行った市民が、1人10万円や60万円の賠償責任を負わされることはないことは容易に分かる。前者は、弁護士の力を借りて、異議申し立てや取り消し訴訟をしつこくやった場合に責任を負わされた事例。

③後者は大量の懲戒請求が弁護士になされても、弁護士綱紀委員会が前捌きするので請求を受けた弁護士にはほとんど負担がない旨を言及。にもかかわらず、今回の弁護士たちは市民相手に訴訟をちらつかせ、訴訟前なら1人10万円、訴訟後なら1人60万円の和解金を請求した。下品極まりない。

④しかし弁護士会は、この弁護士たちを守るために市民からの懲戒請求は全て却下するだろう。なぜならこの弁護士たちは弁護士会のお気に入りだから。同じことを僕がやったら弁護士会は即懲戒処分をくらわしてくるね。僕には不適切な表現を理由に業務停止2か月をくらわしてきたからね。

⑤結局、弁護士会も日大も同じ。同じ価値観を持った者が集まった閉鎖的な集団。集団の価値観と世間の価値観がずれてしまっている。弁護士会は世間とずれた価値観で、自分たちのさじ加減一つで処分を下すか、下さいないかを決めることのできる懲戒制度という武器を振り回す。治安維持法と同じ。


情報公開請求に役所が対応するには負担が生じる。しかしこの負担を理由に情報公開を制約するのは本末転倒。これまで役所は公開を意識していなかったので効率化を考えていなかった。これからもどんどん公開請求すべきだ。役所は賢いので管理ルールを徹底し、ITをフル活用した対応体制を構築するはずだ。

情報公開に対応することを役所はめんどくさいと感じる。しかし情報公開にしっかりと効率よく対応できる組織というのは、すなわち組織内において情報を再有効活用できる組織でもある。できる組織は、組織自体がデータベース化している。データベース化の対外的作用が情報公開だ。役所もそれを目指すべき

<<下に続く>>

(橋下徹氏twilogより引用) (出典: ①大量懲戒請求を受けた弁護士が、懲戒請求した者を訴えた件で、何とこの弁護士は訴訟...
“あの事件”の対応を誤ったせいで、日本を代表する私学・日本大学が窮地に立たされている。橋下徹氏によれば、その原因は危機管理の拙さだ。不祥事が起きたときに組織はどのような記者会見を開けばいいか。プレジデント社の公式メールマガジン「橋下徹の『問題解決の授業』」(5月29日配信)より、抜粋記事をお届けします――。

橋下さんの有料メルマガ
橋下徹の「問題解決の授業」公式メールマガジン|PRESIDENT Inc.

amazonでバックナンバーを販売するようになりました!

販売商品一覧
http://amzn.to/2ApBkaE

 

「維新」「借金減らし増税なし」で大阪でやったこと
・私立高校無償化
・幼児教育無償化
・小中学校給食を無償に
・中学生塾代助成制度(月額1万円)
・0歳から高校生まで医療費1日500円(3日目から無料)
・大阪府大・市大授業料無償化
・授業用タブレット導入とクーラー設置
・水道料金値下げ
・特別養護老人ホームの整備促進・入居枠大幅拡大
 など
「維新の会」が、これまで行ってきた改革の数々

日本維新の会 – 未来共創ラボ produced by 日本維新の会 – DMM オンラインサロン
「未来共創ラボ」は、参加者が国会議員、首長、地方議員らと一緒になって日本の課題解決のための政策をつくり、実際に議員立法や国会質問を通して国会に政策提言をしていく日本初の新しい政治参加の仕組みです。

ブログランキング参加中、応援クリックが励みになりますm(_ _)m
にほんブログ村 政治ブログ 政治情報へにほんブログ村

記事をシェアして頂けると嬉しいです

ブログ・SNSをフォローする

コメント

  1. 仲井 より:

    日本の国家が、実はもう二十年前から、いやいや、どころか40年以上前から日本の国家には実はなっていない。
    われわれの国は中身はほぼすべてが実はもう完全に朝鮮国家になっている。

    年に何度か、国が主体になって、問題解決のために招集をかけて国が求めて集まった有識者会議等に出てくる日本の企業、日本の大学のかしこぶって出てくる連中ら、これら常にやってくる顔ぶれを見ても日本人ならこの連中が日本なのかどうかなど日本人にはすぐに見てわかる。

    今日もニュースで流れたが大学病院で診断ミスがあったとかで当事者大学が謝罪会見を行ってるが、出てきているメンバーを見て、そこに日本人はだれだと探さないといけない状態にまでなっている状況がある。
    今回表ざたになったこの日大の内容などもう破滅的で、出てくるもの出てくるそれぞれの関係者とされるもの、大学の学校内で所属している顔出しでの関係者、また、スポーツにかかわる連中ら、フットボールにかかわるOBを含む大勢の日本国内での関係者ら、また畑は違うが日本における現状の弁護士会の関係者らの内容、日本人の皆様、どう思われましたか?
    そこに日本民族はいったいどのくらい存在していましたか?
    探してみてください。
    日本国内でのすべてのあらゆる部門の中で、ホンのごく一部の部門を取り上げて出てきただけでも、それだけでもこれだけ異常になっていることをよく認識すべきである。

    まあ言えば、ちょっと話題が出てごく一部の部門の内容が出てきただけで、もうこれである。

    一体どれだけ日本人がいない状態でこの日本という国はあらゆる日本の大事な部分が動いているのかを思い知らされ、そら恐ろしいぐらいである。
    経済産業省の管轄らしいがあの原発から出てくる廃棄物を処理する地域住民への説前会で壇上で説明している霞が関の官僚の役人自体が、もうすでに日本民族ではない状態になっている。

    ちょっと出されて出ただけでこれだ。

    日本民族の国になっていないその典型が今回のこの日大のようなことが平気で裏で行われ、まさに朝鮮流社会の典型な沙汰である。

    こういう形で奴らが調子に乗って利権も彼らが思い込んでいるないはずの権力を持ったかに相手に見せつけそのことで横暴にふるまう。
    もう絶対にバレない、何をやっても大丈夫だと、日本民族ではないということが日本でバレることはないと、日本をここまで奴らが牛耳れる国家へと数十年をかけて徐々に徐々にバレないように着々とひそかにここまで異常な国家、つまり権力を肩書で持てるというこのとんでもない発想の国家に、まさに朝鮮流日本を作り替えてしまいだした。
    誰でも肩書がつけば、肩書をつかみさえすれば朝鮮と同じ手法の使い放題で相手を脅すことも相手を従属させることも相手に安っぽい旨味をちらつかせて思い通りに動かすということも、これら朝鮮が歴史でやったやり方を日本で浸透させてしまいだした。
    そこは奴隷制度の延長線上にあり、非道で理不尽で人間を人間として扱わない残酷で卑劣極まりない世界。
    こんな世界は日本国家の中では微塵もなかった世界。
    朝鮮から日本に持ってきていつの間にか奴らに肩書がつき、途端に朝鮮流権力構造と従属構造の区分けをやりだし日本でそれを朝鮮民族が浸透させだしやりだした。

    ここはすでに人間の社会ではなくて、乾季と雨季がとてつもない過酷に存在するあの荒野のセレンゲティーの中で生きているハイエナの動きの世界になっている。子供を産むことさえ仲間でも、一頭のメスだけにしか与えられない権利、家族であっても周りのものはだれもその雌のボス一頭の言いなりにされる世界。

    ここへと着々と奴らは作り上げてきた。

    まれにみる卑劣な手段で、それも陰湿に、奴らの常とう手段での、ことあるごとに提示される机の下から手を伸ばす裏工作での巧妙手口。

    私が、2000年のころのまだパソコンを私が使いだしたころの、ネット上でちょっと見たらこの国は日本にはなっていないと、異常な感じになっていることに気づき、そこから5年間ほど奴らネット上で印象操作をする朝鮮民族との間でもう毎日、私からの発だけでも毎日数百投稿での言い合いの連続をやり、日本人をだます朝鮮民族工作員らと奴らとあれだけ激戦を繰り返したその掲示板は、私のために何度も何度も閉鎖を繰り返し、半年ごとくらいで中身がすべてボックスのロゴ入りというのか、袋詰めで隠され表からは消えすべて表から消えてしまい、また再度新たに改装状態でまた始まるの繰り返し、私の書いたものが数時間単位で消されの連続で、すべて消され新しくなるこれを繰り返しての、もう今ではその掲示板は無くなったが、だがその頃のことを思い出す。

    あれだけやっていても、まだ日本はその頃よりもまだ日本のあらゆる現場は朝鮮国家に向けて進んでいることにもうあきれ果てる。
    日大の現理事長など、私がネット上であれだけやってるちょうどそのころ、ちょうどそのころの二十年ほど前に日大の理事長に就任してるという。

    あの時の学生は、日本の学生は、私が当時書いていた中身を見とけよ!って、
    そして自ら所属していた大学内で立ち上がって大学内で動けよ!って、動きを起こせよ!って、本当に思ってしまう。
    これら。
    ずっと以前から、もうかれこれ18年ぐらいになるかネット上にあれだけこのことを書いて来てもまだ日本人は嘘とだましと隠蔽された朝鮮民族で構成されている日本のテレビ新聞報道にだまされ,
    みな日本人だと、日本国家が今でも日本民族の手で動いていると、そうまんまと思い込まされている。

トップへ戻る